HOME 箱根 仙石原湿原植物群落
  • 仙石原湿原植物群落

仙石原湿原植物群落

施設説明

箱根火山の火口原湖(火口に水がたまってできた湖)の名残である仙石原湿原にできた、湿原植物の群落である。富士箱根伊豆国立公園内にあり、1934年に学術上の価値を認められ、国の天然記念物に指定された。1年を通して気温が低く、また湿度が高いため、ハコネアシ・ミズギボウシ・チゴザサといった様々な湿原植物を見ることができる。特に7月中旬に開花するノハナショウブが人気。また、隣接している箱根湿生花園では、この湿原に咲く大部分の植物をはじめとして、日本各地の湿生植物を見ることができる。箱根登山鉄道箱根湯本駅から箱根登山バス湖尻・桃源台行きで約28分、バス停「仙石高原」下車。

施設基本情報

  • 住所

    250-0631

    神奈川県足柄下郡箱根町仙石原

  • 最寄駅
    箱根湯本 駅
    ・ 箱根登山鉄道
    バス28分
※ぐるなびがWeb上で公開されている情報を調査し編集した内容です。参考情報としてご活用ください。