施設説明

1863年より酒造業をはじめた石川酒造。現在の熊川の地に酒蔵を構えたのは1880年と、その歴史は古い。その際に建てられた本蔵や1897年に建築された新蔵は、国の登録有形文化財にも指定されている。石川酒造の代表銘酒「多満自慢」は、1933年より伝統の味を守り続け、今なお多くの人々に愛される日本酒だ。また、地ビールの醸造も行っており、敷地内のレストランではできたての地ビールを味わえる。1898年に造られた土蔵内には、和食・そば処も併設。蔵元ならではの地酒や地ビールに合わせた食事を楽しむことができるのも魅力だ。また、史料館では江戸・明治・昭和の酒造りやビール造りの歴史を垣間見ることができる。JR「拝島」駅南口よりタクシーで約5分、徒歩で約15分の場所にある。

施設基本情報

  • 住所

    197-8623

    東京都福生市熊川一番地

  • 最寄駅
    拝島 駅
    ・ 青梅線
    ・ 五日市線
    ・ 八高線
    ・ 西武拝島線
    南口
  • 電話
    042-553-0100

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.

  • 営業時間
    08:30 - 17:00
    蔵見学は土日祝日も行っていますが前日までの予約が必要です。英語での案内希望は平日10:00~16:00で希望見学時間を事前に相談。/史料館は11:30~21:00 木曜日定休。/和食・そば処「雑蔵」は 11:30~21:30(L.O 20:30)水曜日・木曜日定休(祝日をのぞく) 隔週金曜日 17:00より営業 。福生のビール小屋は11:30~21:30(L.O 20:30)月曜日・火曜日定休(祝日をのぞく) 隔週金曜日 17:00より営業