HOME 北海道 北海道 札幌・千歳 北海道の新鮮魚介・野菜・フルーツが集結!札幌市中央卸売市場「場外市場」徹底紹介
北海道の新鮮魚介・野菜・フルーツが集結!札幌市中央卸売市場「場外市場」徹底紹介

北海道の新鮮魚介・野菜・フルーツが集結!札幌市中央卸売市場「場外市場」徹底紹介

公開日: 2018/12/11
更新日: 2019/03/05

「北海道の台所」と称される札幌市中央卸売市場。北海道を取り囲む豊かな漁場から集まる、鮭をはじめ、ニシンやサンマ、ホッケなどの北の魚介が取引される。また、ジャガイモなどの野菜、メロンなどの果物もこの市場から各地に出荷される。

この卸売市場に隣接するのが場外市場。中央卸売市場は一般の人は入ることはできないが、場外市場は誰でも買い物ができる場所。卸売市場から直送の魚介や野菜の販売、食事処など、約60店舗が軒を連ね、買い物や食事が楽しめる。

札幌から地下鉄で場外市場へ

場外市場へはJRを利用して桑園駅から行くルートと、地下鉄東西線で二十四軒駅から行くルートがある。二十四軒駅からの方が歩く距離は短い。
地下鉄の大通駅からは東西線で5駅、わずか9分で二十四軒駅に到着。5番出口から徒歩7分で場外市場入口に着く。市場周辺は、荷物を運ぶターレットという小回りのきく小型運搬車が走っている。

場外市場に荷物を運搬するターレット

いよいよ場外市場のメインストリートへ

場外市場は10ブロック分かれ、道の両側に店が並んでいる。路面の店だけではなく、奥のほうにも店があるので、路地を入って見て歩こう。入口右側にある「北のグルメ亭」は海鮮丼が食べられる食堂を併設した店舗。店頭にはカニが並び、観光客が集まり活気がある。左側を見上げると、場外市場の大きな看板が目を引く。

商店や食堂が並ぶ路地

ずらりと並ぶカニや魚は圧巻!

その先、カニの専門店やホッケの干物、新巻鮭などを扱う魚介の店が続き、3ブロック目の右側には道産メロンが並ぶ「藤本青果」がある。カニは茹でてあるものを購入して、その場で食べることもできるし、時間があれば水槽の活カニを茹でてもらって味わうことも。市場価格なのでお手頃だ。
十字路を越えると駐車場とトイレやコインロッカー、飲食店が並ぶ食堂などがある。

活毛ガニやタラバガニはグラム売り。タラバ1パイ13000円前後〜、毛ガニは3000円〜。重さにより値段は変わる

朝早めに行って買い物や食事を!

場外市場の店舗は6:00頃から営業を開始し、15:00頃には閉まってしまう。午前中の方が活気があるので、早めに行って朝食に海鮮丼を食べて、それから市場を散策するのがおすすめ。

北のグルメ亭の店内うに・鮮魚コーナー

時間:6:00〜15:00頃店舗により異なる
休み:店舗により異なる
アクセス:地下鉄東西線二十四軒駅から徒歩7分

海鮮丼から焼き魚までメニュー豊富な「海鮮食堂北のグルメ亭」

1959年の札幌中央卸売市場の開設時に、最初に場外に店舗を構えたのが「海鮮市場北のグルメ」。併設の食事処「海鮮食堂北のグルメ亭」では、新鮮な魚介を使った海鮮丼が味わえる。

店舗と食堂からなる。店内は1階と2階があり広々

人気NO.1はボタンエビやウニ、イクラなど海の幸がたっぷりのった海鮮丼、その他にうに・いくら丼、えび・かに・サーモン丼1680円などメニューは豊富。丼のほか刺身や焼き物もある。札幌市中央区や北区のホテル札幌駅北口からの無料送迎のサービスがあるのもうれしい(要予約。直接電話か、エリア内のホテルのフロントで電話依頼を)。

魚介があふれんばかりの海鮮丼3210円
贅沢なうに・いくら丼3480円
店内に焼き魚コーナーがある
  • 海鮮食堂 北のグルメ亭
    • 住所 〒060-0011 北海道札幌市中央区北11条西22丁目4−1

    電話:011-621-3545
       Free 0120-004-070
    時間:7:00〜15:00(14:30 LO)
    休み:無休

カニの海鮮丼なら卸売問屋直営「うめぇ堂」へ

場外市場の「根室かに市場」の奥にある食堂「うめぇ堂」は、カニの卸問屋が営む食堂。カニ・イクラ丼2300円は、ズワイガニ、タラバガニ、花咲ガニの3種類のカニのほぐし身にタラバガニ(季節により異なる)の脚肉と、たっぷりのイクラがのった豪勢な丼。味噌汁にカニの脚がはいった鉄砲汁も付く。カニ、サーモン、ウニ、イクラなどがのる日替丼2100円も人気。

オレンジ色の看板が目印の根室かに市場
店頭では活カニを販売。タラバガニ1㎏8000円〜
おいしそうな丼の写真が並ぶ外観
カニ・イクラ丼。鉄砲汁付き
  • うめぇ堂
    • 住所 〒060-0011 北海道札幌市中央区北11条西22丁目1-26根室かに市場内
    • 電話 011-640-2333

    時間:7:00〜15:00
    休み:無休

年間を通してメロンが並ぶ青果店「藤本青果」

藤本青果は創業50年の老舗の青果店で、メロンの取扱量は場外市場1位。店先に並ぶメロンは、夕張をはじめ道内各地のものを中心に、全国からも取り寄せている。店先でカットメロンの販売もしているので、甘いメロンの食べ歩きも。なお北海道のメロンのシーズンは7〜8月。ジャガイモやトウモロコシなど道産野菜も扱っている。

店頭にはメロンがずらり
メロンおやじと呼ばれるメロンのプロ、藤本さん
メロンは海鮮丼を食べたあとのデザートに最適。カット300円〜
  • 藤本青果
    • 住所 〒060-0011 北海道札幌市中央区北11条西21丁目
    • 電話 011-641-9912

    時間:6:00〜15:00
    休み:無休

※金額は特記以外すべて税込みです。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索