海外のキャッシュカード

海外のキャッシュカード

Update: 2017/03/06

海外のキャッシュカードが利用できるATMについて紹介する。

セブン銀行のATM

セブン銀行のATM

対応するカードや言語が多いのはコンビニエンスストアのセブンイレブンが運営するセブン銀行のATMである。利用可能なカードは、VISA、Master Card、American Express、JCB、Diners club、中国銀聯(Union Pay)、DISCOVER。365日利用でき、海外キャッシュカードでの1回の引出限度額は10万円、中国銀聯カードのみ20万円となっている。

ゆうちょ銀行ATM

ゆうちょ銀行ATM

郵便局の運営するゆうちょ銀行のATMは、セブン銀行と同程度に対応するカードが多くVISA、VISAELECTRON、PLUS、MasterCard、American Express、JCB、Maestro、Cirrus、Diners Club、中国銀聯(Union Pay)、DISCOVERが利用可能だ(ICチップ付きの一部Maestroカードは現在利用できない)。ATMは郵便局内をはじめ全国に数多く設置されている。銀行内など設置場所によっては利用時間が限られているが、コンビニエンスストア内に設置されているATMであれば365日ほぼ利用可能。1回の引出限度額は5万円となっている。

イオン銀行のATM

イオン銀行のATM

ショッピングモール最大手イオンの運営するイオン銀行の一部ATMでも海外のカードを利用できる。セブン銀行やゆうちょ銀行ほどではないが、VISA、PLUS、MasterCard、Maestro、Cirrus、中国銀聯(Union Pay)が利用可能だ。
ATMはイオングループ傘下のスーパーマーケットやコンビニエンスストアのミニストップ内にも設置している。

そのほかのATM

そのほかのATM

三菱東京UFJ銀行のATMでは、JCB、中国銀聯(Union Pay)、DISCOVERが利用可能だ。またシティバンクのATMは、VISA、PLUS、MasterCard、Maestro、Cirrus、Diners Club、中国銀聯(Union Pay)が利用可能だ。

ATMの基本的な使い方

ATMの基本的な使い方

日本のATMで取引を行なう際の基本的な操作方法は以下の通りである。
例:「引出しの場合」
1.ATMにカードを入れる
2.言語を選択する
3.「お引出し」のボタンを選択する
4.現金を引出す口座のボタンを選択する
5.金額を入力する(銀行店舗外ATMでの硬貨の利用は不可)
6.金額を確認する
7.暗証番号を入力して「ENTER」のボタンを押す
8.現金・カード・明細票を受け取る

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする