HOME 東京・東京周辺 東京 浅草 超特大たこ焼きが外国人観光客に大ウケ!噂の「ばくだん焼本舗」に行ってみた
超特大たこ焼きが外国人観光客に大ウケ!噂の「ばくだん焼本舗」に行ってみた

超特大たこ焼きが外国人観光客に大ウケ!噂の「ばくだん焼本舗」に行ってみた

公開日: 2020/03/17

見た目のインパクトと、お好み焼きもんじゃ焼き・たこ焼きの要素を兼ね備えたというその斬新さから、2001年のオープン以来、多数メディアに取り上げられている「ばくだん焼」。都内1号店の『ばくだん焼本舗 池袋本店』は、週末ともなれば、長い行列をなすという。今や若い世代だけでなく、アジア圏の観光客からも高い支持を得ている「ばくだん焼」の魅力を紹介しよう。

▲レギュラー(370円)

直径8cm、重さ200gの「ばくだん焼き」は、生地の中にコーン、シメジ、ウィンナー、ウズラの卵、アサリ、キャベツなど10種類の具材が入り、外側の生地を箸で割ると、中から具材があふれ出す。

▲キムチーズ(460円)

オリジナルソースとマヨネーズに鰹節をかけたレギュラーのほか、チーズ、キムチ、ネギ、カレーなど多彩なソースとトッピングを用意し、外はカリカリ、中はトロトロの生地との相性が抜群だ。

ひと口サイズのたこ焼きのような食べ易さはないものの、腹持ちが良く、スナックとしては十分満足できるボリュームとなっている。

テイクアウト専門店なので、店横のベンチや近くの公園で、出来立てアツアツを召し上がれ。

  • Bakudanyakihonpo Ikebukurohonten
    • 住所 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-21-1
    • 最寄駅 池袋
    • 電話 03-5957-2277
    • 営業時間:10:00~22:30
      定休日:年中無休

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索