HOME 北海道 北海道 函館 北海道の秋を彩る紅葉ガイド。人気スポットは?ベストシーズンは?
北海道の秋を彩る紅葉ガイド。人気スポットは?ベストシーズンは?

北海道の秋を彩る紅葉ガイド。人気スポットは?ベストシーズンは?

公開日: 2019/09/29

関東や関西ではまだまま残暑が厳しい9月中旬。しかし北海道では紅葉のニュースが聞こえてくる。本州よりもひとあし先に街路樹や山を彩る美しい紅葉を見に行こう!

北海道の紅葉って?

北海道の紅葉は、大雪山の旭岳から始まり、次第に南下していく。山にはカエデ類やナナカマド、ニセアカシア、エゾマツ、トドマツなど、針葉樹と広葉樹が混生しているのが北海道の特徴。そのため、赤色、黄色、緑色の3色になり美しさも格別だ。山や森に行かなくても、街路樹のナナカマドの実が赤く色づき、イチョウやポプラの葉が黄色くなり秋を知らせてくれる。ちなみに北海道のイチョウの黄葉は10月中〜下旬と、東京より1カ月も早い。

大雪山旭岳

ベストシーズン
9月中旬〜下旬

大雪山旭岳の姿見駅へ、旭岳ロープウエイで一気に!

標高1000mの旭岳温泉にある山麓駅から、ロープウェイに乗って約10分、標高1600mの姿見駅に到着。姿見駅から第一展望台から第四展望台、姿見展望台、第五展望台と、一周約1時間で散策できる。北海道最高峰で標高2291mの旭岳の眺めや、旭岳を映す姿見の池など、絶景が広がる。日本で最初に紅葉が始まる場所とも言われており、9月中旬から下旬にかけて見頃。ナナカマドやダケカンバの赤や黄色が山の斜面を鮮やかに染め上げる。


<施設データ>
時間:6:30〜17:30(季節により変動)
休み:11月11日〜12月10日
料金:往復2900円(変更予定あり。10月21日〜11月10日は1800円)
アクセス:札幌市街から旭岳温泉まで車で約2時間30分。またはJR札幌駅から特急列車で1時間25分、旭川駅下車後、シャトルバスいで湯号で1時間30分、旭岳下車すぐ

銀河の滝・流星の滝

ベストシーズン
9月下旬〜10月中旬

層雲峡の色づいた断崖から流れるふたつの滝

旭川の東、上川町に位置する温泉地、層雲峡。石狩川沿いに約24kmの断崖絶壁が続く峡谷に、10軒ほどのホテルが建つ。秋になると層雲峡の断崖や黒岳が紅葉し、黄色や赤色に染まる。なかでも層雲峡温泉から国道39号を車で約5分のところにある、銀河の滝と流星の滝は紅葉の名所。駐車場から20分ほど斜面を登ったところに双瀑台展望台があり、ふたつの滝と紅葉した断崖を一望できる。


<施設データ>
時間:見学自由
アクセス:札幌から車で約3時間45分。または、JR札幌駅から特急列車で1時間25分、旭川駅下車後、バスで1時間55分、層雲峡下車

登別地獄谷

ベストシーズン
10月中旬

湯煙が昇る火口跡の周りを彩る地獄谷の紅葉

全国的に有名な温泉地、登別温泉の源泉が湧き出す地獄谷は、日和山の噴火活動によってできた爆裂火口跡。直径450mの地獄谷は湯煙が上がり、まさに地獄のような荒涼とした風景。地獄谷内に木道が設けられており、火口跡の周りに茂るナナカマドやヤマウルシ、ダケカンバなどの紅葉を眺めながら散策できる。


<施設データ>
時間:見学自由
アクセス:札幌から車で1時間40分。または、JR札幌駅から特急列車で約1時間15分、JR登別駅下車後、バスで15分、登別温泉下車、徒歩10分

定山渓

ベストシーズン
9月下旬〜10月中旬

札幌の奥座敷と呼ばれる定山渓温泉の紅葉

札幌市内の南に位置する定山渓温泉は、修行僧・美泉定山(みいずみじょうざん)によって1866年に開湯した温泉札幌市内からのアクセスがいいため、札幌の奥座敷(温泉を指す言葉)と呼ばれ、四季をとおして温泉客でにぎわう。渓谷美を楽しめる散策路があり、なかでも温泉街から徒歩10分ほどの二見吊橋からの紅葉は最高。渓谷を染め上げる美しい紅葉風景を満喫できる。無料で利用できる足湯もあるのでのんびり散策が楽しめる。


<施設データ>
時間:見学自由
アクセス:JR札幌駅から車で約50分(バスも利用できる)

中島公園

ベストシーズン
10月中旬〜11月上旬

札幌市内の市民のレクリエーション広場の紅葉

JR札幌駅からすすきのを挟んで南3kmの場所にある公園。日本の都市公園および、日本の歴史公園100選のひとつ。公園入口からイチョウ並木を通って園内に入ると大きな池があり水面に紅葉が映り込んで美しい。また、国の重要文化財の豊平館や八窓庵といった歴史的建造物、コンサートホールなども。池の周りを縁取る木々の紅葉と、都会のビル群が印象的だ。


<施設データ>
時間:見学自由
アクセス:地下鉄さっぽろ駅から地下鉄南北線で5分、中島公園駅下車すぐ

平岡樹芸センター

ベストシーズン
10月中旬〜10月下旬

ノムラモミジの赤いトンネルが現れる

「みどりーむ」の愛称で知られる、札幌市内にある庭園。広大な敷地には和風庭園、洋風庭園があり、春は7種類の桜の木が次々と咲き、秋は8種類、700本以上ものモミジの仲間が赤く色づく。なかでもノムラモミジの赤いトンネルは有名で、紅葉シーズンには多くの人が訪れる。また、約3000本の円錐形や丸い形に刈り込まれたイチイの木のデザイン庭園も見応えがある。


<施設データ>
時間:4月下旬〜11月上旬の8:45〜17:15
休み:月曜(月曜が祝日の場合は翌日休)
アクセス:JR札幌駅からバスで約20分、平岡4条2丁目下車、徒歩1分

  • 平岡樹芸センター
    • 住所 〒004-0874 北海道札幌市清田区平岡4条3丁目
    • 電話 011-883-2891

北海道大学イチョウ並木

ベストシーズン
10月下旬〜11月上旬

北大キャンパス内にできる黄色いアーチ

北海道大学は1876年に設立された札幌農学校が前身の国立大学。札幌駅の北側に位置する広大なキャンパス内にはポプラ並木、北海道大学総合博物館、歴史的建造物の第2農場など、見どころがたくさん。秋になると構内の約380mの道路の両側に並ぶ、約70本のイチョウ並木が黄色く染まる。枝がアーチを作っている光景は見事。


<施設データ>
時間:見学自由
休み:月曜(月曜が祝日の場合は翌日休)
アクセス:JR札幌駅から徒歩5分

  • 北海道大学イチョウ並木
    • 住所 〒060-0808北海道札幌市北区北8条西5丁目
    • 電話 011-716-2111

知床

ベストシーズン
10月上旬〜中旬

秘境知床を横断するダイナミックな紅葉

世界自然遺産知床半島を横断している、知床横断道路の最高所にある知床峠。知床最高峰の羅臼岳が眼前にせまり、根室海峡の向こうに北方四島の国後島が望める。標高738mの峠はハイマツが茂り、ダケカンバやナナカマドが斜面を黄色く染める。知床峠には駐車場があり展望を楽しむことができる。


<施設データー>
見学自由(通行は4月下旬〜11月上旬頃)
アクセス:札幌から車で9時間50分。または、札幌駅バスターミナルからイーグルライナーで7時間、ウトロ温泉バスターミナル下車後、車で25分

  • 知床峠
    • 住所 〒099-4100 北海道斜里郡斜里町国立公園内

    電話番号:0152-22-2125(知床斜里町観光協会)

※金額は特記以外すべて税込みです。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索