HOME 渋谷 明日の神話
  • 明日の神話
  • 明日の神話
  • 明日の神話

明日の神話

施設説明

JR「渋谷」駅と京王井の頭線を結ぶ渋谷マークシティ内の連絡通路に展示されている巨大な壁画。縦5.5メートル、横30メートルの大きさがある。原爆が炸裂する瞬間をモチーフに、その悲劇にも負けない人間の尊厳さを表現した、岡本太郎氏(1911年~1996年)の傑作だ。「明日の神話」が描かれたのは、1968年から1969年。当時、メキシコの実業家よりホテルのロビーに飾るための壁画を依頼され完成させたものの、依頼主の経営が悪化、ホテル自体が未完成のまま放置されることとなった。「明日の神話」は行方不明となったが、2003年にメキシコシティ郊外の資材置き場で発見され、2005年に日本へ。ひどく傷んでいたこの作品は、帰国後に約1年をかけて修復され、2008年より渋谷に恒久設置された。JR「渋谷」駅よりすぐ。

施設基本情報

  • 住所

    150-0031

    東京都渋谷区道玄坂1丁目 JR・京王間連絡通路内

  • 最寄駅
    渋谷 駅
    ・ 山手線
    ・ 埼京線
    ・ 東京メトロ銀座線
    ・ 東京メトロ半蔵門線
    ・ 東京メトロ副都心線
    ・ 東急東横線
    ・ 東急田園都市線
    ・ 京王井の頭線
    徒歩1分