施設説明

1923年の関東大震災を経て、1931年に復興事業の一環として建てられた「白鬚橋」。荒川区・墨田区・台東区を結ぶ、重要な橋である。この辺りにはかつて渡船場があり、渡し舟によって隅田川を往来していた。しかし、1914年に地元住民らによって木製の橋を創架。これが「白鬚橋」のはじまりである。全長167.6メートル、全幅24.1メートル。中央部分はアーチ状になっており、両サイドはなだらかなトラス形式。お洒落な照明が配されたデザイン性に富んだ橋である。橋の南側の歩道からは東京スカイツリー(R)を眺めることもできる。視界を遮るものがないので、夜にはライトアップされた東京スカイツリー(R)と水面に映る幻想的な光を楽しむこともできる絶好のスポットだ。

施設基本情報

  • 住所

    131-0034

    東京都墨田区堤通

  • 最寄駅
    東向島 駅
    ・ 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)
    徒歩11分
  • 電話
    03-5246-1151

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.