HOME 東京・東京周辺 東京 秋葉原 秋葉原のドン・キホーテ コスプレコーナーで人気の商品はコレだ!【歓送迎会シーズン向け】
秋葉原のドン・キホーテ コスプレコーナーで人気の商品はコレだ!【歓送迎会シーズン向け】

秋葉原のドン・キホーテ コスプレコーナーで人気の商品はコレだ!【歓送迎会シーズン向け】

公開日: 2018/04/02
更新日: 2020/05/18

春は出会いと別れの季節。特に3月、4月は送別会に歓迎会など、さまざまな宴会の予定が入っている人も多いのではないでしょうか。

そんな中、宴会をさらに盛り上げる一手として有効なのが、日本文化の代表格でもある「コスプレ」。誰かがコスチュームを身にまとうだけで、ありきたりな宴会も非日常空間に!参加メンバーのふだんとは違う一面も垣間見ることができるでしょう。

しかし、ここで一つ疑問が。もしも「何でも好きなコスプレ衣装を着ていいよ!」と言われた時、日本人と外国人でチョイスするコスチュームに違いは生まれるのでしょうか?検証してみることにしました。

今回ご協力いただいた訪日外国人は、イタリア人のスィモナさん。日本に来てまだ半年ほどで出身地はローマ。日本語学校に通いながら翻訳の勉強をしている学生さんです。

そして日本人代表は、こちらの山田絵美さん。ふだんから袴や着物を着用する機会が多いという彼女はコスプレにも興味津々。果たして2人はどんなコスチュームを選ぶのでしょうか?

やってきたのは、ドン・キホーテ秋葉原店。秋葉原という謂わばコスプレの聖地に在って、コスチュームの品揃えも売り上げも全ドン・キホーテ店舗の中でも断トツのトップ!今回の企画にうってつけのショップです。

5階にはなんと、コスプレ専門のフロアまで存在するのです!
どこを見渡してもコスチュームだらけの『コスプレ館』。初めて足を踏み入れた人が思わず圧倒されてしまうほど、多種多様なコスチュームがずらり。

モデル撮影にも対応できる、本格的な制服やメイド服はもちろんのこと

旬の芸人やアニメのキャラに扮せる、まさにパーティ用のコスチュームまで。あらゆる用途に向けたコスプレを網羅できるのです。

さっそく、店内をそれぞれ見て回りながら、2人は自分が着てみたいコスチュームを吟味していました。「こんなにたくさんのコスチュームに囲まれるなんて初めてよ!」と、スィモナさんは大興奮!目に見えるものすべてが珍しいようで、コスチュームを一つひとつ手に取りながらとっても楽しそう。

対して山田さんは、時おりコスプレ衣装を置いてあるショップに足を運ぶことがあるようで、自分に似合うか否かを基準に真剣に選んでいる様子。「せっかくなら周りがドン引くか盛り上がるかの、ギリギリのところを攻めたいですね」と、少々奇抜なコスチュームに惹かれているようです。

コスプレ館ではメガネやウィッグなどの小物類も充実。ド派手なサングラスに心を奪われた2人が、コスチューム選びを忘れて大はしゃぎする一幕も。なかなかお似合いですね。

途中で脱線しながらも、コスチューム選びは続きます。ひとしきり店内をまわった後は、スィモナさんの視線は、パッケージに外国人モデルが使われているコスチュームが置かれたコーナーに集中。そして1着のコスチュームの前で立ち止まると、「すっごく可愛いわ、これに決めた!」といきなりの即決。彼女はインスピレーションで選ぶタイプのようですね。

スィモナさんとは逆に店内を余すところなく見てまわり、熟考に熟考を重ねていた山田さん。「これ、良くないですか?なんか面白いし(笑)」と、スタッフ一同も仰天のコスチュームをチョイス。ほ、本当にそれでいいの?!

ともあれ、2人とも無事に自分好みのコスチュームを手にすることができました。
2人の選んだコスチュームにはどんな違いがあるのでしょうか?!

コスプレのほかにも宴会に欠かせないのが、パーティーグッズ!ということで、コスチューム選びを終えた後で3階にあるグッズのコーナーも覗いてみました。

パーティーグッズといえば、やはりかぶり物ははずせない。何かを頭に乗せるだけで宴会の無礼講感が増しますね(笑)。

宴会を盛り上げてくれるクラッカーも、最近はさまざまなサイズが展開されている模様。バズーカサイズのクラッカーに「これはぜひぶっ放してみたい」と、不適な笑みを浮かべる山田さん。ドン・キホーテの秋葉原店は季節問わずにパーティーグッズコーナーが充実しているため、シーズンを過ぎた宴会で重宝しそうです。

さて、ドン・キホーテを後にした2人は、LIVE JAPAN編集部にて自分の選んだコスチュームをそれぞれ試着してみることに。まずは、スィモナさんから披露していただきます!

スィモナさんが選んだのは、「不思議の国のアリス」をイメージしたキュートでちょっぴりセクシーなコスチューム!海外製の商品とあって、スィモナさんのイメージにもぴったり。
まるで本物のアリスみたいですね。

スィモナさんがこのコスチュームを選んだ基準は、なんといっても「可愛いから!」。自分が素直に着てみたいと思ったものを選んだそうです。不思議の国のアリスは日本のハロウィンでも人気の高いモチーフのひとつ。イタリアでも同じように愛されているキャラクターなんだとか。さて、続いては山田さんなのですが……

こ、これは……ゲゲゲの鬼太郎に出てくる「ぬりかべ」?!なんと山田さん、完全に笑いに走りました!キュートでもセクシーでもない、灰色の塀の妖怪に扮しています!

バックスタイルは、もはや単なる灰色の壁です。いったいどういうつもりで、山田さんはこのコスチュームを選んだのでしょうか?

「え~だって、宴会に着ていくコスチュームだったら、可愛い系よりこっちのほうがウケるじゃないですか」当たり前のようにサラリとそう返してきた山田さん。なるほど、これで判りましたね。日本人と外国人のコスチューム選びの違いが……。

ずばり、『日本人はコスプレ=ウケ狙いに走りがち』……。

事実、ドン・キホーテの広報さんによるとドン・キホーテで人気の商品は、今ならサンシャイン池崎などの、旬の芸人のコスプレなんだそうです。(2018年3月時点)

いかがでしたか?コスチューム選びにおいては、日本人とイタリア人には大きな感覚の違いが存在するようです。大きく盛り上がる日本の宴会シーズン。外国人の同席する宴会でコスプレをする際の参考にしてくださいね!

ドン・キホーテ秋葉原
住所/東京都千代田区外神田4-3-3
電話番号/03-5298-5411
営業時間/2階~4階9:00~29:00 5階10:00~29:00 ※専門店は店舗ごとに異なります。
定休日/無休
URL/http://www.donki.com/

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索