HOME 六本木 六本木のいまむかし
六本木のいまむかし

六本木のいまむかし

Update:

飲食店やナイトクラブが建ち並ぶ歓楽街として有名な六本木。江戸時代には大名屋敷が置かれた歴史ある街だ。近年は美術館や複合施設が建設されるなど常に変化を続けている魅力的な街、六本木を紹介する。

六本木のいま

日本人にとっての六本木は、言うなれば夜の遊び場だ。週末の夜になるとクラブやバー、風俗店に人が集まる。さらに、海外観光客の姿も多く見られ、夜遅くまで賑わいを見せる街である。大型商業施設やおしゃれなお店の建設ラッシュから、昼は買い物客や会社員の姿が目立つ。昼と夜で異なる街の姿を見せるのも六本木の魅力だ。

昔の六本木

江戸時代以前、六本木周辺はほとんど建物がない寂しい場所だったと言われている。およそ400年前に江戸時代が始まり、「江戸城」「(現在の皇居)」に幕府が置かれると有力な大名たちが屋敷を置いた。江戸時代が終わり明治~大正~昭和初期までは陸軍の駐屯地となる。周辺には兵舎が立ち並び多くの兵隊が生活をしていた。六本木が駐屯地に選ばれたのは、今と違い広い土地が広がっていたからだ。

街の雰囲気

六本木はその街の成り立ちから、新宿や渋谷、池袋などとは異なった雰囲気を持っている街である。外国人が好む飲食店やクラブが多くあり、それにあこがれる日本の若者も多く集まるインターナショナルな街である。大使館関係者や外資系企業の駐在員が多くすむエリアと隣接しており、インターナショナルスクールも多くある。異文化が混ざり合う交差点には、常に新しい魅力が誕生する。

外国人でも遊びやすい街、六本木

日本には英語が通じにくい場所が多いが、六本木は簡単な英語であれば理解できる人が多いので、外国人でも不安なく遊べるエリアである。外国人向けの店も多くある。さらに、有名な和食店も多いので、観光客が遊ぶのにぴったりだ。

六本木でナイトライフを楽しもう!

六本木は、昼はショッピング、夜はお酒を楽しめる、日本においても他にはない街だ。ぜひ観光のひとつに加えて欲しい。夜は酔っ払いも増えるので、その点は注意するように。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする