HOME 関西 大阪 梅田・大阪駅・北新地 JR西日本の「関西ワイドエリアパス」なら、訪日旅行客の広域な旅行が超お得に!
JR西日本の「関西ワイドエリアパス」なら、訪日旅行客の広域な旅行が超お得に!

JR西日本の「関西ワイドエリアパス」なら、訪日旅行客の広域な旅行が超お得に!

公開日: 2020/02/12
更新日: 2020/03/17

JR西日本が発行している「JRウエストレールパス(関西ワイドエリアパス)」をご存知ですか? 外国人旅行客向けのお得な割引チケットで、関西だけでなく山陽・山陰や北陸など広域エリアで、一部の山陽新幹線や特急列車などが乗り放題になるんです。1枚でぐるりと周遊できる便利な「JRウエストレールパス」をご紹介します。

目次
  1. 「JRウエストレールパス」ってどんなチケット?
  2. パスを使ってどこまで行ける? アクセスできる観光地をチェック!
  3. パスを使うと、どのくらいお得になるの?
  4. パスはどうやって購入できるの?

「JRウエストレールパス」ってどんなチケット?

「JRウエストレールパス」ってどんなチケット?

「JRウエストレールパス」は、JR西日本が発行する訪日外国人旅行者向けの乗り放題パス。「JRウエストレールパス」のチケットの種類は全部で9種類。それぞれ山陽・山陰や北陸などのエリアを対象としています。

そのひとつ、「関西ワイドエリアパス」は乗り放題できるエリアが広いのが魅力。関西空港から、関西の各地域、岡山・倉敷までカバーしているのです。

対象の列車は、JR西日本が運行する「山陽新幹線」(新大阪〜岡山のみ)の自由席、特急列車「はるか」「くろしお」「サンダーバード」「こうのとり」などの自由席、快速列車JR西日本の在来線の普通列車などです。まずはパスを使って行けるエリアの見どころをチェックしてみると良いでしょう。

今回は、「JRウエストレールパス」のなかから、関西から岡山への旅行に便利な「関西ワイドエリアパス」を詳しくご紹介します。

パスを使ってどこまで行ける? アクセスできる観光地をチェック!

パスを使ってどこまで行ける? アクセスできる観光地をチェック!
倉敷美観地区 Sanga Park / Shutterstock.com
瀬戸大橋

「関西ワイドエリアパス」は、関西国際空港をはじめとする大阪、京都、神戸奈良姫路、滋賀、岡山、倉敷、和歌山白浜城崎温泉、高松まで行くことができます。

関西から少し足を伸ばし、白壁の蔵屋敷に柳並木といったレトロモダンな景観が魅力の岡山県「倉敷美観地区」や、本州〜四国間のいくつもの島々を結ぶ「瀬戸大橋」など、岡山の観光名所を巡りたい方にぴったりです。

ただし、これらのパスでは、新大阪〜京都を走る東海道新幹線は利用できないのでご注意を。パスを利用して新大阪〜京都を移動する場合は、JR京都線の利用が便利です。

また、「関西ワイドエリアパス」の対象エリア内に含まれる「駅リンくん」というレンタサイクルも使い放題。旅の目的にあわせて、さまざまな交通手段が利用できるのはうれしいポイントです。

パスを使うと、どのくらいお得になるの?

パスを使うと、どのくらいお得になるの?

パスを利用すると、実際どのくらいお得になるのか比較してみましょう。

パスを利用しない場合、山陽新幹線で新大阪駅〜岡山駅は往復11,220円に対し、「関西ワイドエリアパス」は5日間乗り放題で9,200円(※日本国外で購入の場合)。たとえ一往復しかしなくてもパスを使った方が断然お得です。さらに5日間乗り放題ということを考えると、大幅にコストを抑えて広域エリアを回れます。

パスはどうやって購入できるの?

「JRウエストレールパス」は、外国政府が発行したパスポートを有し「短期滞在」として日本に滞在する旅行者のみが購入できます。

購入方法は3通りあり、「旅行会社で手配する」「インターネットで自ら手配する」「JRの発売駅で直接購入する」から選べます。なお、日本国外で購入する場合と日本国内で購入する場合によって購入方法や金額が異なります。以下を参考に、最適な購入方法を見つけてくださいね。

A.日本国外で購入(海外の旅行代理店)
12歳以上9,200円、6~11歳4,600円
1.各国の販売場所で、交換注文(MCO:Miscellaneous Charges OrderまたはE-TICKET)を購入する。
https://www.westjr.co.jp/global/en/ticket/pass/shop/
2.日本に到着したら、MCOまたはE-TICKET交換場所でパスを交換する。
https://www.westjr.co.jp/global/en/ticket/pass/shop/pdf/JRW_EN.PDF
3.こちらの手順で、E-TICKETを受け取る。
https://www.westjr.co.jp/global/en/howto/guide/emco.pdf

※交換できなかったMCOまたはE-TICKETは、パスを最初に購入した海外の旅行代理店で払い戻しも可能(別途手数料が必要)。

B.日本国内外で購入(JR西日本オンライン予約)
12歳以上10,000円、6~11歳5,000円
1.JR西日本オンライン予約で予約する。
https://www.westjr.co.jp/global/en/ticket/pass/kansai_wide/#prices
2.日本に到着後、駅の券売機または駅の窓口でパスを受け取る。受け取りには以下の2点が必要なので用意しておく。

赤丸のマークがついた券売機を利用してください。

(1)予約情報
https://www.westjr.co.jp/global/en/howto/train-reservation/receive/
(2)パスポート
券売機からパスを受け取る場合は、ICチップ付きのパスポートが必要。ICチップを備えたパスポートのない旅行者は、チケットカウンターからパスを受け取ってください。
※受け取り可能な駅はこちらをチェック
https://www.westjr.co.jp/global/en/ticket/pass/shop/pdf/OTR_EN.PDF
3.駅で受け取る場合は、現金またはクレジットカードでパスの代金を支払う。

C.日本国内で購入(JR西日本駅:チケットカウンター)
12歳以上10,200円、6~11歳5,100円
1.日本に入国後、申請書に必要な詳細を記入する。
2.申請書とパスポートをチケットカウンターで提示する。
https://www.westjr.co.jp/global/en/ticket/pass/shop/pdf/JRW_EN.PDF
3.現金またはクレジットカードでパスを購入する。

※JR西日本の主要駅およびオンライン予約でのご購入は、滞在中1人あたり1商品につき1回・1枚限りの発売となります。

いかがでしたか? お得で便利な「JRウエストレールパス」を利用すると、旅のプランが一気に広がります。もちろん、関西エリアだけでも魅力的な観光スポットは盛りだくさんですが、この便利なパスを使って、日本旅行をもっともっと有意義に楽しみましょう。「JRウエストレールパス」は、岡山・広島の他にも広域エリアパスがあるので、JR西日本公式サイトでチェックしてみてくださいね。

Text by:株式会社ウエストプラン

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索