HOME 新宿 餃子が0円で無限に食べ続けられる!「餃子処たちばな」
餃子が0円で無限に食べ続けられる!「餃子処たちばな」

餃子が0円で無限に食べ続けられる!「餃子処たちばな」

Update: 2017/10/11

新宿から電車で約9分。お手頃価格の美味しい居酒屋が立ち並ぶことで有名な高円寺。そんなお酒好きからアツい注目を集める街で、なんと餃子を0円で提供しているお店があるという。

高円寺から徒歩3分の高架下で発見!

高円寺から徒歩3分の高架下で発見!

高円寺駅北口から徒歩3分。さまざまな居酒屋が並ぶ高架下の飲み屋街の一角に、噂の餃子屋さん「餃子処 たちばな」がある。カウンター5席、テーブル席12席のこぢんまりとした店内は、なんとも居心地の良さそうな雰囲気。

週末は行列ができることもあるという人気のお店は、平日の早い時間が狙い目。 こちらの本店から歩いて5分程度の場所に、別店舗「パル商店街店」もある。パル店の方が席数が多いので、混雑時はそちらへ案内されることもあるのだとか。

餃子が0円は本当?

餃子が0円は本当?

お品書きには餃子5個250円との表記。「やはり0円は幻なのか...」と思ったら、きちんと「餃子処たちばなは0円餃子のお店です!」との説明書きが。

「ドリンク1杯につき、餃子1人前が無料になる」とのこと。

生ビールを頼むと、本当に餃子(5個)が0円でついてきた。しかも、円盤状に並べられた、きれいなパリパリの羽根つき鉄板餃子餃子が名物の普通の居酒屋さんだった同店で、話題になればとイベントで不定期に開催していた0円餃子。 それが次第に話題となり、お客さんからリクエストを受けている内に、不定期が月数回に、気がつけば毎日0円にしてしまっていたのだとか。

生ビールは480円。餃子単品で注文すると250円なので、実質生ビールが230円という、なんともお得な価格設定なのだ。

ドリンクは、もちろんビール以外でもOK!例えば、「グラスワイン」(420円) と「いちご酒」(550円) の組み合わせでも2人前の餃子が無料でついてくる。
コーラやウーロン茶といった350円のソフトドリンクでも、同じく1杯につき餃子1人前が0円でついてくるというから驚きだ!
ただしホッピーの場合だけ、中身2杯分 (250円×2) で餃子1人前が無料。ボトル (2,500円〜) は、餃子5人前までが無料になる。

豊富なお酒とこだわりの餡

豊富なお酒とこだわりの餡

お酒の種類はというと、ビールをはじめ、サワー、焼酎、果実酒、カクテル、ハイボール、紹興酒、日本酒、ワイン、ノンアルコールカクテルにソフトドリンクと、実にバラエティ豊かなメニュー常時を70種類以上そろえている。
ドリンクの一番人気はハイボール(600円)。梅や杏、りんご、みかんなど、11種類をそろえる果実酒も評判が良い。

毎日150人前を仕込むという同店の餃子。 0円だからこそ、量をたくさん食べてもらいたいと研究を重ねた自家製の餡は、ネギ・タマネギ・シイタケ・ニンニク・キャベツ・白菜・豚ひき肉を使用。

パリパリもちもちな皮は、もっちりとした仕上がりになるように、業者さんにお店オリジナルの粉の配合で特注しているのだそう。ニンニク感はさほど強くないあっさりした餃子だから、いくらでも食べられそうだ。

餃子以外のメニューも充実

餃子以外のメニューも充実

餃子は、必ずしもドリンクの追加オーダーと一緒じゃなくてもOK。 飲み物を先にお代わりして、テーブルの餃子がなくなったところで、追加する形でももちろん0円。ただし、焼き場が小さいので、混雑時はできるだけまとめてオーダーを。
餃子以外のものが食べたくなっても、ご安心を。 餃子が0円というだけでなく、食事メニューが豊富でお値打価格なのも同店が人気な理由のひとつ。 「韓国のり(梅肉添え)」(100円)を筆頭に、30種以上をそろえる食事メニューの7割以上がワンコインで注文できるのだ。

この日は「納豆のふわとろオムレツ」(500円)を注文。納豆を卵で包んで焼いたオムレツはメニュー名の通り、ふわふわでとろける!醤油ベースにマヨネーズトッピングのオムレツに、ますますお酒が進みます。
餃子が焼きあがるまで約10分かかることもあり、餃子が来るまでの間につまめるスピードメニューが充実。 人気は、塩・胡椒・醤油・砂糖で味付けした「手もみきゅうり」(350円)や、醤油で漬けた「半熟味付け煮卵」(120円)など。

好みの味付けを探してみよう!

好みの味付けを探してみよう!

各テーブルには、醤油とラー油、お酢が常備されているが、そのほかに柚子胡椒も用意。 もちろん全て無料なので、希望の方は店員さんに一声かけてみて。最近の流行りのタレはといえば、お酢と胡椒の組み合わせ。こちらも用意があるのでリクエストを!
別店舗のパル商店街店では、そのほかに「にんにくマヨ」や「にんにく醤油」、「生姜醤油」といった変わり種も用意しているとのこと。いろいろな組み合わせを試して、自分の好きな味付けを発見してみるといいだろう。

ちなみに、今までの最高は何皿かと尋ねたところ、男性一人でなんと17人前85個を食べた方がトップなのだそう。

餃子0円!餃子が無料で食べられるお店!!」まさにこの看板に偽りなし!
お通し代も席料も0円という、どこまでも良心的な同店。何皿食べても怒られることはないので、心ゆくまで餃子を堪能してみて!

営業時間:月〜木曜 18:00〜24:00、金・土曜 18:00~翌1:00
定休日:日曜

  • Tachibana
    • 住所 3-69-1, Koenjiminami, Suginami-ku, Tokyo, 166-0003

ライター:君島有紀

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする