HOME 東京・東京周辺 新宿 【2018年最新】ホテルの代わりに使いたい!都内のおしゃれで居心地抜群な格安施設
HOME 東京・東京周辺 秋葉原 【2018年最新】ホテルの代わりに使いたい!都内のおしゃれで居心地抜群な格安施設
HOME 東京・東京周辺 恵比寿・中目黒 【2018年最新】ホテルの代わりに使いたい!都内のおしゃれで居心地抜群な格安施設
【2018年最新】ホテルの代わりに使いたい!都内のおしゃれで居心地抜群な格安施設

【2018年最新】ホテルの代わりに使いたい!都内のおしゃれで居心地抜群な格安施設

Update: 2018/09/05

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックを前に、国内外からの旅行者が増加している日本。ホテルも急増しているが、それ以外にもカプセルホテルやホステルなどの宿泊施設も増えてきている。さらに、24時間滞在できるインターネットカフェや入浴施設など、宿泊費を抑えながら快適に過ごせる施設も。ここでは、ホテルよりも安価でありながら独自のサービスも充実している滞在施設の最新情報をご紹介しよう。

【新宿】都会のど真ん中で24hグランピング気分を「TSUTAYA BOOK APARTMENT」

【新宿】都会のど真ん中で24hグランピング気分を「TSUTAYA BOOK APARTMENT」
▲5F グランピングフロア・男女共用フロア

JR新宿駅東口から徒歩1分、また東京メトロ新宿3丁目駅A5出口から徒歩1分という好立地に位置する「TSUTAYA BOOK APARTMENT」。ここではグランピングをイメージしたフロア
(5F) でゆっくりと休憩しながら、店内に置かれた日本の漫画や本などを楽しんだり、同じビル内にあるスターバックスコーヒーやファミリーマートの飲食物を味わうこともできる。

▲6F 女性専用フロア
▲6F 女性専用フロア パウダールーム

オプションで個室も利用でき、6時間パックや12時間パックを活用すれば深夜から早朝までの長時間滞在も可能だ。ルームウェアの貸し出し (有料)、シャワールーム (有料)、女性専用フロア (有料) などもあるので、必要に応じて自由に使い方をアレンジできる。

▲5F・6F ブースエリア

利用の際にはTカードの発行または利用申込書の記入が必須となり、パスポードなどの本人確認書類の提示も必須となる。利用申込書は日本語だが、英語対応可能なスタッフもおり、英語話者でも心配なく利用できるだろう。

料金(税抜)
-基本料金: 500円/1時間
-パック料金:2800円/6時間パック(シャワー1名1回付き)、5500円/12時間パック(シャワー1名1回付き)
オプション
-女性専用フロア:100円/回
-個室(ブース)利用料:500円/回
-ルームウェア:1000円/着
-シャワー利用料:500円/1名1回
その他サービス
無料Wi-Fi

  • TSUTAYA BOOK APARTMENT(ツタヤ ブック アパートメント)
    • 住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-26-14 新宿ミニムビルⅠ 4F

    営業時間:24時間
    定休日:年中無休

【秋葉原】地下に広がる京都の街!和風ネットカフェ「和 style.cafe AKIBA」

【秋葉原】地下に広がる京都の街!和風ネットカフェ「和 style.cafe AKIBA」

秋葉原駅からほど近く、東京メトロ末広町駅4番出口を出てすぐにある「和 style.cafe AKIBA」は、東京にいながら京都のような雰囲気を味わうことができるインターネットカフェ漫画喫茶。店内は和のイメージで統一されており、大正時代の女学生のような着物と袴姿の和装スタッフ“和茶屋娘”たちがもてなしてくれるのだ。英語や中国語でのナビゲーションも充実しているので、訪日観光客も安心して利用できるはず。

店内には日本の漫画や雑誌が約25,000冊用意されており、個室ブースで自由に楽しむことができる。全66席の店内には、1名用のブースから最大6名まで利用できるラグジュアリールームまであるのだ。6時間パックや12時間パックなどもあり、シャワーも利用できるので、宿泊施設として利用する人も多い。

日本人以外の方の店内のパソコンのご利用には、パスポートの提示が必須となるが、パスポートなしでもパソコン利用可能なブースもある (Wi-Fiは誰でも無料で利用可)。ドリンクバーコーナーもあり、店内で食事を注文することも可能。途中外出や飲食物の持ち込みもできるので、滞在中に食事や買い物のために外出してもよい。作務衣もレンタルできるので、和の気分でゆっくり休憩するのもいいだろう。12時間500円で荷物を預かってくれるサービスもあるので、荷物を預けて秋葉原観光に繰り出してみては。

利用料金
-平日:最初の30分300円、以降140円/15分
-土日祝:最初の30分320円、以降160円/15分
-年末年始・繁忙期など:最初の30分340円、以降170円/15分
-6時間パック料金(平日):1980円/8時間パック料金(平 日):2400円/
-10時間パック料金(平日):2800円/12時間パック料金(平日):3400円

※別途、週末パック料金や繁忙期料金もあり。詳細は店舗HPにて確認ください。

  • 和 style.cafe AKIBA
    • 住所 〒101-0021 東京都千代田区 外神田6-14-2 サカイ末広ビル地下1階

    営業時間:24時間
    定休日:年中無休

【恵比寿】本場・フィンランド式のサウナを満喫「ドシー恵比寿」

【恵比寿】本場・フィンランド式のサウナを満喫「ドシー恵比寿」

恵比寿駅西口を出て高架下をくぐり、サンマルクカフェの角を右にまわったところにある「ドシー恵比寿」。ここでは本場フィンランド式のサウナを時間制で利用したり、カプセルユニットで宿泊や仮眠をとって旅の疲れを癒すことができる。

客室総数は162室で、宿泊の利用料金は1泊4900円から。サウナのみの利用であれば、最初の1時間は1000円、以降1時間ごとに500円で利用可能。タオルや館内着、シャンプーなどのアメニティも無料で用意されている。利用当日に限り、チェックアウト後でも荷物を預かってもらえる。旅行中にはうれしいサービスだ。

英語対応可能なスタッフも在籍。カプセル内では飲食不可で飲食できるスペースは限られているので、食事などは恵比寿の街で楽しんでもいいだろう。男女で利用エリアが別れているので、カップルで利用する際には注意が必要。

利用料金
-宿泊:4900円〜
-仮眠:最初の1時間1500円、以降500円/1時間
-サウナ:最初の1時間1000円、以降500円/1時間

  • ドシー恵比寿
    • 住所 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-1

    営業時間:
    -宿泊:チェックイン13:00 チェックアウト翌日10:00
    -仮眠:13:00〜21:00
    -サウナ:13:00〜翌日9:00
    定休日:年中無休

【神田】ひとり旅でも安心!女性専用カプセルホテル「nine hours woman Kanda」

【神田】ひとり旅でも安心!女性専用カプセルホテル「nine hours woman Kanda」
© Nacasa & Partners

JR神田駅から徒歩2~3分、都営地下鉄岩本町駅からも歩いてアクセスできる「nine hours woman Kanda」。ここは駅からも近く女性専用なので、女性一人でも安心して利用できるカプセルホテルだ。

© Nacasa & Partners
© Nacasa & Partners

宿泊料金は1泊4900円からと、リーズナブル。また宿泊以外にも最初の1時間は1000円、以降1時間ごとに500円で1時間単位での仮眠利用も可能なので、移動の新幹線やバスの前後の時間調整に利用するのもいいだろう。800円でシャワーのみでも利用できる。利用の際は、チェックイン時に支払いを済ませてタオルや館内着などを受け取り、荷物をロッカーに預けた後は、カプセルユニットで自由なひとときを過ごそう。客室総数は70室で、英語応対可能なスタッフも在籍。

利用料金
-宿泊:4900円〜
-仮眠:最初の1時間1000円、以降500円/1時間
-シャワー:800円

  • nine hours woman Kanda
    • 住所 〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-9-4

    営業時間:
    -宿泊:チェックイン13:00 チェックアウト翌日10:00
    -仮眠:13:00〜21:00
    定休日:年中無休

【春オープン】BOOK AND BED TOKYO 新宿店 ~本棚の中で眠る喜び~

【春オープン】BOOK AND BED TOKYO 新宿店 ~本棚の中で眠る喜び~

最後は、日本一の繁華街、新宿歌舞伎町の新スポット。この街のランドマークとも言えるゴジラヘッドのある映画館、TOHOシネマズ新宿のほど近く、新宿コマ劇場跡地に2018年春にオープンする「BOOK AND BED TOKYO 新宿店」。

この「BOOK AND BED TOKYO」は “泊まれる本屋” をコンセプトとし、本棚の中で本を読みながらうとうと寝落ちするという、本好きにとっては最高の “寝る瞬間” を味わうことのできるホステル。現在、池袋浅草、京都、福岡の4店舗で営業している。日本の書籍だけでなく、海外の書籍も豊富に揃っているので海外からのお客さんにもぴったりだろう。

BOOK AND BED TOKYO 新宿
住所:〒160-0021 東京新宿歌舞伎町1丁目
オープン日:2018年春 予定

※店内画像はすべてBOOK AND BED TOKYO 池袋本店のものです。

Written by:

松村知恵美

松村知恵美

家と映画館(試写室)と取材先と酒場を往復する毎日を送る映画ライター、WEBディレクター。2001年から約8年、映画情報サイトの編集者をやってました。2009年に独立し、フリーランスに。ライターとしての仕事の他、Webディレクションなど、もろもろお仕事させていただいています。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする