HOME 新宿 東京でアニメ映画「君の名は。」の名所を巡ろう!
HOME 六本木 東京でアニメ映画「君の名は。」の名所を巡ろう!
東京でアニメ映画「君の名は。」の名所を巡ろう!

東京でアニメ映画「君の名は。」の名所を巡ろう!

Update: 2017/09/14

新海誠監督による長編アニメーション映画『君の名は。』。2016年に日本で社会現象を巻き起こしたこの作品は、世界各国でも続々と公開され、アメリカのロサンゼルス映画批評家協会賞で最優秀アニメ賞を受賞、中国ではこれまでに公開された日本映画の動員記録を塗り替えるなど、国境を越えて観た人の心をつかんでいる。

(C)2016「君の名は。」製作委員会

都会に暮らす男子高校生・瀧(たき)と、田舎の山奥に住む女子高校生・三葉(みつは)という出会うはずもない二人の心と体が、ある朝とつぜん入れ替わったことから始まる奇跡の物語。作品の舞台となった東京や岐阜県飛騨などの実在の風景が、リアルかつ美しく描かれるのも見どころのひとつで、モデルとなった都内某所の神社には数多くの参拝客が訪れるなど、映画に登場する実在のスポットを巡る小旅行もブームとなっている。

そのほかにも、東京都内にはファンにとって思い入れの深いスポットが数多く点在する。今回はその中でも特にフォトジェニックな6スポットをご紹介。東京観光の際には、カメラを手にぜひ訪れてみよう。

(1) JR信濃町前歩道橋

(1) JR信濃町前歩道橋

劇中に何度も登場する歩道橋は、JR信濃町駅を左に出てすぐ。瀧と奥寺先輩のデートの別れ際や、東京を訪れた三葉が瀧に電話をかけようとしたのもこの場所。イチョウ並木が連なる周辺の道は都内とは思えないほど落ち着いた雰囲気で、散策にもぴったりだ。

  • JR信濃町前歩道橋
    • 住所 Minamimotomachi Shinjuku, Tokyo 160-0012 Japan

(2) JR信濃町駅から見たドコモタワー

(2) JR信濃町駅から見たドコモタワー

映画に登場する東京風景の中でもひときわ印象的なのが、朝日をバックに佇むユニークな形をしたこの建物。通称・ドコモタワーと呼ばれるこの建物は、日本の主要な携帯電話会社のひとつであるNTTドコモが建てたビルで、東京都内で4番目の高さを誇る。
ちなみにビルそのものは代々木駅の近くにあるが、映画ではJR信濃町駅を出てすぐ、歩道橋の手前から右手を望む風景が描かれる。写真をご覧の通り、周辺のビル、道路標識、街路樹に至るまで忠実に再現されていて、映画の感動がよみがえってくること間違いなしだ。

  • JR信濃町駅から見たドコモタワー
    • 住所 Minamimotomachi Shinjuku, Tokyo 160-0012 Japan

(3) 聖徳記念絵画館

(3) 聖徳記念絵画館

瀧たちの下校シーンの背景に映る建物は、JR信濃町駅すぐの神宮外苑にある「聖徳記念絵画館」。建物自体が国の重要文化財に指定されているこの美術館には、幕末から明治時代までの日本の近代化の歩みを描いた貴重な巨大壁画が展示されている。壁画に描かれるのはちょうど日本人の衣服が着物から洋服へと移り変わる時代。日本の伝統と西洋の文化が入り混じった様子はとても興味深く、現代より少し昔の日本を知りたい人には一見の価値がある。

開館時間 9:00~17:00(最終入館16:30)
年末年始(12月30日~1月2日) 10:00~17:00(最終入館16:30)
入館料 500円(施設維持協力金として)
年中無休(不定休)

(4) 国立新美術館

(4) 国立新美術館

さて、歩き疲れてお腹がすいたら「国立新美術館」を訪れてみてはいかがだろう。ここは瀧が、アルバイト先の憧れの女性である奥寺先輩とデートで訪れる場所。二人が食事をするのは、館内の2階にある「サロン・ド・テ ロンド」。空中に浮かぶ円錐のようなフォルムが印象的なこのカフェケーキやマカロンなどの上質なスイーツが人気。美術館の企画展によっては特別メニューが用意されることがある。なお、館内には入場無料のミュージアムショップもあり、現代アーティストの作品から日本の工芸品などが充実の品揃えでお土産探しにおすすめだ。

開館時間
10:00~18:00(最終入場 17:30)
金曜日11:00~20:00(最終入場19:30)
休館日
火曜日(祝日または振替休日の場合は開館)、年末年始

サロン・ド・テ ロンド
11:00~18:00(ラストオーダー17:30)
金曜日11:00~19:00(ラストオーダー18:30)
定休日:火曜日

(5) 新宿警察署裏交差点

(5) 新宿警察署裏交差点

ゆったりした時間の流れる飛騨の田舎町と、せわしない東京の対比が、風景とともに音楽で見事に表現されているのも本作の魅力のひとつ。中でもRADWIMPSの歌う『前前前世』が流れるシーンはファンのお気に入りだ。このシーンで次々と映し出される大都会の風景の中でも特に目を引くのが、新宿警察署裏の交差点。いくつもの信号機が円環状の支柱に並ぶそのデザインが、まさに現代日本を象徴するようなサイバーな空間を形成している。なおこの周辺は、東京都庁を始めとする現代的かつユニークな形の高層ビルが多く、建築に興味のある人にもオススメだ。

  • 新宿警察署裏交差点
    • 住所 6 Chome-5 Nishishinjuku, Shinjuku-ku, Tōkyō-to 160-0023, Japan

(6) 新宿大ガード東

(6) 新宿大ガード東

映画で描かれる現代の東京らしい風景と言えばここ、新宿の街にそびえたつ大型街頭ビジョンだ。場所は新宿駅の東口を出て、世界的に有名な繁華街である歌舞伎町方面に向かい、歌舞伎町に入る手前の靖国通り沿い。3面の大型スクリーンには最新のミュージックビデオやニュース、広告などが絶え間なく映し出され、日本の今を知ることができる。映画と同じ角度で見てみたかったら、トンネル(大ガード)の手前の西武新宿駅前から見上げてみよう。

  • 新宿大ガード東
    • 住所 1 Chome Kabukichō Shinjuku-ku, Tōkyō-to 160-0021

ライター:児玉澄子

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする