城郭

城郭

Update: 2017/03/13

かつて日本は現在のように平和ではなかった。昔の大名は高い壁や強い砦を構えた威風堂々とした城を築くことにより、敵の侵略から自分の領地を守っていたのだ。

日本の城の特徴

日本の城の特徴

日本の城は、城壁が町と城を取り囲むような造りとなっている。これは侍がその家族の命と領地を守るために編み出された建築方法だ。

美しい日本の城

美しい日本の城

もともと城は周辺地区を守るために、主に山頂に造られていたが、その目的が守備から公務へと変わっていくにつれて、権力を誇示するシンボルとして平地にも建てられるようになった。

大名は城に住んでいなかった!?

大名は城に住んでいなかった!?

戦国時代、城は監視塔としての役目を持ち、管制塔は戦況を把握するために使用されていた。しかし戦乱の時代が終わり、城はよりシンボル的な役割を担っていくようになる。大名も城の中には入ることはあるものの、普段は別の屋敷で暮らしていたとされている。

現存する城

現存する城

日本全国で造られた城の数は2万ともいわれているが、火災や戦争、政府による城の取り壊し政策などにより、現在も建城当時のまま残っている城は12しかない。また、そのうちのいくつかは世界遺産や国宝として指定されている。

姫路城

姫路城

姫路城は兵庫県に現存する、日本でも代表的な城の一つだ。まるで白鷺が翼を広げているように美しい形をしているため、別名「白鷺城」とも呼ばれている。姫路城には400年の歴史があり、戦争などの歴史をくぐり抜けてなお、驚くほど美しい当時のままの姿を残している。

松本城

松本城

松本城は長野県に現存する。日本の城の壁と言えば白壁を連想させるが、松本城は黒を基調とした壁が特徴だ。

犬山城

犬山城

愛知県にある犬山城は、背面に位置する崖に守られた強靱な城として知られる。1537年に建築された城で、500年の歴史を誇る。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする