HOME 東京・東京周辺 東京駅 銘柄牛!デカ盛り!秋の味覚!個性派どんぶりが勢揃いの「東京駅丼グランプリ」イチオシ4選
銘柄牛!デカ盛り!秋の味覚!個性派どんぶりが勢揃いの「東京駅丼グランプリ」イチオシ4選

銘柄牛!デカ盛り!秋の味覚!個性派どんぶりが勢揃いの「東京駅丼グランプリ」イチオシ4選

公開日: 2018/10/03
更新日: 2018/10/23

東京の玄関口、東京駅。東北から九州まで、日本を縦断できる新幹線の基幹駅として、そしてJRの主要各線の起点駅として、観光客から通勤客まで、1日40万人以上の乗客に利用されています。

そんな東京駅で10月1日(月)から11月18日(日)にかけ、食欲の秋にぴったりなイベントが開催されています。その名も「東京駅丼グランプリ」。今年で第3回目を迎えます。

この「東京駅丼グランプリ」は、東京駅周辺の商業ゾーン内の参加店舗が提供する76種の丼の中から、東京駅の丼メニューの頂点を決定しようというもの。グランプリは各店舗で実際に対象の丼を食べたお客が“1つの料理としての完成度”、“見た目のインパクト・美麗さ”、“コストパフォーマンス”の3項目をジャッジして投票。その結果は11月10日(土)の“いい丼の日”に、発表される予定です。

先日関係者試食会が行われ、LIVE JAPANスタッフも参加してきました。さすがに全76丼を試食することはできないようで、会場には「地域の力丼」「収穫の秋丼」「食欲の秋丼」「ユニーク丼」「ヘルシー&コンパク丼」という5つのテーマの中から選ばれた注目の約20種類の丼が並んでいました。

そこで今回は、第3回のラインナップからLIVE JAPANスタッフイチオシの丼4つをご紹介します!

<「収穫の秋丼」部門>圧倒的な存在感!器からはみ出る秋の天ぷらたちが雄々しく美しい丼

「季節の天丼『秋色散歩の詩』(1600円/税込)」天ぷら けやき(キッチンストリート)

海・山・里の旬を盛り込んだ秋天丼ということで、さまざまな秋の素材の天ぷらが勢ぞろいしています。

定番のエビやカボチャ、ナスなどのほかに、北海道の本シシャモ、いくら、栗甘露煮など、天ぷらとしてはめずらしいさまざまな具がどんぶりからはみ出して、ビジュアルも圧倒的です!

この「天ぷら けやき」は第2回の駅丼グランプリを獲得したお店なのですが、去年の1800円から1600円へと値下げを断行! にもかかわらずボリュームは去年と変わっていないということで、とてもお得な丼になっています。

<「地域の力丼」部門>やわらかくとろける東北六県の銘柄牛!お肉たっぷり幸せの伝統すき焼き丼

「六当地丼(2525円/税込)」浅草今半(グランスタ)

すき焼きの名店・浅草今半の味を丼で味わえる「六当地丼」。甘辛く味付けされた6枚の大ぶりの肉はとても柔らかく、「いいお肉を食べている!」という満足感がたっぷり味わえます。

この6枚のお肉は、それぞれ東北六県の銘柄牛が使用されているということで、それぞれの味わいの違いを楽しむことができます。ひとつの丼の中に東北六県の銘柄牛が勢ぞろいしたこの丼は、まさに東北のパワーがあふれるひと丼と言えるでしょう。

<「ユニーク丼」部門>ビッグサイズな牛カツの迫力にひれ伏せ!キムチソースで食も進むユニーク丼

「赤身肉の大判牛カツドン(1300円/税込)」HAMBURG WORKS(グランルーフフロント)

熱々の鉄板にキムチ炒飯が平たく敷き詰められ、その上に大判の赤身肉牛カツがオン! カツは薄く伸ばした牛の赤身肉に細かいパン粉をつけてカラリと揚げているので、見た目の迫力とはうらはらに、女性でもペロリと食べることができます。

ピリ辛のキムチ炒飯と、自家製キムチソースのかかった牛カツも相性抜群。スプーンとフォークを使ってワシワシ食べていきたい、パワーチャージにぴったりな丼です。

<「収穫の秋丼」部門>ビジュアル映え◎!天然鮪、秋刀魚、松茸と秋の味覚が敷き詰められた海鮮丼

残念ながら今回試食することはできなかったのですが、スタッフがとっても気になった丼があったのでご紹介します。

「天然鮪と炙り秋刀魚の秋の味覚丼(2160円/税込)」築地寿司清(グランルーフ)

秋に食べたい海・山の高級食材が美しく鎮座する海鮮丼。すだちを絞った炙り秋刀魚に脂ののった天然鮪、サーモンや蟹、イクラなどが入って2160円というお値段も魅力で写真映えも間違いなしです!

目と舌で味わえるこの逸品、お寿司好きはもちろん見た目も気にする女性にぜひ食べていただきたい丼です。

以上、4つの丼を紹介してきましたが、みなさんの気になる丼はありましたか?

「第3回東京駅丼グランプリ」では、このほかにも
「ひつまぶし風 海鮮みそ貝焼き丼(1000円/税込)」(日本百貨店さかば/グランアージュ)

「米沢牛ステーキと秋の旬菜丼(6480円/税込)」(米沢牛 黄木/黒塀横丁)

「豪華絢爛 海鮮北海丼(2160円/税込)」(築地すし好 和/グランスタ丸の内)

「うにゴロゴロ豚の角うに丼(2138円/税込)」(うに屋のあまごころ/キッチンストリート)

と、各店が個性を活かし創意工夫を凝らした丼が揃っています。

観光客の多い東京駅エリアには、大きなスーツケースを置けるスペースがあったり、英語メニューが完備されていたりと、日本人、外国人どちらの観光客にとっても利用しやすいお店が揃っています。ぜひこの機会に、日本が誇る「丼」メニューで秋の魅力を堪能してみてくださいね。

【フェア概要】
名称:第3回 東京駅丼グランプリ
開催期間:2018年10月1日(月)~11月18日(日)
開催場所:キッチンストリート、黒塀横丁、北町ダイニング、グランルーフ、グランルーフ フロント、グランアージュ、
グランスタ、グランスタ丸の内、キッテ グランシェ
参加店舗数:76店舗
メニュー数:76種類(内、東京駅限定メニューは69種類)
主催:株式会社鉄道会館

Written by:

松村知恵美

松村知恵美

家と映画館(試写室)と取材先と酒場を往復する毎日を送る映画ライター、WEBディレクター。2001年から約8年、映画情報サイトの編集者をやってました。2009年に独立し、フリーランスに。ライターとしての仕事の他、Webディレクションなど、もろもろお仕事させていただいています。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする