城跡

城跡

Update:

日本の至るところに残された城や城跡。これらの場所は日本の歴史を理解する鍵となる。

城址とは

城址とは

「城址」とは日本の城がかつて存在していた場所を指す。この用語は基本的に城跡であればいずれにも当てはまるが、最近は特に公園として利用されている場所や、城そのものの建造物が現存しない、またはわずかしか痕跡が残されていない土地に対して使われるようになっている。

城跡の楽しみ方

城跡の楽しみ方

城址を楽しむには、まず城の歴史を学んでみよう。城址には城を思わせる痕跡はほとんど見当たらないが、わずかに残る石壁や門を見れば、かつてそこに力強くそびえ立っていた城の姿に思いを馳せることができるはずだ。

公園として利用される城址

公園として利用される城址

現在、いくつかの城跡は「城址公園」となっているが、城の跡は現存していない。城址公園にはさまざまな植物が植えられ、日本の四季を感じられるスポットとして人気がある。城そのものはないが、訪れる価値は十分にあるだろう。

時代と場所によって異なるさまざまな城址

時代と場所によって異なるさまざまな城址

建造された時代や場所によって、城の構造や石壁の積み方が少しずつ異なっていることも興味深いはず。それぞれの城跡がそれぞれの歴史を持ち合わせているため、一言ではその魅力を語り尽くせないのが城跡見学の面白さでもある。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする