HOME 東京・東京周辺 東京 東京駅 ふわとろっにハマった!外国人が来日して好きになった「日本の卵料理」No.1は?
ふわとろっにハマった!外国人が来日して好きになった「日本の卵料理」No.1は?

ふわとろっにハマった!外国人が来日して好きになった「日本の卵料理」No.1は?

公開日: 2019/04/16
更新日: 2020/10/16

世界中に数多くある卵料理。日本にも茶碗蒸しからオムライスまで、和風洋風関わらずいろいろなメニューがありますよね。そんな日本の卵を使った料理は、外国人に愛されているのでしょうか?

今回は学校法人 新井学園 赤門会日本語学校に通う外国人に、日本に来て食べた日本の卵料理についてインタビューしました! どんなものが人気を集めたのでしょう? 早速ご紹介します。

一番人気は、ふわとろっ感がたまらない「オムライス」

一番人気は、ふわとろっ感がたまらない「オムライス」

「お店で食べたオムライスの、ふわふわした卵がとてもおいしかったの!」(中国/女性/30代)

ケチャップだけのシンプルな味付けから、ホワイトソースやデミグラスソースをかけたものまで、幅広い味付けのバリエーションがあるオムライス。外国人の人気を一番獲得した、日本の卵料理です。

人気の理由はふわっとした仕上がりの卵と、チキンライスのコンビネーションが良いとのこと。洋食なので、外国人にも受け入れやすい味というのも人気の理由の一つです。

簡単そうな料理に見えますが、あのお店で食べるふわふわした卵の食感を作るのが意外と難しく、自分で作るより、ファミリーレストラン洋食料理屋で食べるとのことでした。

懐石料理で初体験し感動!「茶碗蒸し」

懐石料理で初体験し感動!「茶碗蒸し」

「懐石料理を食べた時に初めて食べた茶碗蒸し。やさしい味でおいしかった!」(韓国/男性/20代)

食べた人は少なかったものの、好き!という人が多かったのが、茶碗蒸し。韓国料理のケランチムという蒸し料理に似ているとのことで、アジア人を中心に人気がありました。出汁の効いたやさしい味で、食べやすいとの意見が。和食らしいメニューの茶碗蒸し。海外から来た人にはぜひ試してほしい!という声もありました。

続いては卵がメインではないけれど卵を使っているメニューがランクイン。

生卵とタレがたっぷり絡んだ「すき焼き」

生卵とタレがたっぷり絡んだ「すき焼き」

すき焼きが大好き!お肉に絡み合う生卵とタレが良い味出してるよね」(韓国/男性/10代)

大好き!と熱いファンが多かったすき焼き。生卵が苦手・不安という外国人もいますが、生卵を使った料理のなかで一番人気があったのはすき焼きでした。すき焼きの味は中国料理や韓国料理でも似た味の料理があるようで、慣れ親しんだ味とのこと。また、肉のやわらかさをダイレクトに感じられ、さらにタレのおいしさが高い評価を得ているようです。わざわざ高級料理店に足を運んだという人もいるほど、外国人に愛されていました。

一方で、同じ生卵を使ったものでも賛否両論だったものが。

安全なのか不安になっちゃう「卵かけご飯」

安全なのか不安になっちゃう「卵かけご飯」

「牛丼屋で初めて卵かけご飯を食べたんだけど、とってもおいしかったの!卵と醤油を入れただけなのに、あんなにおいしいなんてびっくりしたわ」(ベトナム/女性/20代)

「僕は卵かけご飯は食べられないな。病気が心配だよ」(中国/男性/20代)

「僕も無理。一度食べてみたけど危険を感じたよ」(ドイツ/男性/10代)

意見が分かれたのが卵かけご飯。日本でしか食べたことのない卵料理で第1位を獲得した卵かけご飯は、食べてみておいしかった!という声がある一方で、生卵だから病気になるんじゃないか不安、という声も半分以上ありました。日本は生でも食べられるように衛生管理されていますが、それでも警戒してしまうようです。

他にも賛否両論だった卵料理がありました。

気軽に作れる「だし巻き卵」、甘さが苦手という声も

気軽に作れる「だし巻き卵」、甘さが苦手という声も

「だし巻き卵が大好き。自分でもよく作るわ。お弁当に入れてお昼に食べてるの」(スロバキア/女性/30代)

「だし巻き卵は甘いからあまり好きじゃない」(台湾/女性/20代)

自分で作る!という外国人が目立ったのが、だし巻き卵。和風だしと卵の組み合わせが人気です。時間をかけず、簡単に作ることができるのも、魅力の一つだそうです。ほうれん草を入れたりチーズを入れたりして、一工夫して作っているようです。

しかし、だし巻き卵は甘いから好きじゃないという声も。玉子焼きは地域によって味が違うので、ぜひ色々な地域の味にもチャレンジしてみてほしいですね!

番外編:世界のびっくり卵料理、ベトナムで食すアヒルのゆで卵

番外編:世界のびっくり卵料理、ベトナムで食すアヒルのゆで卵

インタビューする中で、世界にある驚きの卵料理があったので、紹介します!

「ベトナムではアヒルの卵を食べるの。栄養素が高いのよ」(ベトナム/女性/20代)

「ホビロン」という孵化直前のアヒルの卵を茹でたものがベトナムでは良く食べられるそう。その見た目はかなりグロテスクで食べるのになかなか勇気が入りますが、滋養に良いと言われているそう。

中のスープが特においしいとのこと。ぜひベトナムに行った際にはチャレンジしてみてください。

世界のびっくり卵料理、中国で食すカモと鳩の卵

世界のびっくり卵料理、中国で食すカモと鳩の卵

「中国ではカモの卵と鳩の卵を食べるよ。鶏よりも栄養素が高いんだ」(中国/男性/30代)

中国ではカモと鳩の卵を食べるそうです。どちらも栄養素が高く、中国では良く食べられるよう。鳩の卵は鶏よりも基本小さく、大きければ大きいほど栄養素が高いため、値段も張るとのこと。調理法は鶏の卵と変わらず、目玉焼きや卵焼きが一般的です。

その他、中国ではガチョウやダチョウなど、日本ではなかなか食べられない卵を食べることができるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

今回は在住外国人の方々に、日本の卵料理についてインタビューしました。やはり日本人にも王道の卵料理「オムライス」が外国人からも圧倒的に人気でした。
それ以外のメニューは賛否両論のものが多かったです。特に生卵は抵抗がある外国人が多くいました。

ご紹介した他にも親子丼など、日本の卵料理はバラエティ豊富。ぜひ色々なメニューを外国人観光客に楽しんでほしいですね。

Written by:

Fujico

Fujico

東京都生まれ。2015年にフリーライターとして独立。北米での留学・就労経験もあり、英日の翻訳・通訳も行う。東京の島・伊豆諸島をこよなく愛し、月に1度はどこかの島にいます!

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索