HOME 関西 大阪 新世界・天王寺・鶴橋 衝撃の「天ぷらのせ放題ランチ」が800円!だけどペロリと食べられるウマさ@大阪
衝撃の「天ぷらのせ放題ランチ」が800円!だけどペロリと食べられるウマさ@大阪

衝撃の「天ぷらのせ放題ランチ」が800円!だけどペロリと食べられるウマさ@大阪

公開日: 2020/02/06
更新日: 2020/02/18

大阪には、安くておいしいグルメスポットがたくさんあります。そのうえ、質も量も満足させてくれるのです。大阪グルメといえば、たこ焼きお好み焼きが有名ですが、今回は、揚げたての天ぷらを自分でのせ放題にできる、メガ盛りグルメを紹介します。

訪れたのは「てつたろう梅田中崎町店」。大阪駅から徒歩圏内なので、街ブラ散歩しながら、おなかをすかせて向かいましょう。

「てつたろう梅田中崎町店」、店先にたくさん並ぶ提灯目指してGO!

「てつたろう梅田中崎町店」、店先にたくさん並ぶ提灯目指してGO!

JR京都線の高架沿いを北の方向に進むと、中崎町界隈です。古着屋やおしゃれな飲食店が立ち並び、最近若い人たちの間で話題のエリアです。

そんな中崎町を大阪駅から15分ほど歩くと、店頭に提灯がたくさん下がっているお店が見えてきます。「てつたろう梅田中崎町店」。夜は海鮮居酒屋ですが、お昼には天丼ランチ「食べたい天ぷらのせ放題」を提供しているお店です。

日本の居酒屋の雰囲気も楽しめる

日本の居酒屋の雰囲気も楽しめる

広々とした店内にも提灯がたくさん吊ってあって、日本の居酒屋を楽しめる雰囲気がただよっています。奥には座敷もあるので、大人数でも来店できそうです。最近は外国人観光客、特にアジア系の方が多くいらっしゃるそうです。

欲張らず、でも豪快にのせよう

欲張らず、でも豪快にのせよう

では、お待ちかね! まずはレジで注文し、支払いを済ませます。お目当てはもちろん、「食べたい天ぷらのせ放題 天丼ランチ」。なんと800円(税込)という安さ!

海老や穴子はそれぞれプラス100円でつけることができます。ごはんは、大・中・小から選びます。注文の仕方の看板に明記しているとおり、「食べ残しのないよう」、ごはんの量も天ぷらの数も、その日のおなか具合と相談して決めましょう。

本日は「大」でしっかり目にいただきます。硬めに炊いた国産白米の上に天つゆをかけてもらったあと、さつまいも、淡路島玉ねぎ、エリンギなどずらりと並ぶ15種類の天ぷらを自分でのせていきます。1種類につき最大3個まで。一番人気の「半熟玉子」は1個限定です。旬の食材や魚介は、さすが海鮮居酒屋だけあって、厳選されています。

この日の魚介は、ししゃも、いか、わかさぎが登場。春にはハモが、秋にはさんまが出ることもあるそうです。大阪らしい食材、たこ焼きや紅ショウガが並ぶことも。

おいしい、楽しい、仕掛けがいっぱい

おいしい、楽しい、仕掛けがいっぱい

15種類プラス海老と穴子、全部のせてみました! 海老と穴子はレジで注文後揚げてくれるので、揚げたてを別皿で席まで持ってきてくれます。赤だしと漬物、お茶、調味料各種もついてきます。

器からはみ出るほどのてんこ盛り。こんな天丼、見たことがありますか?

これだけのせても、女性でもペロリと食べてしまうそうです。それは、油っぽさをできる限り感じさせないような工夫がされているからです。

まず、衣は薄めにつけ、揚げ油は、ごま油二種とキャノーラ油をオリジナルブレンドしています。さらに、食材に油が吸収しにくい調理器具を使用しているそうです。

この器具を使用すると、揚げ油の量は少なくて済み、また揚げ時間も短縮するのだとか。その結果、通常の揚げもの用器具より、油の吸収率が約50%減少するそうです!

最後まで飽きさせない、調味料の多さもポイント

最後まで飽きさせない、調味料の多さもポイント

天ぷらの種類だけではなく、調味料の種類が多いのもうれしいポイントです。ウスターソース、マヨネーズ、抹茶塩、カレー塩。ウスターソースをかけるとこってり濃厚に。抹茶塩やカレー塩は素材の味を活かしたいときに。まろやかさを欲したらマヨネーズと、自在な組み合わせが楽しめます。

そして、日によって変わる“つけだれ”。この日はカレーソースでした。そのほか、大根おろしの入ったみぞれあんかけやトマトソース、デミグラスソース、卵あんかけソースなどがあるそうです。

天ぷらの種類が多いのも、調味料の種類が多いのも、お客様に「楽しんでもらいたいから」とのこと。何度来ても飽きることなく、最後までおいしく食べてもらいたい、わくわくしてもらいたいという思いが伝わってきます。

さっそく実食!

さっそく実食!

さくさくっと、とても軽い食感で、どんどん食べ進められます。海老や穴子は身がぷりっと締まっています。さつまいもやレンコンなどの野菜は、素材のシャキッとした食感もおいしい。食べ進めていくと、真ん中に鎮座する、一番人気の「半熟玉子」が出てきました。

真ん中を箸で割ると、とろりと黄身が出てきて、食欲がさらに増します! 

黄身の半熟部分を天ぷらにつけてもよし、ごはんにまとわせてもよし! もちろん、玉子そのものをパクリと食べてもよし。玉子を包み込む薄い衣がかりっとした食感で、弾力のある白身ととろりとした濃厚な黄身とのコントラストがおいしさを助長します。

天ぷらが少なくなってきたので、カレーソースをごはんにもかけてみます。ぴりりとスパイシーな本格的なカレーです。天ぷらをすべて食べ終わったあとに、“カレー丼”にして楽しむ人も多いのだとか。


今後は、「ますますお客様に喜んで、楽しんでもらえるような、インパクトのある食材も提供していけたら」、と話してくれた店長さん。今でも満足度の高い天ぷらランチですが、これからも進化していく予感がします。大阪に来たら、一度は体験してみてください。

  • 旬菜鮮魚てつたろう梅田中崎町店
    • 住所 〒530-0015 大阪市北区中崎西3-3-15JR高架下36号
    • 電話 06-4802-0303
    • 営業時間:ランチ11:30~14:30(14:00LO)、ディナー17:00~24:00(23:30LO)
      料金:天丼ランチ食べたい天ぷらのせ放題 800円(税込み)~
      定休日:不定休

Text by:株式会社ウエストプラン

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索