イタリア料理

イタリア料理

Update: 2017/01/23

日本におけるイタリア料理は、今やレストランだけでなく家庭料理にも広く普及し、日常的に食べられる料理となっている。特にパスタは、日本の食材を使ったスパゲティのメニューが生まれ、日本に深く根付いた料理の一つと言える。

日本のイタリア料理の歴史

日本のイタリア料理の歴史

日本におけるイタリア料理の歴史は、イタリア人シェフにより1800年代後半に開かれた初のイタリア料理専門店が始まりだ。その後、日本に訪れたイタリアのブームと相まって、ファッションや家具といったデザインだけでなく、イタリア料理も爆発的な人気となった。それ以降、東京だけでなく、日本全国にイタリア料理店が多数出店され、同時に家庭料理として日常的に食べられるようになり、現在は「イタリアン」として、日本中で広く親しまれている。

ピザ

ピザ

日本にも数多くの、ピザ窯を備えたピザ専門店があり、本格的なピザを食べさせてくれる店が増えた。マルゲリータのようにシンプルでチーズをたっぷりと使ったピザが人気だ。同時に、デリバリーのピザ専門店も普及し、片手でつまんで食べやすい事から、ホームパーティなどで食べることも多い。なお、日本ではイタリアンピザと同様に、アメリカンピザもよく食べられている。

パスタ・スパゲティ

パスタ・スパゲティ

日本でもっとも人気のあるイタリア料理のメニューはパスタだ。とりわけパスタの中でもスパゲティを好む人が多い為か、日本で「パスタ」といえば「スパゲティ」というイメージが強い。ペペロンチーノやミートソースといったイタリア本場のものから、日本の食材であるたらこやキノコ、時には納豆まで使い、醤油で味つけたりした日本独自の「和風スパゲティ」のバリエーションは無限に増えている。

リゾット

リゾット

米が主食の日本において、リゾットを好んで食べる人も多い。ホワイトソースやチーズのリゾット、秋にはポルチーニ茸のリゾットなどが人気で、イタリア料理店に行けば、ほぼ確実にリゾットがメニューにあるはずだ。また、近頃は冬の日本の定番の家庭料理である「鍋料理」の締めとして、余ったスープにご飯を入れおじやにしたものに、チーズを入れリゾット風にアレンジした食べ方も人気だ。

日本で食べるなら

日本で食べるなら

東京に関わらず、イタリア料理店は日本全国に多数点在している。イタリア料理全般を提供する店もあれば、ピザ専門店やスパゲティ専門店もある。また、リストランテを名乗る高級店から、オステリア・トラットリア、リーズナブルなエノテカ(居酒屋)のチェーン店まで、価格帯の選択肢も幅広い。近年日本では、南ヨーロッパ発のカウンター席でお酒と料理を楽しむ「バール」スタイルの店もブームになっており、イタリアンバルを見かけることも多くなった。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする