施設説明

立石仲見世商店街は戦後の闇市として誕生した。現在もレトロな雰囲気で、日本映画のセットを思わせるような商店街である。昔ながらの下町風情にあふれ、実際に森田芳光監督の映画作品「間宮兄弟」ではロケ地に使用された。全長およそ120メートルにわたり、1枚1枚丁寧に焼き上げたせんべいや薄皮の手作り餃子、持ち帰りできる寿司などを扱う店や、中高年向きの洋服を扱う店などが軒を連ねる。また、さまざまなお酒を飲める居酒屋も充実。刺身やおでん、もつ焼きなど、店によって異なるつまみを味わいながらお酒が飲める。その他にも、年末年始には恒例行事である手作り凧コンテストが開催。思い思いの絵を描いた凧がアーケードにつるされ商店街を色鮮やかに飾る。京成「押上」線、京成「立石」駅よりすぐ。

施設基本情報

  • 住所

    124-0012

    東京都葛飾区立石1-20-4

  • 最寄駅
    京成立石 駅
    ・ 京成押上線
    徒歩1分
  • 電話
    03-3692-1685

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.