施設説明

直線のフォルムが美しい「言問橋」は、1928年に震災復興計画のために隅田川に架けられた。国道6号線(墨東通り)と言問通りを結び、全長238.7メートル、全幅22.0メートル。歩道には桜のプレートが埋め込まれており、春になると西側1キロメートルに渡って咲き誇る桜を鑑賞することができる。戦時中は、空襲の火災から逃れようとする人々で溢れかえっていたとされるこの橋。当時の様子を後世に残すため、親柱はその際に焼けただれたままの姿となっている。西岸へのアクセスは、東京メトロ銀座線、他各線「浅草」駅より徒歩約7分。東岸へのアクセスは、東武伊勢崎線「とうきょうスカイツリー」駅より徒歩約5分。

施設基本情報

  • 住所

    111-0033

    東京都台東区花川戸2丁目

  • 最寄駅
    浅草 駅
    ・ 東京メトロ銀座線
    ・ 都営浅草線
    ・ 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)
    ・ つくばエクスプレス