HOME 北海道 北海道 札幌・千歳 【本場の鮮度】毛ガニの刺身や溢れるイクラ丼がウマすぎ!海鮮居酒屋5選@札幌
【本場の鮮度】毛ガニの刺身や溢れるイクラ丼がウマすぎ!海鮮居酒屋5選@札幌

【本場の鮮度】毛ガニの刺身や溢れるイクラ丼がウマすぎ!海鮮居酒屋5選@札幌

公開日: 2020/04/16
更新日: 2021/01/15

北海道の新鮮な魚介が集まる札幌。海鮮居酒屋では、そんな北海道の旬を刺身や海鮮丼、焼き魚などで気軽に味わえる。札幌に数ある海鮮居酒屋のなかでも、炉端焼き、イクラ丼、刺身盛り合わせなどで人気の、すすきのの海鮮居酒屋をチョイス。お得なコースや飲み放題などを提供している店も多い。

炭火の炉を見ながら一杯!「炭焼炉ばた くし路 プラザ6・4ビル店」

札幌市内に4店舗を展開する炉端焼きの居酒屋。プラザ6・4ビル店はカウンターと座敷の、こぢんまりとしていてアットホームな雰囲気。地元の会社員に人気の店だ。入ってすぐの馬蹄形のカウンターの中に炉があり、魚介や肉などを炭加減を見ながら丁寧に焼いてくれる。

ビルの地下1階にある
カウンター席希望の場合は事前に、ホテルのフロントなどで予約をしてもらおう
店内に炉端のいい香りが漂う

人気の炉端焼きは、旬の魚介や肉を炭火でじっくり焼く。ほっけ炭焼き1280円は、羅臼産の大きなほっけを使用。炭火焼なので皮はパリッとして身はふっくら軟らか。大きなたらばかに炭焼き2780円や、鮭のハラス炭焼き720円など。カウンター席ならお酒を飲みながら焼き場が眺められる。

ホッケは炉端で焼くことで美味しさ倍増
たらばかに炭焼きは通年食べられる

海鮮メニューも豊富で、刺身五点盛り1980円は本マグロ、甘エビ、生ウニなど高級ネタが盛り付けも美しく登場。カニのむき身がたくさんはいった、かにいっぱいサラダ980円も人気だ。ほかにも北海道ならではのじゃが芋バター焼き530円、ミニいくら丼1280円など食事メニューもある。

値段も良心的な刺身5点盛り
じゃが芋バター焼きも炭火なのでホクホク
  • 炭焼き炉ばた くし路 プラザ6・4ビル店
    • 住所 北海道札幌市中央区南6条西4丁目プラザ6・4ビルB1
    • 最寄駅 地下鉄南北線すすきの駅から徒歩5分
    • 電話 011-511-9466
    • 時間:17:00〜23:30
      休み:日曜(月曜が祝日の場合は、日曜営業で月曜休み)

こぼれる寸前までイクラが盛られる「つっこ飯」が名物

店員の「オイサー!」のかけ声とともに、イクラがご飯に盛られていく「元祖つっこ飯」が名物。ピカピカの自家製イクラは濃厚な味わい。貴重なものなので食べ残しはNG。食べられる自信がない場合は途中でストップをかけよう。つっこ飯小1990円(普通のご飯茶碗サイズ)、中2490円(中どんぶりサイズ)、大4990円(どんぶりサイズ)。何人かで食べるなら大サイズがお得。

こぼれる直前までイクラが盛られる

ほかにも、北海道各地から仕入れる新鮮な魚介を刺身や焼き魚で味わえる。特にホッケは羅臼(らうす)産のジャンボサイズ2800円〜。肉厚で身はホクホクだ。その日の旬を盛り合わせる刺身6点盛りは1人前890円。ほかにもホッケのすり身を使ったホッケメンチカツ890円など、アイデア満載のメニューが数多く揃う。

羅臼産のホッケ焼きは大きさにより値段が変わる

店内は漁師が浜で使う番屋をイメージ。大漁旗や漁で使う網などが飾られ、イスはビールケースを利用するなど雰囲気満点。人気店なので必ず事前に予約を入れよう。英語は通じないので、ホテルのフロントなどで入れてもらうのがおすすめ。近くに本店があるほか、同じビル内に姉妹店がある。

港町の雰囲気が味わえる店内
  • 海味はちきょう 別亭おやじ
    • 住所 北海道札幌市中央区南3条日3丁目 TM-24 BUILDING 1F
    • 最寄駅 地下鉄すすきの駅から徒歩3分
    • 電話 011-241-0841
    • 時間:18:00〜23:00LO(金・土曜は17:00〜23:00LO。日曜、祝日は17:00〜22:00LO)
      休み:無休

迫力満点の舟盛りを食べるなら「大漁舟盛り居酒屋 大海物語」へ

鮮魚介が日替わりで20〜25種類盛られた「大漁舟盛り」が名物の居酒屋。こぼれんばかりの舟盛りは、食べても食べても魚や貝の刺身が現れ、魚介を心ゆくまで味わえる。刺身は道内近海ものをメインに、全国から直送で仕入れている新鮮なものばかり。

写真は4人前だが、2人でも食べきれないぐらいの量

気になる料金は、お通し代2420円に大漁舟盛り+蟹盛りが含まれているシステム。つまり、お通しを支払えば、人数分の舟盛りと、さらに蟹盛りも付いてくるので、ほかに食べたいものがなければ追加料金は不要。蟹盛りは、毛ガニとズワイガニ、タラバガニの盛り合わせ。

刺身以外にカニも食べられる

舟盛り以外も食べるなら、20種舟盛りと、国産牛もつか特選牛サイコロステーキ、若鶏の半身揚げなど7品のコース3980円(土・日曜、祝前日は4280円)がおすすめ。120分で生ビールも飲み放題だ。4名〜で、事前要予約。プラス500円で60種類ある焼酎や日本酒も飲み放題にできる。

コース料理もお得

店内はカウンター席、テーブル席、掘りごたつ席があり、落ち着いた照明とモダンな内装だ。入口にある大漁旗が目印。

飲食店の集まるビルの2階にある
  • 大漁舟盛り居酒屋 大海物語
    • 住所 北海道札幌市中央区南5条西3丁目 N・グランデビル2F
    • 最寄駅 地下鉄すすきの駅から徒歩1分
    • 電話 011-520-2701
    • 時間:17:00〜翌1:00(翌0:30LO)
      休み:無休

【閉店】函館発!道南食材の海鮮居酒屋「函館海鮮居酒屋魚まさ 札幌すすきのF45店」

※当店舗は閉店いたしました。

函館にある人気居酒屋札幌店。函館のイカをはじめ、道南の生産者から仕入れる肉や野菜を、素材の味を生かしたメニューで提供。「地場産食材を9割以上使っている店」のみが掲示できる緑色の提灯が掲げられた、地産地消にこだわる「緑提灯」の店のひとつだ。

店名の暖簾の下に緑提灯が下がっている

函館といえばイカが名物。一番人気の6000円のコースには函館の活イカ、自家製ほっけ一夜干しなど、魚まさのおすすめ料理が並ぶ。函館直送の活イカは生け簀から取り出し、活きた状態を見せてから刺身に。コリコリした頭の部分のエンペラや、透けてみえそうな身の部分は新鮮ならでは。ただし、海が荒れて漁がない場合は違うメニューになるので、必ず食べたい場合は事前に確認を。2時間の飲み放題をつけると8000円、3時間で9000円だ。

コースの活イカ刺しの入った刺身盛り合わせ
調理前の活イカ

自家製ほっけの一夜干しは、函館近海の生のほっけを仕入れて作る自家製。単品で注文の場合は1500円〜で、大きさにより値段が変わるのでたずねてみよう。
ほかにも函館牛乳のチーズを使った、きのこチーズ焼き860円、ジャガイモ入りの函館男爵(だんしゃく)黒豚手作りぎょうざ470円などがおすすめ。英語メニューもある。店内は全席掘りごたつの個室。2名席もあるので少人数も気軽に利用できる。

身の厚いホッケは北海道ならでは
  • 函館海鮮居酒屋 魚まさ 札幌すすきの F-45店
    • 住所 北海道札幌市中央区南4条西5丁目 F-45ビル8F
    • 最寄駅 地下鉄南北線すすきの駅から徒歩3分
    • 電話 011-252-6801
    • 時間:17:00〜23:00
      休み:日曜

海鮮料理と70種類の地酒が自慢の「掌」

すすきの交差点からすぐの路面店。北海道近海の旬の魚介、道産の野菜を使った料理など、種類豊富なメニューが手頃な値段で食べられると人気。また、日本酒の品揃えが70種類もあり、なかには道産地酒や希少な日本酒もある。いろいろなお酒を試せる、地酒48種類とビールが飲み放題120分1980円がお得だ。

通りに面しているので入りやすい

人気メニューは函館から仕入れる活イカを注文してから調理する活烏賊姿盛り(時価)や、掌名物「さんまのまんま」734円、活毛ガニの身を冷水にさらしただけの北海道産活毛蟹の洗い8640円。「さんまのまんま」は、根室産のサンマを1尾丸ごと使い、腹の部分に特製の鰹節ごはんを詰めて、表面に醤油をぬり炭火で焼き上げたもの。皮が香ばしく焼かれ、ごはんとマッチしている。

名物のさんまのまんま。食べ応え満点
とろけるような食感の北海道産毛蟹の洗い

店内は4名〜の半個室、掘りごたつの完全個室のほか、テーブル席、カウンター席もあり、1人でもグループでも利用しやすい。

カウンターがあるので1人でも気軽に利用できる
    • 住所 北海道札幌市中央区南4条西3丁目ニュー北星ビルB1
    • 最寄駅 地下鉄南北線すすきの駅から徒歩2分
    • 電話 011-241-5005
    • 時間:17:00〜24:00(金・土曜、祝前日は〜翌2:00)、日曜は16:00〜23:00
      休み:不定休(基本無休)

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索