HOME 東京・東京周辺 東京 東京郊外 富士登山「須走ルート」の山小屋や注意点は? 日陰がありがたい登山コースのポイントまとめ
HOME 東京・東京周辺 富士山 富士山 富士登山「須走ルート」の山小屋や注意点は? 日陰がありがたい登山コースのポイントまとめ
富士登山「須走ルート」の山小屋や注意点は? 日陰がありがたい登山コースのポイントまとめ

富士登山「須走ルート」の山小屋や注意点は? 日陰がありがたい登山コースのポイントまとめ

公開日: 2020/04/09
更新日: 2020/05/01

須走ルートは、7合目付近までの樹林に囲まれた道のりが特徴的です。樹林帯では日陰が続くため夏場にはありがたいルートですが、夜間には見通しが悪くなることも。そんな須走ルートの基本情報などをまとめました。

須走ルートの特徴

須走ルートの特徴
dowraik / Shutterstock.com

須走ルートは、須走口五合目をスタートし、静岡県・小山町内の富士山東側から山頂に進んでいくルートです。7合目付近までは樹林が続くという特徴があります。

標高:1970m
コースの往復距離:約13km(上り 約6.9km、下り 約6.2km)
登頂時間の目安:上り 約6時間、下り 約3時間

樹林エリアでは見通しが悪くなり、夜や霧が出ている場合は注意が必要。一方、樹林帯を抜けると、登山道のどこからでもご来光や影富士が見ることができます。

須走ルートを解説!

須走ルートを解説!
画像提供:富士登山オフィシャルサイト

登山道入口に向かう際、売店やトイレを通ります。古御岳神社前を抜け、樹林帯を進んでいきます。本6合目付近までは、日陰があり緩やかな道のりの樹林帯を抜けると、どの地点からでもご来光や影富士を眺めるスポットに出ます。

八合目以降になると、富士山本宮浅間大社奥宮の境内になります。本8合目で吉田ルートと合流し、須走ルート最後の山小屋である「御来光館」を過ぎれば、九合目の鳥居が見えます。九合目の久須志神社にある最後の鳥居を抜ければ、山頂に到着します。

下りは登山ルートとは異なり、下山専用ルートを使用しましょう。八合目(下江戸屋)までは吉田ルートと同じ道になり、以降は吉田ルートと分岐します。この時迷ってしまわないように、標識を確認する際は須走ルートである赤色を確認しておくことが大切です。

七合目は「砂走り」という下山道をひたすら下っていきます。砂払五合目を過ぎると、砂走りは終わり、樹林エリアに。樹林エリアの見通しが悪くなるため、夜間に下山する場合はヘッドランプの着用を忘れずに。樹林帯を抜ければ、ゴールの須走口五合目に到着です。

須走ルートの主な施設

須走ルートは、他の3ルートと比べても、山小屋やトイレの数が多い方です。トイレのルールをしっかりと守り、適切に使用しましょう。

須走ルート五合目にある施設

・須走口五合目観光案内所

御殿場警察署富士山須走口臨時警備派出所が併設されています。富士山ナビゲーターと警察官が駐在しています。

・公衆トイレ

・売店
水や簡単な装備が販売されているほか、食事・休憩ができます。

・山小屋
菊屋、東富士山荘。

・総合案内板
登山口入口付近にある小富士へのハイキングコース分岐点に設置されています。

須走ルート六合目~本八合目にある施設

・山小屋
須走ルートでは、六合目以降、合ごとに山小屋が設置されています。

六合目:長田山荘
本六合目:瀬戸館
七合目:大陽館
本七合目:見晴館
八合目:江戸屋(下江戸屋)

須走ルート本八合目以降にある施設

・トイレ
山頂にあるトイレです。

・山小屋
本八合目:胸突江戸屋(上江戸屋)
八合五勺:御来光館
山頂:山口屋、扇屋

<下山道>
砂払五合:吉野屋

樹林に囲まれた須走ルート。日差しが遮られ、夏場にはありがたい道のりですが、同時に見通しも悪くなるので、ヘッドライトなどの装備は万全にしていきましょう。

Written by:

つちだ四郎

つちだ四郎

フリーのライターとしてインタビュー記事や取材記事などを執筆しています。旅行や音楽、グルメなどジャンルなどが得意。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索