施設説明

蔵造りの町並みの中に川越のシンボルである時の鐘が高くそびえ立っている。時の鐘は江戸時代初期から時を告げ、庶民に親しまれてきた時計台だ。今から400年前に創建されたと言われている。度重なる火災で鐘楼や銅鐘が焼失したが、その都度建て替えられた。現在建っているのは4代目。高さ16メートル、3層の木造づくりになっていて、1日4回鐘の音を鳴らす。時代が変わり鐘の突き方が機械方式になったが、その音色はずっと変わらずに多くの人に時を告げ続けている。この音色は平成8年に環境省の「残したい日本の音風景100選」にも認定された。時間によっても表情を変える時計台は、懐かしさや癒しを求める人々を包み込んでいる。

施設基本情報

  • 住所

    350-8601

    埼玉県川越市幸町15番地7

  • 最寄駅
    本川越 駅
    ・ 西武新宿線
    徒歩15分 川越 駅
    ・川越線
    ・東武東上線

  • 電話
    049-224-6097

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.

  • 定休日
    不定休