HOME え、このトイレどう使うの…? 外国人がショックを受けた日本のトイレ事情
え、このトイレどう使うの…? 外国人がショックを受けた日本のトイレ事情

え、このトイレどう使うの…? 外国人がショックを受けた日本のトイレ事情

公開日: 2020/04/05
更新日: 2020/05/28

国が違えば文化が違うのは当たり前! そんな異国の文化の一つに「トイレ事情」があります。「トイレなんかどこの国も同じじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、実際にはどうなのでしょうか。

今回は訪日中のオーストラリア人男性、アメリカ人男性、イタリア人女性に「来日して初めて出会った和式トイレ」「自国との違い」など日本のトイレについて外国人がどう感じているか聞いてみました。(以下はインタビューに応じて下さった方の個人的な意見です)

和式トイレは使い方が分からない

和式トイレは使い方が分からない

今では日本人でも目にすることが少なくなった和式トイレ。国内にはほとんど残っていないと思っている方が多いかもしれませんね。しかし、平成28年に観光庁が行った調査では日本の主な観光名所にある24524基の大便器のうち42%に当たる10181基が和式のままだったそうです。

意外とまだまだ多いですね!そんな和式トイレに初めて出会ったとき、外国人はどのように思ったのでしょうか。

「以前中国に行ったことがあったから、日本で和式トイレを見たときも使い方はなんとなく分かったよ。でも、やっぱり少し驚いたけどね! 和式トイレを使ってみた感想としては膝が痛くなるから長時間は使いたくないかな。和式トイレと洋式トイレだったら、僕は洋式トイレを選ぶよ」(オーストラリア人男性)

「和式トイレは使ったことがないかなあ……」(アメリカ人男性)

「和式トイレは使ったことがないけど、日本のトイレで困ったことは特にないわ」(イタリア人女性)

初めて和式トイレを前にした多くの外国人は、使用方法が分からずにショックを受けると聞きます。たしかに洋式トイレしか使用してこなかった外国人からすれば、和式トイレの使用方法がイメージできないのは納得できますね。

ちなみに和式トイレは外国人には「squat toilet(スクワットトイレ)」とも呼ばれています。このような名前で呼ばれる理由はきっと和式トイレを使用するとき、太ももに大きな加重がかかることから、足腰の筋力トレーニングであるスクワットをイメージしたからだと思われます。

温水洗浄便座を初めて使ったとき、飛び上がるほどびっくりした!

温水洗浄便座を初めて使ったとき、飛び上がるほどびっくりした!

多くの日本の洋式トイレに備え付けられている温水洗浄便座。このTOTOのウォシュレットなどの温水洗浄便座ですが、実は海外ではあまり普及していないことはご存知でしょうか。実際に外国人に自国でも温水洗浄便座が使われているのかを聞いてみました!

「オーストラリアには温水洗浄便座はないね。使ったこともないよ。なんとなく抵抗があるかなあ……」(オーストラリア人男性)

「アメリカでは温水洗浄便座は一般的ではないね。多くの人は普通の一般的なトイレを使っているよ。温水洗浄便座を使いたい人は、自宅に特注で工事しないとダメだろうね」(アメリカ人男性)

「イタリアでは普通のビデだけで、日本のように自動の温水洗浄便座がないから初めて使ったとき、飛び上がるほどびっくりしたの! 多くのイタリア人が温水洗浄便座について私と同じような経験をしていて、よく話題になるのよ。3年ほど前からイタリアでも温水洗浄便座が紹介されはじめたけど、まだまだ日本のように普及しているわけではないわ」(イタリア人女性)

外国人が日本に来て驚くことはたくさんあると思います。しかし、なかでも特に驚くことが日本の温水洗浄便座だといわれています。ボタンを押すと適度な温度の水で洗浄してくれる。この温水洗浄便座機能が、多くの外国人の心をわしづかみにしたのです。

日本人からしたら今では家庭だけでなく、公衆トイレにも備えられている温水洗浄便座に感動するということは少し理解できないかもしれません。

しかし海外では温水洗浄便座がほとんど普及しておらず、多くの外国人が温水洗浄便座の存在を知らない、または利用したことがないのです。そのため、日本で初めて温水洗浄便座を体験した外国人が多く、その素晴らしさに驚かされるみたいですね。

はじめは温水洗浄便座に強い抵抗を抱いていた外国人が、時間の経過と共に温水洗浄便座なしでは生活できなくなってしまったという話があるくらいです。今回のインタビューでオーストラリア人男性は温水洗浄便座に抵抗があると話していましたが、一度温水洗浄便座を体験すれば、ひょっとしたら考え方が変わるかもしれませんね。

日本のトイレは自宅も公衆トイレもとにかくキレイ!

日本のトイレは自宅も公衆トイレもとにかくキレイ!

「日本のトイレはすごい綺麗で清潔だね。オーストラリアの公衆トイレとは大違いだよ!」(オーストラリア人男性)

「日本のトイレは自宅も公衆トイレもアメリカより綺麗だね! でも、新宿渋谷のような混雑している駅のトイレは例外かな」(アメリカ人男性)

「日本のトイレはとても綺麗で大好き!トイレによっては、いい香りのするアロマがあるところもあるから本当に素晴らしい!ただひとつ不満があるとすれば、石鹸が切れていたり、置かれていなかったりすることね。トイレの後に手を綺麗に洗えないのは、気持ちが悪くなるので本当に残念だわ」(イタリア人女性)

外国人が日本のトイレを利用して驚くことの一つに、トイレの清潔さがあります。日本のトイレが常に清潔に保たれている理由として、私たちが子供のときから「トイレは綺麗にするもの」と教育を受けていたことが大きいといわれています。外国では掃除は清掃業者に依頼するため、子供が学校でトイレ掃除をすることはほとんどないそうです。

また日本のサービス業ではトイレ掃除を徹底しています。これはトイレの清潔さが会社のお客様へのサービスに対する姿勢を表すものだと考える経営者が多いからです。そのため、トイレ清掃は1日に何回も行われており、常に清潔さを保っています。

このような日本人の考え方が、おそらくトイレを清潔にすることにつながっているのでしょう。

有料トイレってある? 自国はこんなトイレがあるよ!

有料トイレってある? 自国はこんなトイレがあるよ!

「オーストラリアには国立自然公園などに、“エコトイレ”というものがあるよ。エコトイレとは環境に優しいデザインのトイレのことで、排泄物が自然の土に戻せるリサイクル機能がついているんだ」(オーストラリア人男性)

「アメリカではトイレの作りが決まっていて、変わったトイレはほとんどありません。多分、普通のトイレだと思うよ」(アメリカ人男性)

「イタリアでは駅にあるトイレはほとんどが有料(70セント~1ユーロ)なの。有名な観光地のローマやベニスの公衆トイレも有料よ。あとカフェテリアやバーのトイレを使うときは、必ず何か購入する必要があるの。イタリアでは一番安いのがエスプレッソだから、トイレに行きたいときはコーヒーを買ってからトイレを借りていいか確認しているわ」(イタリア人女性)

有料トイレとは、利用するのに料金を支払う必要のあるトイレのことです。ここにはトイレの使用自体に料金は必要ではないが、トイレットペーパーの使用、手洗いの水、ハンドドライヤーに料金を課すものも含まれます。日本では無料トイレが一般的ですが、海外では有料トイレの方が多いです。ちなみに無料で利用できるトイレでも、利用料とは別にチップを支払う場所が多々あるそうです。

海外で有料トイレが多い理由の一つに公共サービスの維持のためだといわれています。他にもトイレという密室で犯罪が発生する可能性があることから、有料化することで事件が起こるのを未然に防いでいるそうです。

まとめ

日本政府は2020年に行われる東京五輪・パラリンピックの訪日外国人対策の一環として、観光地を中心に和式トイレを洋式化する取り組みをはじめました。これは和式トイレが訪日外国人のストレスにつながっているという判断からであり、外国人が和式トイレを利用することは今後、ますますなくなっていくことが予想されます。

日本の最新のトイレは外国人から評判が高いので、これを機に最高のおもてなしで海外からの来客を迎えたいですね。

Written by:

株式会社ダリコーポレーション 佐藤 祐(さとう ゆう)

株式会社ダリコーポレーション 佐藤 祐(さとう ゆう)

人事・労務・法務・キャリアジャンルなどの硬めのジャンルを中心に手がけているライター。コラム記事をメインに作成している。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索