HOME 東京・東京周辺 東京 東京駅 190万円福袋の内容は!? 百貨店のスゴイ福袋2022気になる2選
190万円福袋の内容は!? 百貨店のスゴイ福袋2022気になる2選

190万円福袋の内容は!? 百貨店のスゴイ福袋2022気になる2選

公開日: 2021/12/13
更新日: 2021/12/16

お正月が近くなると、多くの方が楽しみに待つ「福袋」の情報が、各ショップから解禁されます。福袋とは、百貨店や小売店で年始に販売する商品詰合せセットのことで、正規の値段より安かったり限定アイテムが入っていたりするため、福袋目当ての客で行列になることも珍しくありません。

近頃では、普通の福袋ではなく、旅行商品などスケールの大きく豪華でユニークな福袋も販売。2022年も大手百貨店から豪華な福袋が登場するようです。その中身とは? さっそく見ていきましょう!

※ top image:PIXTA

【大丸東京店】「夢のワーケーション福袋」絶景露天風呂で極楽気分

【大丸東京店】「夢のワーケーション福袋」絶景露天風呂で極楽気分

テレワークにより定着した「ワーケーション」。大丸東京店ではワーケーションの町、静岡県東伊豆町とタイアップし、「夢のワーケーション福袋」を初めて販売。

様々なワーケーションの提案をしている静岡県東伊豆町。伊豆半島の東海岸ほぼ中央に位置し、首都圏からのアクセスも良好です。海や山に囲まれた自然豊かな町で、稲取温泉をはじめとした6つの温泉郷がある場所としても知られています。

福袋を購入すると、海の見えるシェアオフィス「EAST DOCK」の利用、プロが選ぶ日本のホテル旅館100選にも選ばれた「稲取銀水荘」への宿泊、選べる東伊豆体験が可能に。交通手段として電気自転車やシェアカーも無料です。

「稲取銀水荘」では、眼下に広がる海を独り占めできる露天風呂も堪能。しっかり働いたあとに入る露天風呂の心地よさは格別!

ワーケーションの「バケーション」要素も存分に満喫できるよう、東伊豆体験もついています。漁船クルージング、みかん狩り+生絞りジュースづくり、伊豆半島最年少ジオガイドによる細野高原ツアーの中からお好きな体験を選べ、東伊豆の魅力に触れられます。

気になるお値段は、1室1名3万円と、豪華な体験が多数ついていながら良心的。3組のみの販売なので、今後の販売方法情報を随時チェックしていきましょう!

大丸東京店 夢のワーケーション福袋
販売価格:30,000円(1室1名)、50,000円(1室2名)
販売台数:各3組限定
応募店舗:大丸東京店
販売期間:2022年1月2日(日)・3日(月)
販売方法:未定

  • 大丸東京店
    • 住所 100-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1
      地図をみる
    • 最寄駅 東京 駅 (東海道新幹線 / 北海道新幹線 / 東北新幹線 / 秋田新幹線 / 山形新幹線 / 上越新幹線 / 北陸新幹線 / 東海道本線 / 横須賀線 / 総武本線 / 総武本線快速 / 京浜東北線 / 山手線 / 中央本線 / 京葉線 / 上野東京ライン / 東京メトロ丸ノ内線)
      徒歩1分
    • 電話 03-3212-8011

【高島屋】どこでも設営できる「マイグランピング福袋」が190万円で登場!

【高島屋】どこでも設営できる「マイグランピング福袋」が190万円で登場!

髙島屋では、どこでも手軽に“マイグランピング”を楽しめる「運べる建築空間 ZERO POD」を福袋で販売。創業190周年を記念し、密を避けるレジャーとして今人気のグランピングを福袋として企画しました。

「運べる建築 ZERO POD」は、高床のグランピングができる組み立て式テント。幅約290cm、奥行き約250cm、全高約260cm(脚最大時約295cm)と、大人5人がくつろげる余裕があります。特許取得の高床構造により、芝生や庭はもちろん、斜面、岩場、凹凸のある場所でも設営が可能です。

ログハウスなどとは異なり、基礎工事などの整地が不要で、地面や自然環境を傷つけずに、約5分で簡単に設営できます。最大の特徴は、持ち運びの手軽さ。ゴルフバッグに収納できるほどコンパクトになります。2021年度「日本空間デザイン賞」を受賞しました。

蚊などの虫の侵入を防ぎ、外部の視線も遮りつつ開放的な眺望をできる網戸付きの窓や、結露しにくい二重ルーフなど、細部にもこだわっています。お値段は190万円で、3台限定。2022年も密を避けたレジャーが人気となりそうなので、“マイグランピング”は大活躍間違いなし。

2022年高島屋福袋 マイグランピング福袋
販売価格:1,900,000円(1台)
販売台数:3台限定【抽選販売】
応募店舗:髙島屋日本橋店・WEB(下記ホームページからご応募)
応募期間:2022年1月2日(日)から
※販売・抽選に関する詳細は、後日、日本橋高島屋S.C.ホームページ等で案内予定。

  • 髙島屋日本橋店(本館)
    • 住所 〒103-8265 東京都中央区日本橋2-4-1

グランピングにワーケーションと、コロナ禍でブームが加速したアクティビティが、2022年百貨店の豪華福袋にもなっています。購入可能人数がかなり少ないので、新年早々熾烈な購入合戦が繰り広げられるかも!? 今回ご紹介した豪華福袋以外にも、日本の福袋は開店と同時に売り切れとなるケースが多いため、年内のうちに百貨店から情報収集しておくのがおすすめ。2022年が幸せな一年となれるよう、お目当ての福袋を入手できますように!

※本記事の情報は2021年12月時点のものです。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

Written by:

田中ラン

田中ラン

東南アジアが拠点のライター。安いビールが生きがい。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索