HOME 富士山 富士山頂でやってみたいこと
富士山頂でやってみたいこと

富士山頂でやってみたいこと

Update:

日本の最高峰・富士山の山頂に到着!だが誇らしい気持ちで下山するのは少々お待ちを。富士山頂だからこそできる様々な体験をご紹介しよう。

ご来光を眺める

ご来光を眺める

多くの登山者が厳しい登山を経て山頂を目指す最大の理由が、ご来光だ。日本の象徴である富士山の頂から眺める絶景は、旅の最高の思い出となるだろう。

貴重なご来光の機会を逃さないため、天気予報と日の出時刻はしっかり確認しておきたい。7月上旬~8月下旬の日の出時刻は、早朝4:21~5:05頃が目安だ。

山頂周辺を散策する

山頂周辺を散策する

体力と時間が許すならば、「お鉢めぐり」と呼ばれる噴火口周辺の散策もおすすめだ。直径600メートル・深さ200メートルの噴火口に沿って、左右どちら回りでも1周できる。行程は4キロメートル、所要時間は約1時間半。

剣ヶ峰の頂を制覇する

剣ヶ峰の頂を制覇する

「お鉢めぐり」を行う人は、標高の最も高い剣ヶ峰を目指してほしい。ただし、距離はあまりないものの、万全の注意を。砂粒やほこりが混じった風が秒速20~30メートル(時速45~67マイル)で吹きつけ、行程の妨げになる。ペースを保ちながら辛抱強く歩きつづければ、標高3776メートル、日本の最高地点に到着!

はがきを送る

はがきを送る

富士山頂には、日本で最も高い場所に立つ郵便局がある。ここからはがきを送るのも、山頂でできるユニークな体験のひとつだ。利用者の行列を避けるには、すぐ投函できるよう事前にはがきを書いておくとよい。郵便局は夏季限定、6:00~14:00のみ開設される。

登山杖に焼印を押してもらう

登山杖に焼印を押してもらう

富士山で手に入る一風変わったお土産が、登山用の木の杖だ。休憩所や山小屋では、この杖に焼印を押してくれる。休憩所ごとに模様の異なる焼印は、良い記念となるだろう。杖は山のふもとはもちろん、山頂でも購入できる。

アクセス:富士急行線河口湖駅もしくは富士急行線富士山駅から富士急行バス富士山五合目行きで約1時間。東京から富士急行線河口湖駅までのアクセスは、JR中央線大月駅から富士急行線で約40分

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする