HOME 東京・東京周辺 東京 六本木 六本木で外国人観光客に人気のスポットは? 2019年9月ランキング
六本木で外国人観光客に人気のスポットは? 2019年9月ランキング

六本木で外国人観光客に人気のスポットは? 2019年9月ランキング

公開日: 2019/10/18

日本最大級の訪日外国人観光客向け観光情報サービス「LIVE JAPAN」に登録されている六本木の施設の中から、外国人が実際にページを見た場所をランキング形式で紹介します。

「東京ワンピースタワー」「日枝神社」「箸専門店 にほんぼう 広尾店」など注目スポットも入っていました。六本木に行く際は参考にしてみてください。

第1位:東京ワンピースタワー

第1位:東京ワンピースタワー

世界中で大人気のアニメ『ONE PIECE』の大型テーマパーク。ONE PIECEの世界観を体感できるアトラクションやライブショー、レストラン、そしてオリジナルグッズが買えるショップなど、思う存分堪能できます。

  • 東京ワンピースタワー
    東京ワンピースタワー
    • 住所 105-0011 東京都港区芝公園4-2-8 東京タワー フットタウン内
    • 最寄駅 赤羽橋 駅 (都営大江戸線)
      徒歩5分
    • 電話 03-5777-5308

第2位:日枝神社

第2位:日枝神社

明治以降は皇室から神への供物を奉ったとされる、社格の高い「日枝神社」。600年以上の歴史があり、山王さんの愛称で親しまれています。

第3位:箸専門店 にほんぼう 広尾店

第3位:箸専門店 にほんぼう 広尾店

兵左衛門広尾駅から徒歩1分の場所に構える箸の専門店「箸専門店 にほんぼう 広尾店」。扱う全ての箸が、箸先又は箸全体に有害な成分を含まないヴァージン漆を使用しています。外国人観光客も多く訪れており、中でも人気商品としては記念日、お土産、ご結婚のお祝いなどにピッタリなギフトセットです。

第4位:六本木ヒルズ

第4位:六本木ヒルズ

世界中の建築家やデザイナーのコラボレーションによって生まれた「六本木ヒルズ」。シンボルである六本木ヒルズ森タワーは、甲冑をイメージした斬新なデザイン。約11ヘクタールの広さの敷地内には、200以上の店舗や都心初のシネマコンプレックス、ホテルやテレビ局、庭園などを有します。

第5位:板前寿司 赤坂店

第5位:板前寿司 赤坂店

2008年~2011年の東京築地市場で行なわれた初セリで、”4年連続最高値”本まぐろを落札した「板前寿司」の赤坂店。こだわりは、本まぐろ。初セリに限らず毎日営業で提供されるまぐろも、本まぐろを使用しています。

第6位:東京タワー

第6位:東京タワー

東京のシンボルである「東京タワー」は1958年に全高333mの総合電波塔として建築されました。高さ150m付近には大展望台、250m付近には特別展望台が設けられていて、東京の街並みを一望できます。

第7位:HOP on the Saddle

第7位:HOP on the Saddle

レンタサイクルショップ「HOP on the Saddle」。東京のサイクルは距離が短めで4時間ほどなので、どなたにも無理なく楽しめます。手ぶらで参加OKで、自転車もヘルメットもグローブも用意されています。虎ノ門ヒルズからスタートする新しいスタイルのサイクリングです。

  • HOP on the Saddle
    HOP on the Saddle
    • 住所 105-6390 東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズB1
    • 最寄駅 虎ノ門 駅 (東京メトロ銀座線)
      徒歩5分
    • 電話 090-9567-0007

第8位:赤坂氷川神社

第8位:赤坂氷川神社

縁結びのご利益があるとされるスサノオノミコト、クシイナダヒメノミコト、オオナムヂノミコトを祀る「赤坂氷川神社」。古い書物によると、創立の起源は951年に武州豊島郡人次ヶ原に祀られ、1730年に徳川吉宗の命により現在地への遷宮が行われました。現在の社殿はこの時に造営されたもので、本殿・幣殿・拝殿の三つの建物が一体となった権現造りで東京では珍しく江戸時代の木造そのままに残されている為、都重宝文化財に指定されています。

第9位:国立新美術館

第9位:国立新美術館

東京メトロ千代田線乃木坂駅直結、都営バス青山斎場バス停から徒歩約5分で行ける美術館。「森の中の美術館」をコンセプトとした建物は黒川紀章氏の設計によるもので、特徴的な外観はそれ自体が美術品と言えるものとなっています。

第10位:TOTOギャラリー・間

第10位:TOTOギャラリー・間

1985(昭和60)年10月の開設以来、国内外の建築家やデザイナーの個展にこだわり続けてきた「TOTOギャラリー・間」。出展者の個性が存分に発揮されるよう、展示空間そのものが「作品」となるユニークな展示方法をとっています。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索