日本の空港

日本の空港

Update: 2017/03/27

日本への出入国は飛行機が一般的だが、日本国内は列車やバスで旅行する人が多い。しかし日本には100近くの空港があり、飛行機での国内旅行も便利だ。さらに日本の航空会社では訪日旅行者を対象とした割引キャンペーンを提供しており、日本国内の飛行機の旅はかつて以上にお手頃価格となっている。

近年、円安の影響や外国人観光客の増加、新たなフライトルートの開発によって、日本への航空運賃はどんどん値下がりしている。さらに航空会社のキャンペーンを活用すれば、旅行費用をより安く抑えることができる。

日本の国際空港

日本の国際空港

日本国内には、いくつかの国際的なハブ空港がある。主要な空港を入り口とすれば、そのほかの場所に行きたい場合でも、簡単にトランジットができる。

成田空港
ほとんどの外国人旅行者は東京の東、千葉県にある成田空港から入国する。東京のもう一つの主要空港である羽田空港よりもやや混んでいるが、電車でのアクセスがいいのがこの空港のメリットだ。

羽田空港
東京都にある、アジアで最も混む空港の一つである羽田空港。安価な国際線のほか、国内線も数多く運航している。

関西国際空港
大阪湾に浮かぶ人工島に位置する関西国際空港は、日本でも最もにぎわう空港の一つ。ローコストキャリアの一つであるピーチ航空のハブ空港でもあり、安価な旅を求める旅行者に多く利用されている。

中部国際空港セントレア
名古屋市の中心部から約30キロ南に位置する中部国際空港は、日本の中小都市を訪れるのに便利。観光スポットにアクセスが便利な国内線も複数、運航している。

いつ予約すべきか?

いつ予約すべきか?

正月は多くの日本人が休暇や帰省のために空港を利用するため、年間で最も空港が混む時期でもある。また3月や4月の桜のシーズンは、訪日旅行者が最も多く日本を訪れる時期。さらに4月末から5月頭には日本の祝日が連続しており、この時期も旅行者が非常に多くなる。
格安チケットを狙うなら、桜のシーズンの少し前がおすすめだ。また雨天が多い6月頃もチケットが安くなる。そのほか11月や12月も比較的、航空券が安くなるだけでなく、紅葉も楽しめる。

国内線の旅

国内線の旅

国内線は日本全土を網羅してる。ここでは特に人気の高い旅行先の地方空港を紹介しよう。

伊丹空港
1939年に開港。大阪の北部に位置し、大阪国際空港としても知られている。また40以上の都市を結ぶ国内線も運航している。

新千歳空港
札幌にある新千歳空港は、日本で3番目に混み合う空港でありながら、最も快適な空港でもある。半円形の国内線ターミナルには19のゲートがあり、無料の展望台から飛行機の飛び交う姿が眺められる。さらに4階には温泉施設があり、ゆったり過ごすことができる。

福岡空港
福岡空港の国内線ターミナルは、日本国内全域をカバーしている。また福岡の中心地からわずか10分というアクセスの良さも、この空港の特徴だ。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする