HOME 池袋 初めての池袋はこう回ろう!
初めての池袋はこう回ろう!

初めての池袋はこう回ろう!

Update:

新宿、渋谷と並ぶ大都市である池袋。池袋といえば繁華街が有名だが、池袋西口一帯の歓楽街、大学がある学生街エリア、劇場などの文化施設といったさまざまな顔を持つ街だ。池袋を知る上で押さえておきたいスポットをご紹介!

  1. 1
    池袋の公園といったらココ!
  2. 2
    池袋でメインとなるストリート
  3. 3
    魚やアシカのパフォーマンスが見どころ
  4. 4
    アトラクションもフードも楽しめる!
  5. 5
    レアなアニメグッズが入手できる!
1

池袋の公園といったらココ!

池袋の公園といったらココ!

池袋の西口付近にある公園「池袋西口公園」。繁華街の中心にあり、若者からサラリーマンまで、多くの人が利用する。野外ステージがあり、週末にはイベントが開催されることもある。夜には、ストリートダンスの練習をする若者の姿も。待ち合わせスポットとしても定番の場所だ。

  • 池袋西口公園
    • 住所 171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-26
      地図をみる
    • 最寄駅 池袋 駅 (山手線 / 埼京線 / 東京メトロ丸ノ内線 / 東京メトロ有楽町線 / 東京メトロ副都心線 / 西武池袋線 / 東武東上線)
      徒歩1分
    • 電話 03-3981-0534
2

池袋でメインとなるストリート

池袋でメインとなるストリート

池袋駅前からサンシャイン60へと向かう通りの名称が「サンシャイン60通り」。たくさんある池袋の繁華街の中でも特に栄えているエリアであり、昼夜問わずたくさんの人で賑わっている。キャラクターショップやゲームセンターなどが多く並び、日本のホビー文化を堪能できる通りである。

3

魚やアシカのパフォーマンスが見どころ

魚やアシカのパフォーマンスが見どころ

「サンシャイン水族館」はサンシャインシティのワールドインポートマートビルの屋上にある水族館。「天空のオアシス」がコンセプトで、水や緑に包まれた非日常空間が広がる。お行儀よく芸をするアシカのパフォーマンスや、ペンギンやペリカンがご飯を食べる様子を見ることができる。趣向を凝らした展示が魅力だ。

4

アトラクションもフードも楽しめる!

アトラクションもフードも楽しめる!

屋内型テーマパーク「ナンジャタウン」。絵本の世界に迷い込んだような遊び場「ドッキンガム広場」、昭和30年代の日本を再現した「福袋七丁目商店街」、もののけに乗っ取られた街「もののけ番外地」の3エリアで構成されている。アトラクションや楽しい仕掛けが楽しめるだけでなく、餃子やデザートといったフードエリアも充実、子供も大人も楽しめる。

  • ナンジャタウン
    • 住所 170-0013 東京都豊島区東池袋3丁目 サンシャインシティ・ワールドインポートマートビル2階
      地図をみる
    • 最寄駅 東池袋 駅 (東京メトロ有楽町線)
      徒歩3分
    • 電話 03-5950-0765
5

レアなアニメグッズが入手できる!

レアなアニメグッズが入手できる!

東京にはアニメグッズを扱うお店が多数あるが、そのなかでも「乙女ロード」は女性向けのアイテムを扱うお店が並ぶ珍しいエリア。アニメ好きが自主制作したマンガやコスプレ用のウェアやウィッグなどを専門的に扱うお店が軒を連ねる。じっくり見て回れば、レアなアニメグッズに出会えるかも? 池袋めぐりの最後に訪れてみよう。

  • 乙女ロード
    • 住所 170-0013 東京都豊島区東池袋3
      地図をみる
    • 最寄駅 池袋 駅 (山手線 / 埼京線 / 東京メトロ丸ノ内線 / 東京メトロ有楽町線 / 東京メトロ副都心線 / 西武池袋線 / 東武東上線)
      徒歩8分
※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする