韓国料理

韓国料理

Update:

日本では韓国料理を食べる機会が増えている。韓国料理店が集中するエリアは、週末になると多くの人が訪れるほど人気がある。韓国人の店主・スタッフがいる店も多く、本場の味と日本向けアレンジを融合させた料理が食べられる。

日本の韓国料理の歴史

日本の韓国料理の歴史

2000年代に、韓国のドラマをきっかけとして、さまざまな韓国のものが流行する「韓流ブーム」が日本で起きた。その中で韓国料理も脚光を浴び、外食を中心に、日本でも食べる機会が増えた。以降、人気の外国料理となっており、店ではもちろん、家でも作って食べられている。

日本での定番メニュー

日本での定番メニュー

日本の韓国料理は、肉を鉄板で焼く「焼肉」のイメージが強い。分厚く大きな豚肉を豪快に焼き、切って食べる「サムギョプサル」はその代表的な料理。野菜を辛く漬け込んだ「キムチ」は、家庭で食べるものとして普及。それを鍋で煮込んで食べる「キムチチゲ」も人気。ボウル型の容器にご飯を入れて、「ナムル」という野菜を漬けたものなどを混ぜて食べる「ビビンバ」や、小麦粉を水で溶き、魚介や野菜を混ぜて鉄板で焼いた「チヂミ」もメジャーだ。

日本での楽しみ方

日本での楽しみ方

焼肉をメインとした韓国料理店が、東京都の新大久保や大阪府の鶴橋に密集している。人気店には行列ができるほどだ。その多くのスタッフは韓国人。韓国式の焼肉を出すほか、熱した石の容器にビビンバを入れて出す「石焼きビビンバ」も人気だ。また、韓国のお酒である「マッコリ」も取りそろえている。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする