HOME 東京・東京周辺 東京 新宿 新宿から成田空港のアクセスを分かりやすく解説! 電車とバス、各ルートと料金を徹底比較
HOME 東京・東京周辺 千葉 成田 新宿から成田空港のアクセスを分かりやすく解説! 電車とバス、各ルートと料金を徹底比較
新宿から成田空港のアクセスを分かりやすく解説! 電車とバス、各ルートと料金を徹底比較

新宿から成田空港のアクセスを分かりやすく解説! 電車とバス、各ルートと料金を徹底比較

公開日: 2020/01/22
更新日: 2021/02/15

新宿から成田空港までどうやって行けばいいの?」「行き方がたくさんあってよく分からない」と悩んでいる方はいませんか? 特に、複数の路線が集まる「新宿」駅は入り組んでいて人も多いので、無事成田空港まで辿り着けるか不安ですよね。初めて日本に来る方は余計に不安だと思います。

今回は新宿から成田空港までの行き方を数パターン、メリットとデメリットとともに紹介していきます。自分に合った行き方を見つけてみてください。
main image:TungCheung / Shutterstock.com

日本最大の成田空港(Lon U / Shutterstock.com)

新宿から成田空港へ行くための移動手段

成田空港新宿から直線距離で約63km東に離れた場所に位置しており、主な移動手段は電車、リムジンバス、タクシーの3つが挙げられます。それぞれの所要時間や運賃、切符の買い方を解説していきます。

電車で成田空港まで行くルート

電車を使って成田空港まで行くのには、「成田エクスプレス」を使う方法と、「京成スカイライナー」「京成本線」などの在来線を使う方法です。

成田エクスプレスはJR「新宿」駅からJR「成田空港」駅まで直接アクセスできるため、乗り換えをしたくない方におすすめです。京成スカイライナー、京成本線などの在来線は乗り換えがありますが、日本の電車を楽しみたい方にはおすすめの移動手段となります。

成田エクスプレスを利用する方法

成田エクスプレスを利用する方法
都心から直接アクセス可能な成田エクスプレス(Sarunyu L / Shutterstock.com)

成田エクスプレスは新宿駅、東京駅品川駅、渋谷駅、池袋駅、横浜駅、大宮駅など、首都圏の主要な駅から成田空港駅まで直接アクセスできる、便利な電車です。成田空港駅まで簡単にアクセスできるメリットがありますが、運賃が高いというデメリットもあります。

可動式枕を備えた座席は、ゆったりとした回転リクライニングシートのため、快適に乗車することができます。また、全席に大型テーブルやPC利用が可能なコンセントが付いており、乗車中にお仕事をされる方にも非常に便利です。

座席の足元には高さ25センチの荷物スペースがあり、大きな荷物はダイヤルロック式の錠が付いた荷物置き場に置くことができるため、心配は要りません。出入り口付近や荷物置き場には防犯カメラが設置されているため、セキュリティ面も万全と言えます。

また、行先情報やニュースを伝える液晶画面は4カ国語(日本語、英語、中国語、韓国語)で案内をしているため、日本語が分からなくても安心です。

以上のことから、成田エクスプレスは外国人観光客にも配慮した設備が整っているといえるでしょう。

成田エクスプレスの発着場所

成田エクスプレスの発着場所
新宿駅新南口の様子(VTT Studio / Shutterstock.com)

成田エクスプレスには、JR新宿駅の5番、6番ホームから乗車することができます。5番、6番ホームに行くには、南口改札や新南口改札が便利です。

到着場所は、成田第1ターミナルとつながる成田空港駅と、成田第2、第3ターミナルとつながる空港第2ビル駅の2駅です。ご利用予定のターミナルを事前に確認しておきましょう。

成田エクスプレスの所要時間と運賃

新宿駅から成田空港駅までの所要時間は約1時間20分で、運賃は普通車3,250円、グリーン車4,820円です。急いでいる方や、電車を乗り換えずに成田空港に行きたい方に最適といえます。

成田エクスプレスの切符の買い方

チケットの購入方法は主に2つあります。

1.インターネット
JR東日本が運営する予約サイト「えきねっと」での購入が可能です。購入の際にチケットレスを選択すれば料金が200円引きになる、お得な購入方法でもあります。

2.窓口
駅構内にある指定席券売機や「みどりの窓口」「びゅうプラザ」のほか、旅行会社で購入することも可能です。

在来線を利用する方法

在来線を使って成田空港まで行く場合、主に2つのルートがあります。

ルート1
新宿駅より山手線でJR「日暮里」駅まで行き、京成スカイライナーで成田空港

ルート2
新宿駅より山手線でJR「日暮里」まで行き、京成本線で成田空港

成田エクスプレスと比べて運賃を抑えられるメリットがありますが、日暮里駅で乗り換えがあるため、電車に慣れていないと迷ってしまう可能性があるというデメリットもあります。ただし、駅構内にある看板の表示を見失わないように歩いていれば、迷う可能性は少ないといえるでしょう。

京成スカイライナーの所要時間と運賃

京成スカイライナーの所要時間と運賃
Sarunyu L / Shutterstock.com

京成スカイライナーの所要時間は、乗り換えを合わせると約1時間10分。運賃は、新宿駅から日暮里駅までが200円、日暮里駅から成田空港駅までが2,520円で、合計2,720円です。成田エクスプレスより少し早く、そして安く成田空港まで行くことができます。

京成スカイライナーの切符の買い方

京成スカイライナーの切符の買い方
TK Kurikawa / Shutterstock.com

チケットの購入方法は主に4つあります。

1.インターネット
スマートフォンやパソコンから座席の予約が可能です。料金は窓口券売機、またはコンビニ(ファミリーマート)で支払い、スカイライナー券と引き換えする必要があります。

2.窓口
スカイライナー停車駅(京成電鉄「京成上野」駅、「日暮里」駅、「空港第2ビル」駅、「成田空港」駅)の窓口のほか、成田国際空港ターミナルビル内の乗車券販売カウンターや旅行代理店の窓口でも購入が可能です。

3.電話
チケット予約センターに電話することで、乗車日の1ヶ月前〜2日前分の予約が可能です。引き換え場所は京成上野駅窓口(引き換え時間:9:00〜18:00)のみとなっており、予約座席の引き換え期間が下記の通り決まっているので、注意が必要です。

・チケット引き換え期間
乗車日の1ヶ月前〜10日前までの予約:予約日から8日以内
乗車日の9日前〜2日前までの予約:乗車日の2日前まで

・京成お客様ダイヤル チケット予約センター
電話番号:0570-081-160
受付時間:9:00〜18:00

4.チケットレス
スマートフォンの画面がスカイライナー券の代わりになるサービス。チケットを引き換える必要や、失くしてしまう心配がないことがメリットです。京成電鉄のサイトにアクセスし、クレジットカードもしくは各種ID決済サービスでお支払いいただけます。

京成本線を利用する場合の所要時間と運賃

在来線を使うルートには、新宿駅より山手線でJR「日暮里」駅まで行き、京成本線に乗り換えるルートもあります。所要時間は、乗り換えを合わせると約1時間40分。運賃は新宿駅から日暮里駅まで200円、日暮里駅から成田空港駅まで1,050円で、合計1,250円です。

時間はかかりますが、運賃は京成スカイライナーを利用するよりも半額以上安いため、なるべくお金をかけたくない方におすすめのアクセス方法といえます。

リムジンバスを利用する方法

リムジンバスを利用する方法
快適なリムジンバス(retirementbonus / Shutterstock.com)

都心の主要な駅やホテルから発車するリムジンバスで成田空港まで行くこともできます。

座席定員制が基本のため確実に座ることができ、大きな荷物も預けることができます。また、一部を除く車両にはトイレが付いているため安心です。無料Wi-Fiを利用することもできるため、非常にゆったりとした時間を車内で過ごすことができるでしょう。

メリットは、新宿駅周辺のホテルからも発車しているため、該当ホテルに宿泊している場合は駅まで行く必要がなく便利だということと、早朝4時から深夜2時まで乗車可能だということです。

デメリットは、道路状況に影響を受けるので時間通りに成田空港に着かない可能性があることです。時間にゆとりをもって乗車することが大切といえます。

リムジンバスの発着場所

リムジンバスの発着場所
新宿駅の高速バス乗り場、バスタ新宿(Kumiko Hirama / Shutterstock.com)

新宿エリアの出発場所は、新宿駅西口や「バスタ新宿」「ヒルトン東京」など複数あります。

到着場所は成田空港第1ターミナル、第2ターミナル、第3ターミナルの出発ロビーのため、そのまますぐにチェックインカウンターに行くことができます。

リムジンバスの所要時間、運賃

リムジンバスの標準所要時間は約1時間40分、運賃は3,200円です。

リムジンバスの予約方法

予約方法は主に2つあります。

1.インターネット
予約サイト「リムジンWeb」やコンビニ発券予約(ウェルネット)から予約することができます。リムジンWebではクレジット決済も可能です。

2.電話
電話での予約も可能です。

・東京空港交通株式会社
電話番号:03-3655-7220
受付時間:月~金 9:00~19:00 土・休日 9:00~18:00

タクシーを使うなら定額タクシーの利用がおすすめ

タクシーを使うなら定額タクシーの利用がおすすめ
定額タクシー

定額タクシーとは、東京都内のエリアから成田空港まで、あらかじめ決められた定額料金で行くことができるサービスです。通常のタクシーだと正確な運賃が分からず不安を感じることも多いと思いますが、定額タクシーを使えばその心配は要りません。

ただし、他の移動手段に比べてタクシーの運賃は高いため、電車やリムジンバスを利用できないときの非常手段として捉えるべきでしょう。

タクシーの所要時間と運賃

新宿駅からの所要時間は、道路状況にもよりますが約1時間30分ほどかかります。運賃は、通常定額運賃(5:00~22:00)が22,000円、深夜・早朝定額運賃(22:00~翌5:00)が26,000円となっており、高速道路利用料が別途発生します。

定額タクシーの予約方法

定額タクシーは、電話で予約をする必要があります。1カ月前からの予約が可能で、最低でも利用の1時間前までには予約しなければなりません。

・日本交通株式会社 成田空港定額タクシー
電話番号:03-6265-6389
英語対応専門オペレーター回線:03-5755-2336
※英会話のできるオペレーターが24時間体制で対応。定額タクシーをはじめタクシーに関するお問い合わせ、乗務員との通訳にも対応。
受付時間:24時間年中無休

電車と格安バスの組み合わせもおすすめ

電車と格安バスの組み合わせもおすすめ
格安バス、東京シャトル(retirementbonus / Shutterstock.com)
THEアクセス成田

新宿駅から成田空港まで直接行けるわけではありませんが、新宿駅から東京駅まで電車で行き、格安バスに乗るという方法もおすすめです。

その場合、新宿駅からJR中央線で東京駅まで行き、「東京シャトル」「THEアクセス成田」のいずれかに乗車しましょう。

電車と格安バスの所要時間と運賃

所要時間は、新宿駅から東京駅までが13分、東京駅から成田空港までが最短60分かかります。運賃は新宿駅から東京駅までが200円で、東京シャトルは900円、THEアクセス成田は1,000円です。

格安バスチケットの購入方法

東京シャトルのチケットは、東京駅近くにある「京成高速バスラウンジ」やホームページでの購入が可能です。THEアクセス成田のチケットは、ホームページ予約のほか、車内での購入も可能です。

新宿から成田空港までの行き方パターン一覧

アクセス方法(所要時間、運賃)
成田エクスプレス
約1時間20分、3,250円
JR線+京成スカイライナー
約1時間10分、2,720円
JR線+京成本線
約1時間40分、1,250円
リムジンバス(バスタ新宿発)
約1時間40分、3,200円
定額タクシー
約1時間30分、22,000円(5:00〜22:00)、26,000円(22:00~翌5:00)
JR線+東京シャトル
約90分、1,100円
JR線+THEアクセス成田
約90分、1,200円

新宿駅は迷路のようだともいわれていて、特に日本に初めて来た外国人の方は成田空港までちゃんとたどり着けるか不安ですよね。この記事を読んで価格や予約方法などを考慮し、自分に合ったアクセス方法を見つけてみてください。

※本記事は2020年1月現在の情報です

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

c`̃XgT
検索