HOME 北海道 北海道 函館 北海道ならではの圧巻の絶景!函館・大沼エリアの紅葉スポット8選
北海道ならではの圧巻の絶景!函館・大沼エリアの紅葉スポット8選

北海道ならではの圧巻の絶景!函館・大沼エリアの紅葉スポット8選

公開日: 2020/08/06
更新日: 2021/09/06

函館屈指の観光名所「五稜郭公園」や「大沼国定公園」など自然豊かな景勝地が多く、観光客にも人気の北海道・道南エリア。アクセスしやすい市街地から、船でしか行くことのできない断崖絶壁まで、さまざまな場所で絶景を楽しめます。

10月中旬から11月上旬に見頃を迎える紅葉の時期は、景色がさらに見事に! 函館や大沼、八雲など、道南エリアのおすすめのスポットをご紹介します。

目次
  1. (1)函館屈指の観光名所「五稜郭公園」
  2. (2)夜も楽しめる!「香雪園」
  3. (3)西洋の街並みと紅葉「元町公園周辺エリア」
  4. (4)水面に映る紅葉は必見「笹流ダム」
  5. (5)まるで真紅の絨毯!「恵山」
  6. (6)圧巻の景色「大沼国定公園」
  7. (7)海上から見る絶景「岩部海岸」
  8. (8)和に浸る「梅村庭園」

(1)函館屈指の観光名所「五稜郭公園」

(1)函館屈指の観光名所「五稜郭公園」

函館市のほぼ中央に位置する五稜郭(ごりょうかく)公園。桜の名所として有名ですが、秋にはその桜の木が紅葉し、春とはひと味違う美しさになります。高さ107mの五稜郭タワーから見下ろすと、星形に広がる見事な紅葉を見ることができます。土手を散策して紅葉を間近で観察するのもおすすめ。二の橋を渡った郭内にある土手ではツツジの紅葉が見られます。水面に映る紅葉と橋が美しいフォトスポットです。

五稜郭は、バス停「五稜郭公園入口」から徒歩10分。アクセスの良さも魅力です。

  • 五稜郭公園
    • 住所 〒040-0001 北海道函館市五稜郭町44
    • 電話番号:0138-31-5505(管理事務所)
      開園時間:常時(郭内は、4月〜10月/5:00〜19:00、11月〜3月/5:00〜18:00)
      料金:無料
      定休日:なし

(2)夜も楽しめる!「香雪園」

(2)夜も楽しめる!「香雪園」

函館駅前からバスで約40分の場所にある見晴公園の中にある香雪園(こうせつえん)は、1898年頃に市内有数の豪商の別荘として造成された風景庭園です。2001年に文化財保護法に基づく「名勝」の指定を受け、道内唯一の国指定文化財団庭園となりました。園内にはカエデを中心とした約150種の庭木があり、秋には紅葉を愛でにたくさんの人で賑わいます。

香雪園の紅葉は、10月下旬から11月上旬頃まで見ることができます。この期間は「はこだてMOMI-Gフェスタ」というイベントも開催され、約100m続くカエデ並木がライトアップされます。

夜の紅葉は、昼間とはまた違う雰囲気
  • 香雪園
    • 住所 〒042-0956 北海道函館市見晴町56
    • 電話番号:0138-57-7210(東部公園事務所)
      開園時間:見晴公園は常時開放(園亭9:00〜17:00)
      料金:無料(園亭の使用およびグランド・芝生の独占使用は有料)
      定休日:無休(12月〜3月は園亭の内部公開中止)

(3)西洋の街並みと紅葉「元町公園周辺エリア」

(3)西洋の街並みと紅葉「元町公園周辺エリア」

異国情緒あふれる街並みが続く元町エリア。旧函館区公会堂や函館ハリストス正教会などがある元町公園周辺では、西洋の趣のある建物を、紅葉が美しく彩ります。和と洋が調和する紅葉はこの場所ならでは。散策しながら、紅葉を楽しみましょう。

  • 元町公園
    • 住所 〒040-0054 北海道函館市元町12‐18
    • 電話番号:0138-23-5440(函館市観光案内所)
      開園時間:常時
      料金:無料
      定休日:なし

(4)水面に映る紅葉は必見「笹流ダム」

(4)水面に映る紅葉は必見「笹流ダム」
1923年にできた日本初のバットレスダム。土木学会推奨土木遺産にも認定されています

バス停「赤川小学校」から徒歩10分の場所にある笹流(ささながれ)ダムは、函館市民の水がめです。ダムの前庭広場は、春は桜、秋は紅葉スポットとして人気です。ダムの脇から堤に上がると、ダム湖と紅葉の景色を楽しめます。笹流ダムは水位が高く、周囲の木々と水面の距離が近いため、鮮やかに紅葉する木々が水面に映り、まるで絵画のような美しさです。

ダム湖のすぐそばを歩いて景色を楽しみましょう
  • 笹流ダム
    • 住所 〒041-0804 北海道函館市赤川町313
    • 電話番号:0138-46-3282(函館市企業局赤川高区浄水場)
      開園時間:4月第3土曜日〜9月30日/9:00〜17:00、10月1日〜11月23日/8:30〜16:30
      料金:無料
      定休日:11月24日〜4月第3土曜日の前日
      ※新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

(5)まるで真紅の絨毯!「恵山」

(5)まるで真紅の絨毯!「恵山」

亀田半島東端にある標高618mの活火山・恵山(えさん)。函館駅から車で1時間ほどのところにあり、道立自然公園に指定されています。山すそに咲くのは約60万本のエゾヤマツツジやサラサドウダン。サラサドウダンが群生しているのは道内ではここだけです。秋はサラサドウダンが紅葉し、一帯が真っ赤に染まります。

展望台や散策路があるので、さまざまな角度から絶景を堪能しましょう。標高300mの火口原駐車場までは車で登ることができます。

  • 恵山
    • 住所 〒041-0521 北海道函館市柏野町
    • 電話番号:0138-85-2336(函館市恵山支所産業建設課)
      開園時間:常時
      料金:無料
      定休日:なし

(6)圧巻の景色「大沼国定公園」

(6)圧巻の景色「大沼国定公園」

道南・道央エリア唯一の国定公園であり、リゾート地でもある大沼国定公園。10月中旬から11月上旬にかけてイタヤカエデ、かしわ、なら類などが紅葉し、遠くに紅葉した駒ヶ岳を仰ぎ見ることもできます。総面積9,083haの広大な園内には、大沼、小沼、蓴菜沼など大小さまざまな湖沼があります。ぜひ、大沼・小沼に浮かぶ島を巡る遊覧船に乗って眺めを楽しんでみましょう。アクセスは電車が便利。JR函館駅から最寄駅の大沼公園駅までは、特急で50分ほどです。

  • 大沼国定公園
    • 住所 〒041-1354 北海道亀田郡七飯町字大沼町1023-1
    • 電話番号:0138-67-2170(大沼国際交流プラザ)
      営業時間:常時(大沼国定公園)※大沼国際交流プラザ8:30~17:30
      料金:無料(手漕ぎボート・観光遊覧船は有料)
      定休日:なし ※大沼国際交流プラザ12月31日〜1月2日

(7)海上から見る絶景「岩部海岸」

(7)海上から見る絶景「岩部海岸」

福島町にある岩部海岸は、北海道の最南端である松前・福島・知内の東西約30kmにわたる松前矢越道立自然公園の一部で、断崖絶壁が続く景勝地です。道路がないため陸路で見に行くことはできませんが、岩部海岸を周遊する「岩部クルーズ」で海上からその威容を楽しむことができます。海底が見えるグラスボートで、透き通る海を眺めながら進んでいくと、目の前には色鮮やかに染まる断崖絶壁が。雄大さに圧倒されます。

岩部海岸は透き通った美しい海も魅力です

岩部クルーズでは、船の座席を除菌したり、乗船者のマスク着用の徹底がなされたりなど、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を実施しています。出航便の減便や乗船時間の短縮も行っていますが、今後の状況によって変動がありますので、ご利用の際は公式ホームページをご覧ください。

  • 岩部クルーズ(岩部地区交流センター)
    • 住所 〒049-1325 北海道松前郡福島町字岩部65‐1
    • 電話番号:0139-46-7822(一般社団法人 福島町まちづくり工房)
      営業時間:運航日の9:00〜15:00頃
      料金:基本コース:大人(中学生以上)1名/3,000円、小人(小学生以下)1名/1,500円
      定休日:欠航日及び冬季期間
      ※詳細は岩部クルーズ公式ホームページをご覧くださいhttps://iwabecruise.com/

(8)和に浸る「梅村庭園」

(8)和に浸る「梅村庭園」

JR八雲駅から徒歩約8分の八雲町市街地にある梅村庭園。愛知県から移住してきた梅村多十郎氏により、1930年頃に屋敷の庭として造園されました。八雲町指定文化財と日本造園学会北海道支部北の造園遺産に認定されています。園内にある梅雲亭は、1912年に建てられた旧梅村家住宅の離れや蔵を利用してつくられた休憩施設で、自由に利用できます。ぜひ日本らしい建物の作りや欄間などの飾りも鑑賞しましょう。

梅村庭園ではツツジやアカマツ、モミジなどの紅葉を楽しめます。秋から冬に移り変わる頃には、真っ赤な落ち葉の上に雪がふわりと乗った景色が見られることも。雪の白に朱が映える、素敵な写真が撮れます。

梅村庭園内では、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、庭園内でのソーシャルディスタンスを呼びかけています。梅雲亭では、入館時に氏名・連絡先・体調のカードへの記入、マスクの着用などをお願いしており、徹底した対策を行っています。
詳細は公式ホームページをご覧ください。https://www.town.yakumo.lg.jp/soshiki/kyoudo/baiunnteisaikai.html

  • 梅村庭園
    • 住所 〒049-3112 北海道二海郡八雲町末広町154番地
    • 電話 0137-63-3131
    • 営業時間:4月1日〜4月30日、11月1日〜12月28日/10:00〜16:30
      5月1日〜10月31日/9:00〜17:00
      料金:無料
      定休日:5月1日〜10月31日/毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)
      11月1日〜4月30日/毎週月曜日、祝祭日
      12月29日〜3月31日/冬季休館

道南の紅葉は10月中旬頃から11月上旬頃が見頃です。ただし、早い年だと10月下旬頃に初雪を迎えることもあります。平地、山あいなど場所によって見頃は変わるので、行きたいスポットのベストシーズンに合わせて訪れ、美しい紅葉を楽しみましょう!

Text by:みんなのことば舎

※本記事の情報は2020年7月時点のものです。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

この記事を読んだあなたにおすすめの施設

北海道がはじめての方におすすめの記事
検索