施設説明

古くから庶民の花見の名所として親しまれている公園で、ソメイヨシノ・サトザクラなど約600本が植えられている。現在も、北区を代表する公園として、桜の花が咲く春には近隣から多くの花見客が訪れている。桜だけでなく、つつじが約10種・1万5000株、線路沿いには、あじさいが約1300株植えられている。公園は飛鳥山の山頂にあるため、子どもや高齢者なども楽に登れるように、2009年には自走式モノレール方式の斜行昇降施設・あすかパークレールが誕生している。外観がかたつむりに似ているこの車両は、飛鳥山の名前と組み合わせ「アスカルゴ」と呼ばれている。公園内には子どもが遊べる大きな城の遊具や噴水もある。また、園内には飛鳥山博物館・紙の博物館・渋沢史料館の3つの博物館があり、北区の歴史を学ぶことができる。JR京浜東北線「王子」駅または、都電荒川線・「飛鳥山」駅より徒歩すぐ。

施設基本情報

  • 住所

    114-0002

    東京都北区王子1丁目

  • 最寄駅
    王子 駅
    ・ 京浜東北線
    ・ 東京メトロ南北線
    徒歩1分 王子駅前 駅
    ・都電荒川線

  • 電話
    03-3908-9275

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.