HOME 関西 大阪 難波・道頓堀・心斎橋 リーズナブルなお店から路地裏の名店まで…大阪・道頓堀の絶品“寿司店”3選
リーズナブルなお店から路地裏の名店まで…大阪・道頓堀の絶品“寿司店”3選

リーズナブルなお店から路地裏の名店まで…大阪・道頓堀の絶品“寿司店”3選

公開日: 2019/11/04
更新日: 2020/10/30

大阪を代表する繁華街であり、屈指のグルメスポットとしても知られる道頓堀。外国人旅行客も多数訪れるこの街には、新鮮な魚介を使った日本ならではの寿司を味わえる名店があります。

今回は道頓堀をよく知る大阪在住の編集者が、外国人にお勧めの寿司店を厳選してご紹介。路地裏に佇む老舗の名店から、メインストリートで営む回転寿司店まで、気になるお店をチェックして、くいだおれの街・大阪をとことん味わいましょう。

これぞエンタメ!回転寿司の元祖
「元禄寿司 道頓堀店」

これぞエンタメ!回転寿司の元祖
「元禄寿司 道頓堀店」
昼夜賑わう道頓堀のメインストリートに立つ

道頓堀のメインストリートで目を引く、巨大な握り寿司の看板。こちらは回転寿司の元祖である「元禄寿司」の道頓堀店です。座席の目の前に設けられたレーンの上を、おいしそうな寿司がクルクルと回っていく回転寿司は、いわば日本発の食のエンターテイメント。今や日本の食文化のひとつとして、世界各国でも人気を集めています。

レーンに乗っておいしそうな回転寿司が次々登場

レーンを回ってくるお寿司は、赤色のお皿が135円(税込)、黄色のお皿が216円(税込)という明朗会計。マグロやサーモンをはじめ80種以上のネタを、リーズナブルに味わうことができます。

多彩なネタのなかでも外国人旅行客に人気のエビは、赤エビや甘エビのほか、炙ったりひと手間加えたお寿司も好評。また大エビやサーモンの炙り寿司は、チーズやマヨネーズをかけて表面を香ばしく炙ることで、食欲をそそる一品に仕上げています。

炙り大海老マヨネーズ135円(税込)
赤海老、マグロ、トロサーモン、海老。すべて1皿135円(税込)
生サーモン、ほたて貝柱。こちらは1皿216円(税込)

メニューに載っているお寿司がレーンに回っていないときは、カウンターに立つ板前さんに声をかけましょう。ネタが売切れなどでなければ、好みのネタをその場ですぐに握ってくれ、ワサビ抜きなどの注文にも応えてくれます。また「寿司屋のみそ汁」や茶碗蒸しなどのサイドメニュー、ビールなどのドリンクもあるので、ぜひ気軽に注文してください。

好みの寿司を1皿から注文できる
  • 元禄寿司 道頓堀店
    • 住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-6-9
    • 電話 06-6211-8414
    • 営業時間:11:15~22:30 (土・日曜、祝日は10:45~22:45)
      定休日:無休

風情溢れる石畳の横丁に佇む名店「法善寺横丁 誠太郎」

風情溢れる石畳の横丁に佇む名店「法善寺横丁 誠太郎」
法善寺横丁の入り口は赤提灯が目印
石畳の横丁で長年営んでいる老舗です

賑やかな道頓堀の一角にありながら、しっとりとした和の情緒を感じる法善寺横丁。Osaka Mtroなんば駅から歩いてすぐのところにあるこの横丁は、水掛不動で有名な法善寺を中心とした石畳みの道沿いに、老舗料亭や名店が軒を並べるグルメスポットです。

そんな法善寺横丁に立つ「誠太郎」は、創業60余年の老舗寿司店。亭主が立つカウンターのケースには、全国各地から季節ごとに厳選して仕入れた食材がずらりと並びます。これだけ上質な食材を揃えられるのは、独自ルートの仕入れがあればこそ。実は亭主の父である先代が、大阪の台所として有名な黒門市場で魚屋を営んでいたことから、長年の繋がりと信頼による仕入れが可能なのだそうです。

カウンターにはその日おすすめの食材が並ぶ
脂がのったマグロのカマなど、希少なネタも随時登場

メニューは基本、亭主が吟味を重ねた「おまかせコース」のみ。お寿司だけのコースは8,500円(税込)、お寿司に割烹仕込みの海鮮料理をプラスしたコースは1万円(税込)から注文できます。内容は仕入れによって変わりますが、この日のコースのスタートを飾った海鮮の一品料理は、キャビアを添えた富山産の白エビ。甘みのある白エビに、キャビアのほどよい塩気が好アクセントです。

続いて登場したのは蟹味噌、イクラ、北海道&淡路島産ウニの握り寿司。こちらは素材の旨みを最大限に味わうため、醤油をつけずにいただきます。鮮度抜群の上質なネタと、その味わいを引き出す職人技は、実にお見事!

富山産の白エビなど一品料理など、寿司以外の料理も絶品です
どの寿司も、亭主が自信を持って勧める厳選ネタばかり

おまかせコースの料理は全品が一度に出てくるのではなく、握りたての寿司がその都度運ばれてくるスタイル。間に一品料理をはさみながら、次はどんな寿司が登場するのだろうとワクワクしながら待つのも、この上ない楽しみです。また、老舗寿司店だけに敷居が高いかといえば決してそうではなく、寿司を愛する粋な亭主がこころよく迎えてくれるのでご安心を。

カウンター席は、亭主や板前さんと語らいながらいただけます
  • 法善寺横丁 誠太郎
    • 住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-11
    • 電話 06-6213-3174
    • 営業時間:16:00〜22:30
      定休日:不定休

生簀に泳ぐ活魚が味わえる「夢ぼうず」

生簀に泳ぐ活魚が味わえる「夢ぼうず」
道頓堀のメインストリートから入った商店街にあります
この日の生簀には、旬のカワハギやアコウが泳いでいました

道頓堀の相生橋筋商店街に立つ海鮮料理店「夢ぼうず」。軒先の生簀に目をやると、活きのいい魚がたくさん泳いでいます。ピチピチ跳ねる新鮮な車エビをはじめ、フグやクエなど季節ごとに旬の魚介が勢揃い。時には生簀を見た外国人旅行客が、「この魚を食べてみたい!」と来することもあるそうですが、そんなリクエストにも気さくに応じてくれるのが人気のポイントです。

店内に入ると、1階のカウンター席には新鮮な魚介や野菜が並んでおり、こちらも気になる食材を選んで注文可能。また2階には、大人数でも寛げる座敷やテーブル席も備えています。

生本マグロやウニなど、カウンターにも食材がいっぱい
1階はカウンター席のみ

鮮度抜群の魚介を使った握り寿司は、1貫140円(税込)から注文できます。しかも生本マグロの赤身は200円(税込)、大トロは350円(税込)と、とってもリーズナブル!穴子を一本丸ごと使った豪快な寿司も、490円(税込)で味わえるというから驚きです。大阪の中央卸売市場や、全国の漁港から産直で仕入れた自慢のネタを、心ゆくまでたっぷり味わいましょう。

握り寿司は1貫ずつ注文。迷ったときは「おまかせ」もOK

夢ぼうずでの食の楽しみは、お寿司だけに限りません。メニューにはお造りから揚げものまで多彩な海鮮料理が並び、冬には「フグのてっちりコース」5,800円〜(税込)なども登場します。また、たとえば生簀で泳ぐキンキやノドグロなどの活魚を、煮付けや塩焼きなど好みの調理法で注文することも可能。

なかでも外国人旅行客に人気の車エビは、1尾780円〜(税込)で造りや握り寿司などで味わうことができます。海鮮料理によく合う日本酒も、獺祭をはじめ多数の銘柄を取り揃えているので、ぜひ料理と合わせてお楽しみください。

「ガシラ(カサゴ)の煮付け」1,980円〜(税込)
日本酒は竹筒で供する風流なスタイル
  • 夢ぼうず
    • 住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-3-13
    • 電話 06-6214-3838
    • 営業時間:平日17:00~翌1:00(土・日曜、祝日は10:00~23:00)
      定休日:水曜

Text by:有限会社コピーズ

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索