HOME 北海道 北海道 ニセコ・留寿都 なぜあえて選んだの?在日外国人が北海道で暮らす理由
なぜあえて選んだの?在日外国人が北海道で暮らす理由

なぜあえて選んだの?在日外国人が北海道で暮らす理由

公開日: 2020/04/21
更新日: 2021/02/08

北海道には様々な国の人たちが暮らしています。札幌市によると外国人人口は15,000人を超えました。外国の方々はなぜ北海道で暮らしているのでしょうか。その理由を伺いました。

※以下はインタビューに答えていただいた外国人の個人的な感想です。

北海道の観光産業を学ぶために留学しました

北海道の観光産業を学ぶために留学しました

「北海道大学に留学するために札幌に来ました。大学では観光を学んでいます。インドネシアはバリ島をはじめ、さまざまな観光資源があります。北海道は日本を代表する観光地で外国の人も多く来ることから、インドネシアの観光に役立つことが学べると考えて留学しました。北大は留学生が多く、サポート体制が整っているので安心して勉強に打ち込めます。」(インドネシア/女性)

北海道大学は留学生を積極的に受け入れてきたことで、留学生の数は1982年には362人でしたが、2015年には1,570人となるなど、右肩上がりで増えました。北海道で学んだ知識を、それぞれの国で役立ててほしいですね。

留学のはずが、気が付けば道民に!

留学のはずが、気が付けば道民に!

留学後に帰国を予定する学生がいる一方で、北海道に馴染んで住みついた人もいます。「北海道大学に留学していましたが、札幌が気に入って定住しました。大都市なのに、すぐ近くに自然が残されているし、冬は大好きなスノーボードも楽しめる。こんな理想的な街は世界中探してもありません」(オーストラリア/男性)

札幌ほど都市機能と自然が調和した街は珍しいのではないでしょうか。原生林に覆われた円山や藻岩山へは都心からわずか数十分。市内にはいくつものスキー場があり、市街地にヒグマが出没することも珍しくありません。近年オーストラリアは気温が40度以上になったり、干ばつが続いたりなど異常気象に見舞われているため、里帰りするたびに北海道の過ごしやすさを痛感しているそうです。

倶知安・ニセコは国際都市のため不便を感じない

倶知安・ニセコは国際都市のため不便を感じない
ell samsuri / Shutterstock.com

「香港から仕事でニセコに来ました。ホテルに勤務していますが、働いているスタッフも外国人が多いです。ここ数年ニセコは宿泊施設を含め、外国人の働き口が増えました。私には小学生の子どもがいますが、公立でも親が外国人の子どもがクラスに2~3人はいますし、インターナショナルスクールも開校されています。」(香港/男性)

ニセコ町や倶知安町は「北海道の中の外国」と言われるほど、多くの外国人が暮らしています。香港から来た男性は、最初はニセコの生活に戸惑ったものの、いまは大自然の中で子育てができる環境が気に入っていると言います。「お店は外国語で表記されていたり、英語が話せるスタッフが配置されていたりなど、不便は感じていない」とのことです。

日本人と結婚して北海道に定住しました

日本人と結婚して北海道に定住しました

「日本人の妻と結婚したので15年前に彼女の出身地の札幌に引っ越してきました。ロシアでは漁師として働き、何度も北海道を訪れていました。現在はロシアの製品を輸入する会社を経営しています。北海道は自然と都市の調和が素晴らしい。また、どこに行ってもコンビニがあるのも便利です。」(ロシア/男性)

ロシア人男性は仕事で何度も北海道を訪れ、綺麗な街並みや豊かな自然、治安の良さを気に入っていたと言います。札幌出身の奥様との出会いは偶然だそうですが、「北海道に住むために導かれた」と信じているそうです。北海道では小樽や紋別、稚内などでロシア人の姿をよく見かけます。体格がよく、一見近寄りがたい雰囲気ですが、話してみると明るく優しい人が多いことが分かります。奥様もそのギャップに惹かれたのかもしれませんね。

日本人の妻がアメリカ暮らしでホームシックに!

日本人の妻がアメリカ暮らしでホームシックに!

「最初は日本人の妻とアメリカ・イリノイ州に住んでいました。しかし半年後に妻がホームシックにかかってしまったため、札幌で妻の両親と一緒に暮らすことにしました。札幌にはアメリカ人が数多く住んでいますし、ファストフードをはじめアメリカの文化がたくさん入っているので寂しさはありません。むしろ日本人が誰もいない地域で半年も絶えてくれた妻に感謝しています。」(アメリカ/男性)

異国で暮らす場合、言葉や文化が大きな壁となります。特に同じ国の出身者がいない場合、気持ちを理解してもらうことが難しく、ストレスが溜まっていくといいます。男性は英会話の講師をしており、「英語でコミュニケーションを取れる仲間がいることが支えになった」と、友人たちに感謝しているそうです。

「北海道が好き」という答えは全員共通

「北海道が好き」という答えは全員共通

観光を学びに来た人、札幌を気に入って定住した人、仕事で来た人、結婚を機に移住した人など、北海道で暮らす理由は人それぞれですが、「北海道が好き」という答えは全員に共通していました。特に「都市と自然が調和している」という声が多く、利便性の高さと四季を通した街並みの美しさが、高く評価されているようです。生まれ育った者には当たり前なことが世界の人々には驚き。インタビューを通して北海道の良さを再確認することができました。

Text by:Masakazu

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索