HOME 銀座 銀座でナチュラル食材や高級フレンチを楽しむ
銀座でナチュラル食材や高級フレンチを楽しむ

銀座でナチュラル食材や高級フレンチを楽しむ

Update:

高級レストランの印象が強い銀座・丸の内エリアにある糖質制限レストラン。糖質制限とは、日本で流行中のダイエットで、炭水化物や糖質の摂取を制限すること。おいしく食べて、かつ糖質制限でキレイに痩せられるお店を紹介。

素材を活かした調理法「日水土」

素材を活かした調理法「日水土」

素材本来の味わいを大切に、野菜を中心としたフレンチベースの料理が楽しめる「日水土(ひみずつち)」。ランチメニューは3種類。アミューズ、野菜料理の盛り合せ、ごはん、みそ汁に加え、魚・肉料理の付かない「ハーモニーランチ 日」、または魚か肉料理を選べる「ハーモニーランチ 水」を選べるのがウレシイ。ちょっぴり贅沢したいなら、冷製オードブルや季節の温野菜、天然酵母パンやスープが選べてデザート、飲物も付く「ハーモニーランチ 土」はいかが?

野菜は無農薬・無肥料が中心。羽釜炊き自然栽培米、天然の蔵付き麹菌によって発酵醸造された調味料を使用するなど、食材へのこだわりが随所に感じられる。「ハーモニーランチ 日」「水」に付くほうじ茶も自然栽培という徹底ぶりだ。

店舗は、銀座の大通りから少し離れた、昔ながらの民家や商店が並ぶ一角にある。昭和4年に建てられた建物を改装しており、雰囲気たっぷり。食後は建物1階の「結市場(ナチュラルハーモニック銀座)」で、旬の新鮮野菜やこだわりの食材をチェックして帰りたい。

  • 日水土
    • 住所 2F Natural&Harmonic Ginza, 1-21-13, Ginza, Chuo-ku, Tokyo, 104-0061

低糖質フレンチ「mikuni MARUNOUCHI」

低糖質フレンチ「mikuni MARUNOUCHI」

日本が誇るフレンチのシェフ・三國清三氏。四谷の本店で出されているものと同じ低糖質メニューを東京野菜をメインにアレンジした「低糖質フレンチコース」が用意されているのが、三國シェフプロデュースの「mikuni MARUNOUCHI」だ。低糖質メニューのスペシャリストでもある北里大学 北里研究所病院 糖尿病センター長の山田悟氏とのコラボレーションによって、1食の糖質量を40g以内に抑えることに成功。本格フレンチのコースが茶碗一杯分のご飯よりも少ない糖質で堪能できるのだ!

メニューは通年共通で全7品。メイン料理の「牛フィレ肉のロティ エシャロットのコンフィ和え、五種の季節温野菜添え グリーンマスタード風味」など、野菜に彩られた美しいひと皿は見ているだけで幸せな気分に。つけ合わせの食材の糖質量を工夫しているそうだが、ボリュームの物足りなさは全く感じない。

パンは小麦粒の表皮部分を使用した糖質の少ない「ふすまパン」を開発。「薔薇の香るフロマージュブラン」「緑茶のシャーベットとクーランショコラ フルーツ添え」などのデザートには、カロリーゼロの自然派甘味料を使用するなど、心と身体にやさしい料理を美味しく食べるための工夫がいっぱいだ。

店内は下階にある「HANAHIRO CQ」による花装飾が施され、テーブルも季節感あふれる花々やオーガニックのハーブなどで彩られて、まさに“丸の内のオアシス”。「低糖質フレンチコース」はディナーのみとなるが、2日前までの予約を忘れずに(食材は入荷状況や季節によって変わるため、糖質量の数値も変動する場合があります)。

  • mikuni MARUNOUCHI
    • 住所 Marunouchi brick square annex 2F,2-6-1, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo,100-6902
※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする