HOME 新ハッピーターンは変わった?変わってない? 外国人が新旧を食べ比べて検証!
新ハッピーターンは変わった?変わってない? 外国人が新旧を食べ比べて検証!

新ハッピーターンは変わった?変わってない? 外国人が新旧を食べ比べて検証!

公開日: 2019/09/10

日本人のおやつの定番、みんな大好き「ハッピーターン」が、このたび4年ぶりにリニューアルしました。新イメージキャラクターに就任したマツコデラックスさん曰く、「私は変わってないと思うんだけど、亀田が変わったっていうのよ」とのこと。そんな触れ込みやTVCMがSNSでも話題を呼び、味の変化が気になっている方も多いのでは?

そこで今回は、「LIVE JAPAN」の外国人編集者が新旧「ハッピーターン」を実食調査してみました。調査したのは、アメリカ人男性のティモシーさんと、イギリス人女性のキャシーさん。外国人から見たリニューアル前後の変化はどうだったのでしょうか?(以下は2人の個人的な意見です)

パッケージやキャラクターもリニューアル!

パッケージやキャラクターもリニューアル!

亀田製菓の「ハッピーターン」は、甘じょっぱいパウダーとサクサクの食感が特長のお菓子。2019年9月2日から、4年ぶりにリニューアルした新商品がお目見えしています。写真左がリニューアル前、右がリニューアル後のパッケージ。ブランドキャラクターの「ターン王子」も、瞳に光が加わり、いきいきとした元気な表情に生まれ変わっています。

リニューアル後のパッケージに「HAPPY TURN」の英字表記が加わったことで、「ユーザーフレンドリーになったね。カタカナは難しいし、外国人観光客はとくに読めない人が多いと思うから」とティモシーさん。

パッケージを開けてみると、個別包装の見た目には変化が分かりませんが、人気のヒミツ「ハッピーパウダー」の製法がバージョンアップしているとのこと。さっそく食べ比べてみましょう!

新旧ハッピーターンを外国人編集者が食べ比べてみた!

新旧ハッピーターンを外国人編集者が食べ比べてみた!
アメリカ・ニューヨーク出身のティモシー(左)と、イギリス出身のキャシー(右)

「ハッピーターン」といえば、パウダーだけの商品化希望!という声も聞くほど、パウダーの味に魅せられるファンが多いお菓子。

生地に無数に刻まれた「パウダーポケット」で、パウダーをぎゅっとキャッチさせる『パウダーキャッチ製法』に加え、今回新たに開発された『ハッピーシャワー製法』で、味付けの最後にコク旨の美味しさをシャワーのようにかけて仕上げている、とのことですが……。

まずはリニューアル前の、オリジナルバージョンから。「たたたたターン♪ターン♪ハッピーターン♪」と、オリジナルの鼻歌を歌いながらノリノリで試食が始まります。

ポリポリと小気味好い音を立てながら、しっかりと香りや食感を味わいます。表情は真剣そのもの。

ティモシー 「醤油の香りがする。僕は塩の感じとか旨みのあるものとか、濃いのが好きなんだけど、これは後味に感じる出汁の風味が強いね」

キャシー 「日本っぽい感じ。醤油とか出汁の味や香りが強い。美味しいけど、1~2枚で満足しちゃうかも」

たしかに、小分けの包装を解いた瞬間、醤油や出汁の香りがふわりと漂ってきました。

続いて、リニューアル後の新しくなった「ハッピーターン」を試食してみます。

見た目はほとんど同じで違いが分かりませんが、包装から出した瞬間、「少し甘い香りがする」とティモシーさん。「ちょっと甘くなりましたね。新しいほうが、香りがやわらかくなった気がする」とキャシーさんも頷きます。

香りに違いを発見した様子ですが、食べてみての感想はどうでしょうか?

ティモシー 「パウダーの味が違うね。リニューアル前のほうが、しょっぱさが強い。新しいほうは、パウダーが甘くなった感じがする」

キャシー 「たしかに、甘みが強くて、でも食感は軽くて食べやすい。実は私、出汁とか魚っぽい濃いおせんべいはそんなに好きじゃなくて……。私は新しいほうが好き。これなら10枚は食べられる(笑)」

ティモシー 「だいたい同じ理由で、僕の場合はリニューアル前のほうが好き」

キャシー 「食感も変わった。口の中でとろける感じがする」

ティモシー 「ソフトなせんべいっていう感じ?サクサク度が変わったよね。不思議なのが、新しいほうが前のより少しやわらかいけど、よりサクサクしていること」

リニューアルによる香りや味、食感の違いはあった様子。「でも、ホームパーティーとかで両方一緒に出てきたら分からないんじゃないかな?」ということで、シャッフルして食べ比べてみることに!

「利きハッピーターン」に挑戦!

「利きハッピーターン」に挑戦!

二人には正解を隠した状態で、新旧「ハッピーターン」を1枚ずつ渡しました。どちらが新しくなった「ハッピーターン」でしょうか?

リニューアル前(左)、リニューアル後(右)

見た目はほとんど一緒。食べてみると……。

ティモシー 「うん、これが新しいほうだ!」

キャシー 「う~ん!? こっちが新しいハッピーターンだと思いますよ!?」

ティモシー 「決め手は? 理由は?」

キャシー 「う~ん……なんか、ちょっと甘みの感じもあるし、サクサクだから……」

正解はティモシーさん!

キャシー 「そういうことか! やっぱり混じると分からないのかも!」

ティモシー 「俺、気づいたよ! 俺勝ったよ!(笑)」

ということで、好みの差はあるものの、新旧どちらも美味しいという結論に落ち着きました。

「クラッシュしてバニラアイスの上にのせたら、どんな味になるのか気になる。新しくなったハッピーターンのほうが甘みが増えたから、その食べ方に合いそう」とティモシーさん。皆さんも、アレンジレシピとして試してみてはいかがですか?

Written by:

じしきゅう・なほ

じしきゅう・なほ

編集プロダクション、出版社でマンガ、小説、雑誌等の編集業を経て、現在はフリーランスの編集ライター時々デザイナーとして活動中。連ドラか音楽かお酒があればたいてい上機嫌。おとうふが好物。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索