施設説明

日本酒の名産地は数多いが、古くから酒造りが営まれてきた秩父もそのひとつ。美味しい日本酒を造る酒蔵が存在する。秩父の銘酒「武甲正宗」を醸造する柳田総本店は1753年創業された。「武甲正宗」は、数多くの品評会、鑑評会において幾多の受賞の栄に輝き、その品質は高い。酒造りには良質の水が必要だが、武甲酒造が仕込みに使う武甲山伏流水は、環境省の選定する「平成の名水100選」に選ばれるほどの名水。中庭にある水場では、容器持参で自由に水を持ち帰ることも可能だ。また、酒蔵は予約制で見学できる。芸能人などの来訪や新聞等マスコミの取材も数多い。見学コースのなかには利酒が含まれ、その場で酒の味を確かめることもできる。その他にも、店先にある昔ながらの木看板や先代の和釜、店舗内の武甲石や鎌掛け柱など、日本の酒造りの歴史を感じさせる見どころが多い。西武秩父線「西武秩父」駅より徒歩15分。

施設基本情報

  • 住所

    368-0046

    埼玉県秩父市宮側町21-27

  • 最寄駅
    秩父 駅
    ・ 秩父鉄道
    徒歩15分
  • 電話
    0494-22-0046

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.

  • 営業時間
    08:00 - 17:30
  • 定休日
    不定休
    元旦以外無休