HOME 東京・東京周辺 富士山 富士山 外国人はなぜ富士山に集まる? 体験者が語る、気になる目的をインタビュー!
外国人はなぜ富士山に集まる? 体験者が語る、気になる目的をインタビュー!

外国人はなぜ富士山に集まる? 体験者が語る、気になる目的をインタビュー!

公開日: 2020/03/02
更新日: 2020/03/19

ユネスコ世界文化遺産にも登録されている日本の富士山。そんな富士山周辺のレストランやレジャーランドは訪日外国人で溢れています。外国人はどうして富士山周辺を訪れるのでしょうか。今回は富士山周辺に行ったことがある外国人に「どんな目的だったのか?」「どういう結果だったのか?」をインタビューしてみました。

富士山周辺に行こうと思ったのはなぜ?

富士山周辺に行こうと思ったのはなぜ?

「2013年に富士山世界遺産に登録されたからだね。富士山だけじゃなく、周辺の神社や湖なども世界遺産に含まれると知り、行ってみたいと思ったんだ」(オーストラリア人男性)

「以前新幹線に乗ったとき、窓の外に見えた富士山がとても綺麗だったので、いつか行ってみたいと思っていたんです。左右対称の形と大きさがすごい魅力的ですよね」(アメリカ人女性)

「富士急ハイランドに子供を連れて行きたかったの」(イタリア人女性)

外国人が富士山周辺を訪れる代表的な理由として「世界遺産に登録されている富士山を一度、見てみたいと思ったから」があります。富士山の美しさは、海外にも広く知られているのですね。

しかし、なかには「富士山の絶景スポットと聞いていた場所で待機していたのに見ることができなかった」という声も。天候不順や誤情報など想定外のトラブルの可能性がありますので、事前にできるだけの準備をしておくことをおすすめします。

「ガイドブックに載っていた『新倉富士浅間神社』は五重塔と富士山を同時に見ることができて、本当によかった。紅葉の季節に行ったから、カメラ素人の僕でもきれいな写真がたくさん撮れたね。桜の季節も良さそうだし、夜の景色も綺麗だと思うよ。たどり着くまで階段がずっと続いていて登るのがつらかったけど、いい運動になったよ(笑)」(オーストラリア人男性)

「『忍野八海』はインターネットで調べていた通りのすごい景色でしたね。神聖な感じがしました。また、『富士山五合目』はやっぱり行くべきですね。その日は曇っていたので、下はほとんど見えなかったのですが、雲が広がっている景色も綺麗でした。時々、晴れて富士山の頂上を見られました。遠目で見ていた頂上がこんなに近くにあると思って嬉しかったです。その後は、五合目でも寒いのでお土産屋さんに入って楽しみました」(アメリカ人女性)

富士山周辺にはたくさんの絶景スポットがあります。特に外国人に人気の場所は今回、インタビューでオーストラリア人男性が回答している「新倉富士浅間神社」。こちらには五重塔があり、富士山と一度に眺望できるの大人気スポット。海外の有名なガイドブックの表紙にも使用された絶景が見られます。理想的な撮影スポットであり、桜の時期になると「これぞ日本!」という一枚を撮れるでしょう。

他にも湖面に映る逆さ富士が見られる河口湖は、数ある絶景スポットの中でも必見です。河口湖は秋になると紅葉の観光名所としても有名で、約60本の紅葉したもみじの木と富士山を一望できます。

富士山周辺に行ったことがある外国人おすすめの場所はここ!【子連れ旅】

富士山周辺に行ったことがある外国人おすすめの場所はここ!【子連れ旅】

「富士急ハイランドに行ったわ。入場するのに並んでいたら、スタッフが英語で園内MAPを持ってきてくれたの。すごく嬉しかった」(イタリア人女性)

「『忍野 しのびの里』は当初、子供のために行く予定だったけど、結果的に自分も忍者の格好をして楽しみました。手裏剣が意外と難しかったです。外国人観光客が多かったし、英語や中国語でメニューが書いてありましたよ」(アメリカ人女性)

レジャー施設が多数ある富士山周辺は子供連れでも楽しめるスポットがたくさんあります。遊園地やアスレチック、バーベキューも楽しめる「朝霧高原 もちや」。牛や羊、ヤギなどの動物と直接触れ合い、牧場でとれた新鮮な素材を使ってバターやチーズ作りが体験できる「まかいの牧場」。他にも「富士サファリパーク」や「富士花鳥園」などの施設があります。

最近では、訪日外国人向けに英語や中国語などの各種言語に対応したマップやメニューが用意されている施設も増えてきていますので、ストレスなく利用できるでしょう。日本に観光に来た最高の思い出作りのために、子供だけでなく、大人も一緒に富士山周辺で楽しんじゃいましょう。

富士山周辺には個人で行った?ツアーで行った?

富士山周辺には個人で行った?ツアーで行った?

「ツアーで行ったよ。ガイドブックに載っている有名なスポットにたくさん行けるからね。ガイドさんのお話も面白いし、次行くときもツアーにすると思うよ。でもツアーの種類がたくさんありすぎて、迷うんだよね」(オーストラリア人男性)

東京駅から直通バスで行ったわ。チケットデスクと運転手は英語が上手だったので快適。バスは満員だったから、予約しておいてよかった」(イタリア人女性)

「東京からツアーで行きました。バスでの移動だけでなくて、食事も含まれているし、いろんなところを回れるから本当によかったです。富士山と忍野八海は絶対行きたかったので」(アメリカ人女性)

今回、インタビューに回答してくれた外国人全員が直通バスやツアーで行ったと話していますね。やはりツアーは、有名な観光スポットを効率的に巡ることができるのが魅力なのでしょう。また外国人向けのツアーでは、外国語でやり取りできるガイドが同行する場合が多く、はじめての訪日でも安心して観光できます。最近では、英語以外に中国語や韓国語にも対応しているツアーもありますので、アジアの方も訪れやすくなっています。

富士山周辺でカルチャーショックを受けたことは?

富士山周辺でカルチャーショックを受けたことは?

「吉田うどんが有名だと聞いて食べたら、ものすごく硬い麺でびっくりしたよ。吸い込めないから、一生懸命に嚙んで食べたけれど。うどんっていろんな種類があるんだね。野菜と馬肉がのっていて、味が濃くて、くせになるね」(オーストラリア人男性)

「富士急ハイランドで、ジェットコースターに乗るためにすごく並んだわ。2分間の乗車のために1時間20分も待ったの。人気のアトラクションは朝一番に乗らないといけなかったみたい。もっと空いている日にまた行きたいわ」(イタリア人女性)

「河口湖で『かっぱめし』というものを食べました。ご飯の上にきゅうりなどの野菜がのっていて、とろろをかけて食べました。初めて見たから、どんな味がするのだろうと思ってドキドキしたけど、さっぱりして美味しかったです」(アメリカ人女性)

外国人が日本を訪れたときに感じるカルチャーショックの一つに食事があります。オーストラリア人男性が話すように吉田のうどんや、アメリカ人女性が食べたかっぱめしなどは代表的なものだといえるでしょう。吉田のうどんは日本人でも普段、食べ慣れていない人だと麺の硬さに驚くといわれており、外国人ならなおさらですよね。

他にも、レストランやレジャー施設のトイレが無料で使用できることに衝撃を受けたという声もあります。海外の一部の国では、トイレを使用するのに料金が発生しますので、日本の綺麗なトイレが無料で使用できることにびっくりするのだとか。

まとめ

富士山は登山だけでなく、周辺に大人も子供も楽しめる施設がたくさんあります。そのため、事前に行く場所をしっかり決めておかないと目標の施設をすべて巡れず、一日が終わってしまうこともあります。今回紹介した富士山周辺に行ったことがある外国人のインタビューを参考に、ぜひ、計画を立てて楽しい旅を過ごしてください!

Written by:

株式会社ダリコーポレーション 佐藤 祐(さとう ゆう)

株式会社ダリコーポレーション 佐藤 祐(さとう ゆう)

人事・労務・法務・キャリアジャンルなどの硬めのジャンルを中心に手がけているライター。コラム記事をメインに作成している。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索