HOME キャンプの場所が…イギリス人が日本に来てショックを受けたこと
キャンプの場所が…イギリス人が日本に来てショックを受けたこと

キャンプの場所が…イギリス人が日本に来てショックを受けたこと

公開日: 2020/07/05

飛行機で約12時間。日本から遠く離れたイギリスは、グルメや街並みなど日本とは異なる文化が継承され、多くの日本人を魅了しています。

そんなイギリス人が日本に来たら、どのような印象を持つのでしょうか。今回は過去に公開した記事の中から、イギリス人が日本に来てショックを受けたことをまとめて紹介します。(以下コメントは回答者個人の意見です)

全く見たことがない食べ物がずらり

全く見たことがない食べ物がずらり

「イギリスにも和食レストランはあるけど、よく知ってるのはラーメン寿司くらい。他に和食があるってあんまり考えたことがなかったんだ。生の魚とかもあまりイギリスでは食べないし、最初何を食べたら良いのか全く分からなかったよ!」(イギリス人男性)

こちらのイギリス人男性は、ジャパニーズフードと言っても、実は家庭料理から割烹料理、B級グルメを含めさまざまな食べ物があります。外国人にとって見たことのない食材がたくさん入っていて、食べるのに最初は抵抗があったそう。

コンビニやスーパーで売っている食べ物は、英語表記されていないところが今でも多いので、外国人にとっては見た目でしか判断できないですよね。ただ、一度食べてみるとおいしいものばかり。コンビニフードのクオリティもレベルが高く、良い驚きがいっぱいあったとのことでした。

1、2分をそんなに気にするのはナゼ!?

1、2分をそんなに気にするのはナゼ!?

「予定の時間通りに進まないと機嫌が悪くなるのはどうして? 日本人の妻と一緒に旅行に行くときやどこかに出かけるときに困る。1分単位で気にするなんて細かすぎるよ。日本では電車が時間通りに動いているんだから(これにもびっくり)、ちょっと遅れても次の電車に乗ればいいと思うんだよね」(イギリス人男性)

イギリスでは電車が遅れるのも、イベントが予定開始時刻に始まらないのも当たり前の光景なのだそう。5分単位で来る電車の1本を待たずにぎゅうぎゅう詰めで乗る様子からも、1、2分を気にする日本人の気質は想像がつきます……。たまには1本見送るなど、余裕を持ってみるのもよいかもしれませんね。

居酒屋の「おつまみ」は、種類が豊富で安すぎる!

居酒屋の「おつまみ」は、種類が豊富で安すぎる!

「日本の居酒屋のおつまみはすごいよ。どうしてあんなに種類が豊富で、どれも手が込んでいるのに300〜500円くらいと安いものばかりなの?おつまみ目当てで居酒屋に行くくらいだよ!イギリスのパブは、ナッツやフィッシュ&チップスとか、簡単に提供できるものしか置いてないからね」(イギリス人男性)

お酒が好きで居酒屋によく行くというイギリス人男性。一番好きなおつまみは、ポテトサラダだそう。店によってこだわりが違うポテトサラダを選ぶとは、かなりの居酒屋通ですね。

山、川、海。自然のアクティビティが豊富!

山、川、海。自然のアクティビティが豊富!

「イギリス人は週末にキャンプする人が多いの。日本はキャンプできる場所が意外とたくさんあってびっくり。しかも、東京からもキャンプできる場所が近いのよね」(イギリス人女性)

こちらのイギリス女性が言うように、東京でも中心地から車を少し走らせれば、奥多摩などのキャンプ場に辿り着きます。海に囲まれ、山と川の多い日本は、まさに“キャンプ天国”といえるかもしれないですね。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索