HOME 板橋・練馬 名主の滝公園
  • 名主の滝公園

名主の滝公園

施設説明

名主の滝公園は、王子村の地元の名主である畑野家が、屋敷内に滝を開き、一般に人々が利用できる避暑のための施設として作ったと言われ、名主の滝の名称はこれに由来している。明治の中頃、畑野家から貿易商である垣内徳三郎氏の所有となり、氏が愛した栃木県塩原の景色に似せるため、庭石を入れ、楓を植え、渓流をつくり、さらに趣のある庭園として生まれ変わった。なお、現在は区立公園となっている。豊富な湧き水と滝、緑豊かな森が特徴で、園内には、地下水を利用した4つの滝が流れている。男滝は、落差8メートルから水が流れ落ちる迫力のある景観で、園内最大の滝である。川底が見えるほど水が澄んでおり、水量も豊富。また桜やモミジ、ツバキなど四季折々の自然も楽しめる。自然の中で野鳥の観察会も行われている。JR「王子」駅より徒歩10分。

施設基本情報

  • 住所

    114-0021

    東京都北区岸町1-15-25

  • 最寄駅
    王子 駅
    ・ 京浜東北線
    ・ 東京メトロ南北線
    徒歩10分
  • 電話
    03-3908-9275

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.

  • 営業時間
    09:00 - 17:00
  • 定休日
    不定休
    12月29日から1月3日