HOME 六本木 東京で食べる高級割烹
東京で食べる高級割烹

東京で食べる高級割烹

Update:

素材の良さを最大限引き出すため独自の調理法を駆使し、おもてなしの精神まで盛り込んだ日本料理を、心ゆくまで堪能できる「高級割烹」。鮮度と産地を厳選した食材、店構え、器にまでこだわった、東京で味わえる贅沢な「和食」を体験してみよう。

四季の食材を生かす日本料理店「帰燕」

四季の食材を生かす日本料理店「帰燕」

誰でも気軽に来られる「ツバメが巣に帰る」ようなお店。そんな思いから付けられた店名の日本料理店。職人により整えられた外庭を抜けた店内は、落ち着いた和の空間で、四季折々に旬の食材を生かした正統派の日本料理が味わえる。夜は3つのコース(¥11880〜・サービス料別)から選べ、日本酒だけでなくワイン、シャンパンなど、豊富なアルコールメニューが揃う。

  • 帰燕
    • 住所 2-18-8, Akasaka, Minato-ku, Tokyo, 107-0052, Japan

上品で寛ぎの空間を提供!「かどわき」

上品で寛ぎの空間を提供!「かどわき」

麻布十番商店街を一本入った静かなロケーションに佇む日本料理店。黒塀の入口の外装や、柔らかな明かりで寛げる空間が広がる内装など、店内の演出も凝っている。季節を五感で感じられるようにと旬な食材を正統派日本料理に仕立てるだけでなく、「記憶に残る料理」にこだわったメニューも多彩。中でも、専用の釜で炊き上げられたご飯と高級食材トリュフを組み合わせた「トリュフの炊き込みご飯」など、贅沢な食材を自由な発想で仕立てた料理が人気。

  • かどわき
    • 住所 2-7-2 Rosehouse-Azabujuban1F, Azabu-juban, Minato-ku, Tokyo, 106-0045, Japan

非日常を感じる京懐石専門店「菊乃井」

非日常を感じる京懐石専門店「菊乃井」

雅やかな伝統や文化を大切に、洗練された料理、空間、もてなしなどトータルで京都の風情を体験できる懐石料理店。入口から続く竹林と石畳、白木が美しい2つのカウンターとテーブル席や茶室作りの個室など、店構えから「非日常」を感じさせる空間が特徴的だ。京料理に欠かせない(食通から日本一といわれる)兵庫県明石産の鯛にこだわるなど、厳選された食材で作り上げるコース料理(¥21600〜・サービス料別)を堪能したい。

  • 菊乃井
    • 住所 6-13-8, Akasaka, Minato-ku, Tokyo, 107-0052, Japan
※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする