春

Update:

日本には四季がある。中でも冬から春への移ろいは日本人の生活に大きな変化をもたらす。日本の春について紹介する。

ひな祭り

3月3日は女の子のためのお祭り「ひな祭り」だ。雛人形を飾り、ひなあられというお菓子を食べる。子どもの健やかな成長を祈って飾られる人形は、子供たちの代わりに災いを受け止めてくれると信じられてきた。3月3日が過ぎても雛人形を飾っていると、お嫁に行くのが遅くなってしまうと言われている。

入学式・入社式

日本の学校は4月上旬に始まる。また新入社員の入社も4月が一般的。入学式や入社式では、学校長や社長が訓示を行うのが恒例である。4月は「始まりの月」なのだ。

お花見

日本各地で桜の開花に合わせて行われる春の恒例行事が「お花見」。各地のお花見スポットは大賑わい。食べ物や飲み物を持って、桜の木を囲んでお酒を飲むのだ。開花シーズンに日本を訪れたならば、開花後わずか2週間ほどで儚くも散ってしまう桜を堪能して。

端午の節句

5月5日はもともと男の子のための「端午の節句」と言われており、「こいのぼり」や「かぶと」、「5月人形」を飾り、男の子の元気な発育を願う。

ゴールデンウィーク

4月末から5月初頭にかけて、日本では祝祭日が続く。4月29日の「昭和の日」、5月3日「憲法記念日」、5月4日「みどりの日」、5月5日「こどもの日」などで、その間に振替休日や日曜日があれば、大型連休となる。多くの人が行楽地へ出かけるため、この時期は各地の高速道路が大渋滞。新幹線や飛行機などの主要交通機関も大変混雑する。この時期に合わせて各地では多くのお祭りやイベントが開催される。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする