HOME 芸能人のアルコールCMが…フランス人が驚いた日本のテレビ番組
芸能人のアルコールCMが…フランス人が驚いた日本のテレビ番組

芸能人のアルコールCMが…フランス人が驚いた日本のテレビ番組

公開日: 2020/05/18

日本ではテレビの電源をつければバラエティやニュース、音楽などさまざまなジャンルの番組が放送されています。そんなテレビ番組は、国によって放送される内容も大きく異なってきます。

今回は、日本のテレビ番組がフランス人からはどのように思われているのかをインタビューしてみました。(各コメントは回答者個人の意見です)

日本のテレビを見ていると「平和だな」と思う

日本のテレビを見ていると「平和だな」と思う

「ニュースやバラエティ番組を見ます。個人的な印象ですが、日本のニュースは日本での事件や事故の情報の他に『飲食店の人気メニュー』や『動物の様子』など、報道とはあまり関係のないトピックを多く流しているように感じます。それだけ日本が平和ということなのでしょう」

日本のニュース番組については「自国の出来事が中心で、海外のニュースはほとんど流さない」という意見もありました。このような意見は、外国人だけでなく日本人も同意するのではないでしょうか。

海外では経験豊富な記者や各分野の専門家が出演して、それぞれの見解を織り交ぜて解説していく番組がよく見られます。しかし、日本のニュース番組ではタレントやお笑い芸人がコメンテーターとして出演しており、違和感を覚えるという話も聞きます。普段、このようなスタイルに見慣れている日本人にとっては、普通のことに思えるでしょう。しかし、母国とは配信内容が大きく違うことから一部の外国人にとっては驚きなのかもしれませんね。

今回、インタビューに回答したフランス人女性が話しているように、日本のテレビ番組では「飲食店の人気メニュー」や「動物の様子」に関する内容が、海外に比べて長時間、放送されているようです。日本人同様に外国人もそのような内容の番組は大好きでしょう。しかし日本では、その割合が多く、少し退屈さを感じてしまうのかもしれませんね。

芸能人がアルコールを飲んでいる映像がCMで流れるなんて…

芸能人がアルコールを飲んでいる映像がCMで流れるなんて…

他にも、こんなテレビ番組に驚いたという意見がありました。

「『外国人が好きな日本人』を紹介する番組が多いなと思いました。日本人はそれを見て嬉しいのかもしれないですけど、外国人の立場からすると『日本という国』の広告を放送しているのかなと感じることもあります」

「幼い子どもが、親に頼まれて一人で買い物や犬の散歩をする様子を放送する番組もよく見かけます。改めて、日本の治安の良さを感じて驚きました。周りをカメラマンや関係者が囲んでいるようですが、なかなかできることではないと思います」

「飲食店で料理を食べて、それをリポートする番組もよく見かけますが、日本人は必ずといっていいほど『おいしい!』といいますよね。私の国では、すべての料理においしいということは、まずないですね。」

「日本のテレビコマーシャルを見ていて衝撃を受けたのですが、芸能人がアルコールを飲んでいる映像を放送していますよね。私の国もそうですが、日本以外での国では、アルコールに関する放送を制限している国も多くあると思うので、驚きでした」

日本では長年、多くの人に親しまれている幼い子どもが一人で買い物に行くテレビ番組。日本人なら誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか。そんなテレビ番組について、今回インタビューに回答したフランス人女性同様に、多くの外国人から驚きの声が挙げられているようです。

その理由は、日本と海外の一部の国では治安が大きく異なり、幼い子どもが一人で街を歩くということは安全上、ありえないからです。たしかにそのような話を聞くと、外国人が衝撃を受けるというのも頷けますね。

また日本のテレビコマーシャルについて驚いたという話もよく聞きます。海外ではアルコールの規制が厳しく、日本のようにテレビコマーシャルが流せない国もあるようです。日本でも規制は少しずつ厳しくなっています。実際、規制強化に伴い、以前はよく見かけたタバコのテレビコマーシャルも、今ではほとんど見かけることはなくなりました。今後は、アルコールも海外同様に厳しい規制の対象となる可能性が十分に考えられますね。

日本のバラエティ番組で日本人が黒人メイクをしているものを見て、驚いたという話も聞きます。海外では、このような内容のテレビ番組を放送することは、人種や文化的な観点から厳しいといわれています。日本でも現在ではほとんど見かけなくなりましたが、これからのテレビ番組には、より一層そのようなことにも配慮することが求められていくでしょう。

ドッキリの完成度の高さは世界一!

ドッキリの完成度の高さは世界一!

「バラエティ番組はとても面白いですね」

日本のバラエティ番組は、国内外問わず評判が高く「こんなに面白いテレビ番組は初めてはじめて見たよ!」「ドッキリの完成度の高さは世界一だね!」「クオリティが予想以上に高くて驚いたよ!」という意見が見られます。

一方で「放送内容が過激すぎて、母国だったら裁判沙汰になるだろうね!」という声もありました。テレビ番組の規制については、年を追うごとに厳しくなっていっているといわれています。これは、インターネットの普及により、以前ならそこまで大きな話題にならなかったことでも、瞬時に批判が拡散されるようになったからだといわれています。

実際に海外では、SNSで悪い意味で拡散してしまったテレビ番組が最終的に放送打ち切りになってしまった事例もあるそうです。このような話を聞くと、日本のテレビ番組の規制も将来的には、海外同様に厳しいものになっていくのかもしれませんね。

音楽、アニメ番組をもっと増やしてほしい

音楽、アニメ番組をもっと増やしてほしい

「音楽番組は、言葉が分からなくても楽しめるので好きです。気楽に見ることができます。もっとあったらいいのになあと思います。」

外国人にとって、日本語が多少、わからなくても音や動作、雰囲気で内容が理解できる音楽やスポーツ、バラエティなどのわかりやすいものが望まれるようです。今回、インタビューに回答したフランス人女性も、そのような理由から「音楽番組がもっとあったらいいな」と話しています。

また日本のサブカルチャー好きの外国人からは「アニメ番組をもっと増やしてほしい!」という声も聞きます。アニメならイラストで内容が理解できるので、日本語が完全に理解できなくても楽しめますからね。またアニメの本場である日本で、最新の作品がリアルタイムで見られる点も理由とのこと。

意外と人気?日本のテレビ

いかがだったでしょうか。昨今、日本のテレビ番組については、日本人のなかでも賛否両論あります。テレビ番組は公共の電波を使用しており、制作側に高いリテラシーが求められますが、果たして本当にその基準を満たしているのかという批判があるのです。

そのような意見が見られる一方、日本のテレビ番組はそのクオリティの高さについて、海外でも定評があります。実際、日本で人気を博したいくつかのテレビ番組は、海外でも同じコンセプトで各国に合わせた形で放送されており、長期に亘って高視聴率を獲得していました。

日本のテレビ番組を初めて見た外国人のなかには、母国では見慣れない内容から驚いたという人も多いでしょう。日本のテレビ番組は少し独特かもしれませんが、日本を訪れた外国人にはこの機会に堪能してもらえればと思います。

Written by:

株式会社ダリコーポレーション 佐藤 祐(さとう ゆう)

株式会社ダリコーポレーション 佐藤 祐(さとう ゆう)

人事・労務・法務・キャリアジャンルなどの硬めのジャンルを中心に手がけているライター。コラム記事をメインに作成している。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索