HOME 新橋 【ハーフ芸人アントニーが検証】外国人と飲み屋ですぐ友達になれる方法を試してみたら・・・(コレは使える)
【ハーフ芸人アントニーが検証】外国人と飲み屋ですぐ友達になれる方法を試してみたら・・・(コレは使える)

【ハーフ芸人アントニーが検証】外国人と飲み屋ですぐ友達になれる方法を試してみたら・・・(コレは使える)

Update: 2017/08/03

日本人はシャイとよく言われますが、こと外国人に対しては、ものすご~くシャイですよね。
内心、外国人と仲良くなってみたい!という気持ちは持っていても、積極的にお近づきになれないという人は多いのではないでしょうか。

その大きな原因は、おそらくシャイということだけではなく「言葉が通じないこと」も大きな要素でしょう。しかし、「お喋りできない=コミュニケーションできない」は大きな誤解なのです!!言葉が無くたって、心が通じ合えばきっと分かり合えるはず。

海外からの旅行者数は増加傾向にあり、いまや年間2,400万人が訪れているわけで、今後、外国人と触れ合う機会はもっと増えていくはず。そんなときスマートにコミュニケーションをとれたらかっこいいとおもいませんか?

というわけで今回は、英語が苦手な人でも、海外から来た方とうまく仲良くなれる方法を検証しちゃいます!これさえ知っておけばもう怖くなんてない……はず!!

英語が喋れない人代表として、企画に挑んでいただくのは……
見た目が完全に外国人の、よしもと芸人・お笑いコンビ「マテンロウ」のアントニーさん!
彼はアメリカ人の父と日本人の母を持つハーフなのですが、英語は一切喋れないとのこと。

このルックスゆえ、外国人から英語で話しかけられることも多いそうなのですが、言葉がわからないため上手くコミュニケーションが取れずにガッカリされてしまうことが悩み。
元来社交的なアントニーさん。やっぱり日本人だけでなく外国人とも友達になりたいとは常々思っているようです。

そこで今回は、海外から来た方が多く集まる店で、LIVE JAPAN編集部が独自にリサーチした外国人と仲良くなる方法をアントニーさんが実践!
アントニーさん「今日は絶対に外国人の友達を作って帰るぞ!」と、超気合十分です!

この日は、新橋にあるアイリッシュパブ『Man in the Moon 東京新橋店』にお邪魔しました。
オーセンティックな外観やトラディショナルな内装が異国情緒をかき立てる、まさに本場の街角パブです!生ビールが14種類とカウンターに本物のサキソフォンタワーを初めズラリと並んだビールタワーは壮観!フレンドリーな外国人スタッフも常駐する楽しいお店です。

もちろん、外国人のお客さんも多く来店するとのこと。
アントニーさん、さっそく中に入って、仲良くなれそうな外国人を探してみることに!

アントニーさん、ハートランドビールを片手に店内を物色。
しかし、まだ早めの時間だったせいか、店内に外国人のお客さんはゼロ。ひとりポツンと店内を見回しながら飲み続けるだけのアントニーさん。少し寂しげ。

そこに救世主が現れました。『Man in the Moon東京新橋店』の店長、ディエゴさん!
「こんな僕でも外国人と仲良くできますかねぇ……」とすでに少し弱気なアントニーさんに「本人にソノ気があればまったく問題ない!」と力強いアドバイス!

さらに店長さんは続けます。
「こういう場所だから、みんな初対面だとかあんまり気にしない。『ハロー!』とか笑顔で挨拶すれば、ふつうに返してくれるよ。その後『ワッツユアネーム?』みたいに自然に会話を続けられれば、なお良しだね」
生粋の日本人感覚を持つアントニーさん、やはりそこが日本人と外国人の大きな違いだと感心していました。
「さすがアメリカ人!ぜんぜん僕と違う!日本人はやっぱりシャイなんですよね。その返答すら上手くできませんから……」

とはいえ、外国人も人によってはシャイな対応をすることはじゅうぶんにあり得るとか。
「テンションが高すぎると引かれちゃうこともあるので、そこは相手を見ながら臨機応変に」とのこと。
「え~……そんな使い分けはなかなか難しいかもしれないなぁ」
と、不安げなアントニーさん。
そこで、まずは練習編として別の店員さんとコミュニケーションをとってもらうことにしました!

外国人と仲良くなる方法 その1 「NICE TO MEET YOU!」と王道の挨拶で話しかけてみる

外国人と仲良くなる方法 その1 「NICE TO MEET YOU!」と王道の挨拶で話しかけてみる

まずは、カウンターでバーテンをしていた店員さんに、話しかけてみることに。
アントニーさん、「ハロー!ナイストゥーミチュー!」と、テンション高くフランクに、そして店長の教え通りすかさず「ワッツユアネーム?」と続けます。
すると……「マイネームイズ アンソニー!」と返事が!

「アンソニー!?マイネームイズ アントニー!」
なんと、名前が一文字違いと判明!これですっかり緊張が解けたアントニーさん。アンソニーさんと固い握手を交わします。アンソニーさん、店員だけあって日本語は比較的堪能。そして、ものすごくハイテンション!あまりにフレンドリーなので、アントニーさんからしきりに「チャラい!」と連発される始末。

「これだけチャラいなら、やっぱりモテるでしょ?」というアントニーさんのツッコミに「あ、僕、彼女いるんで」とサラリとかわすアンソニーさん。
なんと、横で一緒に働いている日本人の女の子とお付き合いしていることが発覚!
「店内恋愛じゃん!何それ、羨ましい!!」と、この後もひとしきり恋バナに花を咲かせていました。
ちなみに、アンソニーさんに会話の最初の入りはどうだったか尋ねたところ……
「僕にとっては最高だったよ!こういうのは好きなノリだね!」と絶賛!
練習としては最上級の合格点ではないでしょうか。

外国人と仲良くなる方法 その2 一杯おごってあげる

外国人と仲良くなる方法 その2 一杯おごってあげる

さて、ここからは本格的な実践に入ります!
アントニーさんはテラス席に陣取り、お酒を飲みながら待機。
店内を見回しつつ、お店に入ってきそうな外国人にも声をかける算段です。

するとそこに、外国人の女性が一人で通りかかりました。
すかさず話しかけるアントニーさん!何を口にするのかと思いきや……
「アイルバイユアドリンク(I’ll buy you a drink/一杯おごるよ!)」
って、その誘い方はナンパみたいですよ!(笑)
最初のうちは面食らった表情の彼女…。
そのまま日本語で「金ならあるんだ!この店の酒なんでも飲んでいい!」と、ちょっとゲスい大判振る舞いでグイグイ押してくるアントニーさんに、思わず爆笑。なんと、店内で一緒に飲むことをOKしてくれたのです!

アメリカから来日したという色白美人のジョセフィーンさん。
日本で働いているということもあり、日本語はかなり喋れるようでした。日本びいきのようで、オーダーしたのも梅酒ロックと外国人にしてはなかなか渋いチョイス。

ジョセフィーンさんに、先ほどの「一杯どう?」の誘い文句はどうだったか聞いてみると……「明るい口調だったし、楽しそうな雰囲気だった。そんなに悪い印象はなかった」とのこと。これは、いかにして下心がないかを伝えられるかがカギのような気がします。

乾杯した後、仲良く話し始める2人。なかなか良い雰囲気です。
しかし、ここで衝撃的な事実が……
「えっ!? 結婚するの?」
なんとジョセフィーンさん、11月に結婚し日本で挙式を行うのだとか!しかも何故か2次会はボウリング場に決定しているそう。
「お、おめでとう……」とちょっぴり悲しそうなアントニーさん。ジョセフィーンさんは「ぜひ来てください~!」とキラキラした笑顔で無邪気にアントニーさんを招待していました。

外国人と仲良くなる方法 その3 「カンパ~~イ♪」から入っていく

外国人と仲良くなる方法 その3 「カンパ~~イ♪」から入っていく

軽く傷心気分のアントニーさんでしたが、気を取り直して再開。
通りすがりに見つけた外国人女性に「チアーズ(カンパ~~イ)!」と声をかけました。
すると女性も「チアーズ!」と呼応。ノリよくテーブルに招き入れてくれました。

彼女はドイツ人のクリスティーナさん。なんと、以前『Man in the moon』で働いていたことがある元店員さん。この日は日本人の友達と一緒に遊びに来たそうです。英語も日本語も喋れるトリリンガルだとか。

「さっきの『チアーズ』、自然にできてましたかね……」と、少々不安げなアントニーさん。
テンション高すぎると引かれる可能性があるという店長さんのアドバイスが引っかかっていたようです。しかしクリスティーナさんからすれば、まったく問題ナシだった模様。
「ぜんぜんOKよ。乾杯すると、警戒心が薄くなって初対面でも仲良くなれるわよね」

もう一度、改めて3人で「チアーーズッ!」
そしてここで店内BGMがいきなりサッカーソングに変わりました。するとクリスティーナさん「フオオオオオオ!!!」といきなりのテンション爆上げ!
アントニーさんがサッカー選手の名前を連呼し始めると、さらにテンションアップ!「やっぱ、サッカーですわ。サッカーで世界は仲良くなれるんですわ!」
さすが国際的スポーツ……アントニーさんとクリスティーナさんの距離は本当に一気に縮まり、繰り返し店内に2人の「チアーズ!」の声が響いていました。

外国人と仲良くなる方法 その4 ボディタッチして一気に距離を縮めてみる

外国人と仲良くなる方法 その4 ボディタッチして一気に距離を縮めてみる

テラス席に近いテーブルに座っている外国人男性を発見したアントニーさん。
外国人にとっては自然な動作であるボディタッチをさり気なく発動。
背中から近づき、軽く肩に手を乗せて「ハロー!」と声を掛けました。

彼はイギリス人のキース・トマスさん。この日は会社帰りに日本人の同僚たちとこの店に立ち寄ったそうです。常連客なのかと思いきやこの日が初来店だったとか……。

アントニーさんの突然の登場にも、笑顔で対応してくれたものの、やはりこのボディタッチからのコミュニケーションは「ちょっと怖かった……」とのこと。
う~ん……やはり、初対面でのボディタッチはちょっとリスクがありそう。よっぽど大丈夫そうな人や、店のノリ・雰囲気などを考慮した上で行った方がよさそうですね。

外国人と仲良くなる方法 その5 「コンニチワ!」とあえて日本語で話しかける

外国人と仲良くなる方法 その5 「コンニチワ!」とあえて日本語で話しかける

続いて、新たに2人組の外国人を発見したアントニーさん。
英語を封印し、ここからは日本語でのみ会話をしてもらいます!「こんにちは!暑いですねー。どこから来たんですか?」
明るくフレンドリーな口調で話しかけたところ「?」という表情を浮かべる2人。どうやら2人とも日本語が一切わからない様子……これは困った!

しかし、ここで助け舟を出してくれたのがクリスティーナさん。
なんと、偶然にも2人ともクリスティーナさんと同じドイツ人だったのです!

クリスティーナさんの通訳によると、水色のTシャツの彼はケルンから来たマーティンさん。眼鏡の彼はベルリンから来たインゴさん。海外から旅行で来日したようです。
「ベルリン……ベルリンといえば……ベルリンの壁!」
アントニーさん、持っているドイツ知識をフルに稼働させたようですが、2人はノーリアクションでした(笑)

日本語ではどうにも埒が明かないので、互いに少しだけ理解できる英語で会話することに。
「アイムジャパニーズ!」ドイツ人にも鉄板ネタを繰り出すアントニーさん。
これには「リアリー!?」と驚きの表情の2人。
さらにアントニーさんが「ラングウィッジ ジャパニーズオンリー!」と追い打ちをかけると爆笑!一気に場が温まった「よろしくお願いしま~す!」と日本語で挨拶。
さっきは日本語にまったく無反応だった2人が、笑顔で「Yeah!!!!」と乾杯まで求めてくれました。

互いに母国語を使わない中でも、意外なほどの盛り上がりを見せるドイツ人と日本人。傍から見ていても、とても楽しそうでした!
いつの間にか生まれていた和気あいあいとした雰囲気に、「やっぱり通じ合うのは心。人間は、ハートとハートの繋がりなんですよ」と、アントニーさん名言発動。
感極まったような表情でキメてくれました。

今回の検証、突然のボディタッチには注意が必要だけど、結論『やり方はいろいろあるけど、とにかく気持ち次第で外国人とは仲良くなれる!』ということでいいのではないでしょうか!そう、やはり大切なのは心の持ちよう。仲良くしたいという想いが相手に伝わればOKなのです!

最後にアントニーさんからひとこと。

「本当にひとことですが……ウィーアーザワールド!世界はひとつ!」

ぜひ皆さんも、今回のやり方を参考に外国人のお友達を作ってみてくださいね!

撮影協力

Man in the Moon 東京新橋
03-6435-7172
東京都港区新橋3丁目15番4号 TKK第2新橋ビル1階
月~土 15:00~翌4:00 日・祝 15:00~24:00

Written by:

もちづき千代子

もちづき千代子

1979年生まれの熟女ライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像技術者・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーとして活動を始める。好きな食べ物はプリン体を含む食べもの全般。卵の黄身だけは世の中で唯一食べられない。ツイッターは@kyan__tamaで探してみるべし。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする