HOME 北海道 北海道 札幌・千歳 高級な“夕張メロン”が食べ放題!限定ランチビュッフェに行ってみたら想像以上だった…
高級な“夕張メロン”が食べ放題!限定ランチビュッフェに行ってみたら想像以上だった…

高級な“夕張メロン”が食べ放題!限定ランチビュッフェに行ってみたら想像以上だった…

公開日: 2020/09/08
更新日: 2020/10/07

北海道旅行で味わうべきグルメの一つが、甘くてジューシーな夕張メロン! このメロンの産地である夕張市では、とても短い期間限定で夕張メロンの食べ放題を開催しています。「まだ一度も夕張メロンを食べたことがない」「高級品でなかなか手が出ないけれど、思う存分食べてみたい!」という方必見の、ビュッフェをレポートします。

※2020年のランチビュッフェは終了しました。ぜひ来年足を運んでくださいね。

目次
  1. 超高級!夕張メロンが人気を集める理由
  2. 国内で、しかも限られた期間にしか食べられない理由
  3. 旬の夕張メロンが食べ放題!「めろんのテラス」で贅沢ランチビュッフェ
  4. めろんのテラスではコロナ対策も徹底
  5. 夕張ならではのおみやげも見逃せない!

超高級!夕張メロンが人気を集める理由

超高級!夕張メロンが人気を集める理由

「夕張メロン」は北海道・夕張市の特産品。日本を代表する高級ブランドメロンとして知られ、お世話になった方などへの夏ギフトとして定番のフルーツでもあります。例年5月になると札幌の市場で初競りが行われますが、近年は2玉100万円以上の高値で落札されています。2019年には、過去最高額の2玉500万円で落札されました。

夕張メロンは、おいしさや見た目の美しさでランクが決められ、価格もそれに応じて変わります。流通価格の目安としては、1玉4,000円〜6,000円ほど。初競りの価格よりは購入しやすいですが、それでもやはり一般的なメロンよりは高価です。

値のはる夕張メロンがこれほどまでに支持される理由は、やはり味わいにあります。糖度の高さはもちろんのこと、独特のとろけるような食感、また、豊かな甘い香りは夕張メロンならではといえます。

国内で、しかも限られた期間にしか食べられない理由

国内で、しかも限られた期間にしか食べられない理由

夕張メロンは、日本国内でしか流通していません。それにはいくつかの理由があります。

まず、赤肉メロンが夕張メロンであると誤解されることが多いのですが、夕張メロンは夕張市の夕張メロン農家にしか生産が許されません。産地と生産者が厳しく限定されている上に、夕張メロンは収穫から完熟までの日数が非常に短いという特徴があり、長期間の輸送には適していないため、日本でしか食べることができないのです。

また、夕張メロンを楽しめる時期も、5月下旬〜8月上旬の限られた期間のみになります。これは、1年に1度しか生産を行っていないから。収穫が終わると、生産者は次のシーズンまで畑を休ませ、地力を蓄えます。非効率に見えますが、これこそが、長年質の高い夕張メロンを育み続けることができている理由なのです。

夕張メロンは、夏しか食べられない、「日本の特別な味」。だからこそ、夏の旅行中に味わっておきたいものです。

旬の夕張メロンが食べ放題!「めろんのテラス」で贅沢ランチビュッフェ

旬の夕張メロンが食べ放題!「めろんのテラス」で贅沢ランチビュッフェ

夕張市内では、夕張メロンの収穫時期である夏季に、夕張メロンの食べ放題が行われています。高級な夕張メロンをお手頃価格でお腹いっぱい食べられるまたとないチャンスです!

今回訪れたのは、夕張市農協銘産センターの2階にある「めろんのテラス」。ここでは、夏に期間限定でランチビュッフェが行われており、ビュッフェは夕張メロンの食べ放題つきです! 1名につき税込3,000円(中学生以上の料金)で楽しむことができます。(※2020年度の価格。2021年度以降はあらためてご確認ください)

札幌市中心部から車で約1時間30分も走ると、めろんのテラスに到着します。施設の出入り口はとてもユニーク! 獰猛な顔つきのキャラクター「メロン熊」の顔になっていて、開いた口をくぐって出入りできるようになっています。階段を上がると2階にビュッフェの受付があるので、店のスタッフに人数を伝えましょう。席は、店内とテラスに設けられていて、いずれかを選ぶことができます。天気がいい日なら、テラス席の利用がおすすめです。

ビュッフェテーブルの中でも一際目を引くのは、やはり夕張メロン! 料理用の大きなバット1つに、20カットほどのメロンが並びます。果物を冷やさずに食べる国の人には意外かもしれませんが、暑いときに食べる冷えた果物は格別。来店客は、みずみずしいメロンにまっしぐら! 

何よりも先にメロンを皿に取って席へ持っていく人や、何度もリピートする人など、皆ここぞとばかりに夕張メロンを堪能します。でも、周囲の勢いに押されて焦らなくても大丈夫。メロンはスタッフが随時補充するので、急がずに、ゆっくりと味わいましょう。

夕張メロンをスプーンですくい、口の中へ運ぶと芳醇な香りがより一層広がります。さらに、水分を多く含んだジューシーな果肉が、舌の上で溶けていくかのような感覚も楽しめます!

メロンの他にも20品ほどの料理が並びます。洋食は冷製パスタカレー和食はそばや天ぷらなどがあり、多彩な味を楽しめます。サラダバーのレタスやトマト、茹でたブロッコリーなどは北海道産の新鮮野菜です。おすすめは、日替わりの肉料理と北海道名物の「ザンギ」です。

料理もとてもおいしいので、あれもこれも食べてみたくなることでしょう。どうぞ、お腹が許す限り、味わってください!

ちなみに日本のビュッフェでは、皿に取った料理は残さず食べるのがマナーです。お料理も残り少なくなると補充されますので、自分が食べ切れる分だけを取り、もっと食べたくなったら追加するようにして、できるだけ残さないように気をつけましょう。

北海道民のソウルフード「ザンギ」

めろんのテラスではコロナ対策も徹底

めろんのテラスではコロナ対策も徹底

めろんのテラスでは、新型コロナウイルス感染対策に取り組んでいます。料理を取るトングに直接手が触れないよう、利用者にはビニール手袋の着用をお願いしています。

また、周囲との距離を保てるように床に目印がつけられていたり、混雑回避のためにビュッフェテーブルを回る順路が決められたりしています。屋内の席は、テーブルごとに大きなビニールで仕切られています。自分も周りも安心して食事を楽しめるように、訪れたときは決められたルールを守りましょう。

夕張ならではのおみやげも見逃せない!

夕張ならではのおみやげも見逃せない!

めろんのテラスで料理をお腹いっぱい堪能したら、ぜひ1階のショップへ。夕張メロンの直売を行っていて、日によっては特売品のメロンがあることも。店の奥では、冷やしたカットメロンも販売しています。

メロン熊グッズも人気のおみやげ。店内の一角にはTシャツやトートバッグなど、さまざまな商品がずらり。リアルで怖いメロン熊もあれば、かわいくデフォルメされたメロン熊もあります。

このほか、お菓子やジュース、アイスクリームなども販売しています。ドライブ中に味わうも良し、宿泊先へ戻ってからじっくり味わうも良し! 夕張メロンそのものを持って帰国することはできませんが、夕張メロンの果肉や果汁を使って作られたお菓子などをおみやげに持ち帰ると、家族や友人と一緒に夕張メロンの味わいを楽しむことができるでしょう。

ビュッフェでは、さまざまな料理と夕張メロンを好きなだけ味わえる、とても贅沢な時間を過ごすことができます。夏の旅行を考えている方は、夕張メロンの産地だからこそ実現できる夕張メロンの食べ放題を、ぜひプランに組み入れてはどうでしょうか。

なお、めろんのテラスの令和2年度の営業は、8/16で終了しています。来年度以降など、開催期間外のお問い合わせは、株式会社ネクスト夕張ハルクスへお問い合わせください。

  • 夕張市農協銘産センター
    • 住所 〒068-0756 北海道夕張市滝ノ上132
    • 電話番号:0123-58-2520(めろんのテラス店舗直通、営業期間中のみ開設)、0123-57-7651(株式会社ネクスト夕張ハルクス、10名以上の団体予約はこちら)
      営業時間:11:00〜16:00(最終入場15:00)
      料金:ランチビュッフェ(夕張メロン食べ放題込)(60分)
      大人(中学生以上)3,000円(税込)
      小学生2,100円(税込)
      3歳から6歳まで1,000円(税込)
      2歳以下無料
      席数:120席(30テーブル)※団体(15名以上)は要予約
      定休日:営業期間中は無休

Text by:みんなのことば舎
※本記事の情報は2020年8月時点のものです。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索