食料品専門店

関西の食料品専門店

日本の食事は世界的に評価が高いが、その食品を直接買い求めることができるのが食料品店である。
食品が売られている店へ出向けば、日本人が何を食べているのか体感できることだろう。野菜・果物・魚・肉といった生の食材は市場に、干物や乾物、味噌や醤油などの日本独自の調味料、お菓子や豆製品は商店街に、たい焼きや饅頭など出来たてを買い求めることができる店は街角に多く見受けられる。何百年も伝統が続く老舗、その土地の人々に愛される名店もあり、そこで売られている商品のルーツを知ると、より日本の食文化を理解できるだろう。
また、日本で生活する外国人も多く、日本人の食の好みが多国籍化しているため、海外のスパイスや食材の専門店もある。それも含めて日本の食事情を知るきっかけになるだろう。
お店には飲食店のプロが仕入れに来る場合もあるので邪魔にならないようにしよう。イートイン可能な場合以外は店内や付近で食べずに持ち帰ること。