旅行中の荷物の持ち運び方

旅行中の荷物の持ち運び方

Update: 2017/01/27

旅のスタイルは人それぞれだが、なかにはいくつもスーツケースを持ち歩く人もいるだろう。しかし日本の公共交通機関は、一般的にスペースが極めて狭い。今回は、荷物の多い場合の快適な旅の仕方を紹介しよう。

タクシーとバス

タクシーとバス

日本のタクシーは他国のものとさほど違いはないため、荷物の量や求める空間に応じてバンか普通車を選ぼう。なおシャトルの場合、一般的に荷物は一人につき二つまで収納することができる。
公営バスは市民の一般的な交通手段となっている。ただし地域によっては非常に混み合うこともあるため、多くの荷物を持ち込むのは困難だ。一般的に公営バスは荷物を収納しやすい設計になっていないため、荷物は自分で管理する必要がある。一方、民間バスは一人あたり二つの荷物を持ち込むことが可能だ。

飛行機と電車

飛行機と電車

国内線の荷物のルールは、国際線とほぼ同じ。持ち運べる荷物の数は航空会社によっても異なるが、通常は一人につき一つから二つで、一つは機内持ち込みが可能だ。
一般の電車には、座席の上に小型から中型の荷物を置くスペースがある。大型の荷物は床に置くか、あるいは所有者のそばに置くことになる。また新幹線の場合は、入り口近くに荷物置き場がある。もしそこが埋まっていたら、各車両の端に荷物置き場があるので利用しよう。
なお所有者不明の荷物は、治安維持のために没収される可能性があるので、荷物を放置する場合には車掌に伝えておくこと。また電車の中でリュックを背負っている場合は、後ろの人に邪魔にならないよう、頭上の保管棚か手に持つことを推奨したい。

宅配サービス:身軽に観光しよう

宅配サービス:身軽に観光しよう

大荷物を持ち歩いて移動するのにうんざりしたら、宅配サービスを利用すると便利だ。宅配サービスは主要な空港や駅のほか、コンビニなど多くの店で提供している。

- 空港
日本のすべての主要空港、またいくつかの小規模な空港には宅配カウンターがある。ここに預ければ、ホテルまで荷物を送ってもらえるので非常に便利。数多くの会社が宅配サービスを提供しており、料金は荷物の大きさや送る場所によって1000円〜4000円程度だ。

- ホテル
多くのホテルではチェックインまでの間、クロークで荷物を預かってくれる。また一部の主要ホテルでは、他のホテルに荷物を送ってくれる宅配サービスも提供している。ホテルに荷物を送る場合は、混乱がないように、事前にホテルに伝えておくのがベスト。宅配料金は荷物の大きさや、届けて欲しい日などによってさまざまだ。

- コンビニ
コンビニは日本中至るところにあり、さらに荷物をホテルや自宅、空港などに送るサービスも提供していることも覚えておいて損はない。

- 土産物屋
ほとんどの土産物屋では、購入した商品を配送してくれるサービスを行っている。店によっては国際便も可能だ。料金は店によって異なるので、事前に確認しよう。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする